スティーブン・ボーゲル教授と理事長との対談を実施しました

NEWS & TOPICS

本年創立80周年を迎える啓明学園では、1月6日(月)、卒業生であるスティーブン・ボーゲル・カルフォルニア大学バークレー校教授が来校し、北原都美子理事長と対談を行いました。在校時のさまざまな思い出を交えながら、啓明学園の創立者・三井高維(みつい たかすみ)の願い・理念やその先見性を再確認するとともに、啓明学園の教育の独自性や今後ますます高まるであろう有用性について、また、グローバル人材の育成への提言、私学としての啓明学園の役割を語り合った、現代社会に対してきわめて示唆に富む貴重な対談となりました。
※同教授は、「ジャパン・アズ・ナンバーワン」の著者エズラ・ボーゲル・ハーバード大学名誉教授の子息で、1970年代に父親に帯同して来日し、啓明学園中学校3年から高校卒業まで在校しました。現代アメリカを代表する知日派政治経済学者。


6-2