header_global01

センター概要

About Keimei Gakuen International Education>>

啓明学園は帰国生受け入れに対して、現地校・国際校の成績を重視し、海外の貴重な体験を大きく評価しています。入学・編入の試験から、その後の取り出し授業と最終的な進路指導まで行っているのが国際教育センターです。 海外諸国での教育事情を把握し語学力の指導も含め、ひとりひとりに合った日本の教育へのソフトランディングをはかっています。とはいえ、児童生徒には容易ではないことです。 日本の子どもは、家庭や地域、日本人という共同体に帰属していることによって、自分のアイデンティティを確立しています。しかし、海外生活の長い子どもには、それができません。 情報がめまぐるしく変わる日本のスピード社会。厳しい交通・住宅事情も逆カルチャーショックとして、彼らの肩に重くのしかかります。自分はどういう関係の中で、これからどうやって生きていけばいいのか。 教育の現場だけですべては解決しません。日本社会にも受け入れる余裕がなくてはなりません。それでも教育は現在進行形で動いています。生徒の現実に身の丈を合わせて、絡まった心の糸をほぐすことが、国際教育センターの一番大切な役割なのです。

●帰国児童・生徒データ>>>

●国際教育センターの取り組みをご紹介するために、以前ある雑誌に掲載した記事を順次転載いたします。詳しくはこちら>>>