お知らせ

NEWS & TOPICS

卒業生の声3


本校を卒業し、世界で活躍する卒業生からのメッセージが届いたのでご紹介いたします。


DSC07028


 


世界で活躍する卒業生  福田想一郎さん (アメリカ在住/獣医師)

僕が将来の進路/キャリアを決めるときに一番大事にしたことは、自分の個性にあった道を選ぶということでした。
それは、啓明学園の校風である、「個性を育てる」ということが大きく影響したと思っています。どんな仕事が人気だとか、どんな専攻なら仕事が見つけやすいか、などの理由でキャリアを決めるのではなく、自分の長所を活かせる仕事、毎日やりがいのある仕事をするためにはどのような進路を選んだらいいのかという風に考えました。


啓明学園の良いところの一つは、自然に囲まれたキャンパスです。多摩川を見ながら部活のランニングをしたり、秋の綺麗な紅葉を美術の授業で描いたり、都会にある学校ではなかなか経験できない自然の素晴らしさが啓明には溢れています。


また、先生と生徒たちの深い繋がりも啓明学園の長所のひとつです。僕らが困った時に、なんでも相談できるお兄さんやお姉さんのような先生や、僕たちをしっかり受け止めてくれて、時には叱ってくれるお父さん、お母さんのような先生がたくさんいらっしゃいました。そんな先生方との繋がりがあったからこそ、僕達の学校生活はとても充実していたし、卒業後も先生方に会いに戻ってくる卒業生たちが多いのだと思います。


これからの学生たちは、たくさんの人種や文化が交じり合う環境の中で、学んで行かなければいけません。僕は、沢山の帰国生や留学生、そしてずっと日本の教育を受けてきた友人たちと共に啓明で勉強することで、自分は「世界の一員」なんだ、という自覚を得ることができました。そして啓明を卒業し、アメリカのバージニア州立大学 (University of Virginia) に進学したとき、世界中から集まった生徒たちとの文化の違いに戸惑うことなく、逆に興味を持って自分から接していくことができました。


2003年に啓明学園高等学校卒業。
2007年にUniversity of Virginia, College of Arts and Science 卒業。
2011年にKansas State University, College of Veterinary Medicine 卒業。
現在は、ニューヨーク州で、馬専門の獣医として働いています。