お知らせ

NEWS & TOPICS

始業式の日に講演会が行われました


1月8日(木)  始業式の日に講演会が行われました。


演題 「グローバルとは何か」
啓明学園常務理事 小山 修


 「世界中の国や人々が国境を越えて、より緊密に結び付けられるようになること。」
地球規模で世界を見渡す考え。国際化とグローバル化。
今、グローバル社会に求められる人材について、必要とされる様々な能力についての説明がありました。

(1) 地頭を強くする(自分で調べ、自分で考え、それを周囲の人に明確に伝え、説得させる力)。
(2) 会社や国と言う鎧(よろい)がなくとも「個人として国際社会で通用する人間」。
(3) 日本の立ち位置:GDP(国内総生産)は米国、中国に次いで第3位。
     アジアの最先進国 政治(外交)力、軍事力、経済力、文化力。
     世界からどう様に見られているのか。

よって、「自分で考えて行動し、付加価値を高め、個人の力を伸ばすことが大切である」というお話しをしていただきました。


生徒はそれぞれ感じたことを感想文にまとめていました。


DSCF4967