お知らせ

NEWS & TOPICS

SGHAリポート
Super Global High School Associate News

このページでは、スーパーグローバルハイスクールアソシエイト校としての様々な取り組みを紹介いたします。
掲載内容はNews&Topicsに掲載しているもののうち、SGHAに関連する内容をピックアップしています。


On this page, we will be detailing the various educational projects and learning activities Keimei is utilizing as a Super Global High School Associate, selected from the published contents of the News & Topics tab.




オーストラリア夏季体験学習第3日


快晴!姉妹校の生徒たちとカヌーを楽しみました。青い空の下、さわやかな風を感じながら、透き通った川面でカヌーを走らせるのは快感でした。


Australia Summer Trip – Day 3


On this day, the weather was great, so we went canoeing with our fellow sister school students. It was a pleasure being able to enjoy a refreshing canoe trip on top of a crystal clear river.


1502951275390


1502951279758


1502951324399




オーストラリア夏季体験学習第2日


今日は、バディを組んでいる姉妹校の生徒の授業に参加しました。アッセンブリー(集会)が催され、啓明学園を代表して田之倉君が挨拶をしました。姉妹校の生徒たちの温かい態度が嬉しかったです。
午前に日本語の授業あり、準備してきた日本文化紹介のプレゼンテーションを行いました。熱心に聞いてくれて日本への関心の高さが理解できました。
午後は、小学6年生の児童とダンスの授業を一緒に行いました。児童たちが笑顔いっぱいでフレンドリーに接してくれて楽しい時間を過ごしました。
とても充実した授業初日でした。


ustralia Summer Trip – Day 2


On this day, we participated in a class with our sister school students. An assembly was held and a Keimei teacher gave a greeting on behalf of Keimei Gakuen. The students of our sister school warmly received our greetings and welcomed us.
In the morning, we held presentations during a Japanese class. We had prepared several presentations beforehand and we were excited to share elements of Japanese culture with our sister school students. They listened diligently and were incredibly interested in what we had to say.
In the afternoon, we took a dance class together with 6th grade elementary school students. The children had a wonderful time and everyone was full of smiles. It was a very fulfilling first day of school.


1502951536425

1502951564474

1502951585992




オーストラリア夏季体験学習番外編


啓明学園に留学していたルーク君と久しぶりに再会しました。一緒に写真に写っているのは日本でホストファミリーとしてルーク君を受け入れていた啓明生です。二人とも兄弟のように喜んでいました。


Australia Summer Trip – Extra!


Two of our students were recently reunited. Luke, who studied at Keimei Gakuen once before, can be seen on the left. On the right, is his friend and host family relative who accepted him into his home. Both of them were happy to be reunited once again.


1503380165499


オーストラリア夏季体験学習 第1日


朝4:30にケアンズに着きホストファミリーの出迎えを受けました。学校生活の第1日目は眠たい目をこすりながら頑張っていました。姉妹校の生徒たちにこれから過ごす施設や教室を案内してもらいました。いよいよ体験学習が始まります。


Australia Summer Trip – Day 1


We arrived in Cairns at 4:30 in the morning and a reception was held by our host family members. Throughout our first day, we communicated with our fellow sister school students. They happily taught us about the school, its facilities, and its classes. Our study abroad experience finally begins!


1503380141534


1503380158448




オーストラリア夏季体験学習がスタート


8月10日(木)に出発して明朝7:00にケアンズに着きます。朝早く迎えてきてくれるホストファミリーに感謝です!


The Australia Summer Trip Begins!


We depart for Australia on Thursday, August 10, and arrive in Cairns at 7:00am the following day. We are grateful to our host family members who are waiting to welcome us upon our arrival!


1503380129457


1503380137288




カンボジアワークキャンプ-アンコールワット-


最終日にアンコールワット遺跡を見学いたしました。クメール建築の代表する建物を目の前にして生徒一人ひとりが驚きに満ちた表情を浮かべていました。「人類の遺産」と言われていますが、保存のための修復作業や心ない盗掘の問題などいろいろと考えさせられました。でも、何よりの圧倒的なその美しさが素晴らしく感動しました。


Cambodia Work Camp – Angkor Wat


We visited the famous Angkor Wat site on our last day in Cambodia. Our students were in awe of its beautiful architecture. It is sometimes referred to as “the heritage of mankind.” However, this famous site is known to have issues, such as the need for repair, and the effort to preserve this wonderful site gave us concern. But, overall, we were moved by its beauty.


1502229201312

1502229182039




カンボジアワークキャンプ交流会


カンボジアの現地校での交流会の様子をお知らせいたします。啓明生はカンボジアの子どもたちに遊びを通して日本文化を伝えました。啓明生と子どもたちの明るく晴れやかな表情が印象的でした。


Cambodia Work Camp – Exchange Meeting


Recently, Keimei students joined in another exchange meeting with students from a local school in Cambodia. Our students happily demonstrated elements of Japanese culture to the students through fun games. Everyone’s faces lit up brightly and we all had a lot of fun learning together.


1503268526173

1503268531128

1503268539186

1503268535659




カンボジアワークキャンプが始まりました


今年で4回目となるカンボジアワークキャンプが8月3日から始まりました。今回もNPOアジアの子どもたちの就学を支える会ASAPの方々と一緒に現地で活動しています。
到着した翌日は、ASAPによって設立されたタツトム小学校とトロク小学校のドッチボールの対抗戦が行われました。今年はトロク小学校が優勝しました。午後から啓明生が両校の子どもたちと交流しました。子どもたちの明るい笑顔がとても印象的でした。


Cambodia Work Camp Begins!


The 4th annual Cambodia Work Camp began this year on August 3rd. We were joined by members of ASAP, who support the enrollment of children in schools in Asia.
When we arrived, there was an ongoing dodge ball tournament between two elementary schools founded by ASAP. This year, Trok Elementary School won the championship. In the afternoon, Keimei students joined the children for fun games. Everyone had a good time and it became a wonderful memory for all.


1501902340122

1501902345994

1501902356595

1501902363243

1501902371143




オーストラリア夏季体験学習事前学習


8月10日から23日まで19人の中高生が、オーストラリアの姉妹校を訪れます。4月より10回以上の事前学習を行いました。姉妹校では、一人ひとりが日本文化について英語で発表する機会があります。そのために、英語で発表する練習を先週から毎日行ってきました。また、以前に参加した生徒による手作りカルタを使用して現地の状況を学習しました。
7月28日(金)の事前学習では、全員の前で練習してきた成果を発表し合いました。また、現地で歌う「旅立ちの時」の練習、浴衣の着付けなども行いました。
来週に出発直前の事前学習を行う予定です。充実した体験学習になるために一人ひとりが積極的に取り組んでいます。


Summer Trip to Australia Orientation


From August 10th to the 23rd, nineteen junior and senior high and high school students will visit our sister school in Australia. We have conducted preparedness orientations more than 10 times since April. At our sister school, each student will have the opportunity to present an aspect of Japanese culture in English to their Australian friends and family. For this reason, we have been practicing our English every week since last week. In addition, we learned about what it would be like to be in Australia from students who have participated in this program before.
During a special preparedness orientation on Friday, July 28, we presented the results of our work in front of everyone. In addition, we practiced "Singing in the Field,” and the girls tried on yukatas, among other things.
Next week we plan to conduct a final preparedness orientation just before departure. Everyone is actively working hard to be ready for this trip, and to be ready for a great time.

1

2




事前学習-カンボジアワークキャンプ-


今年度で4回目となるカンボジアワークキャンプには10名の高校生が参加します。8月2日(水)から7日(月)まで、NPO法人ASAP(アジアの子どもたちの就学を支援する会)の方々と一緒にカンボジアに滞在します。現地では、小学生から高校生までの児童生徒と交流します。また、本校の裁縫プロジェクトStitches for Richesに関わるカンボジアのお母さん達にもお会いして、啓明祭で販売する製品について話し合う機会もあります。今回は、本校卒業生でリピーターでもある大学生二人(上智大学総合グローバル学部2年生および立教大学異文化コミュニケーション学部1年生)も一緒に参加します。
4月から10回の事前学習を実施し、7月28日(金)に最終確認を行いました。


Cambodia Work Camp Orientation


This year, ten Keimei High School students will participate in the 4th annual Cambodia Work Camp Program. From August 2nd (Wednesday) to the 7th (Monday), our students will stay in Cambodia and work with the NPO corporation ASAP (Association to support Asian children's enrollment). In the field, we will interact with Cambodian students from elementary to high school students. We will also have the opportunity to meet with the Cambodian mothers related to our sewing project Stitches for Riches and discuss the products to be sold at Keimei Culture Festival. Two university students who are graduates of our school will join us this time. One is currently a 2nd year student at Sophia University’s general global faculty and the other is a 1st year at Rikkyo University for cross-cultural communication.
We have conducted 10 preparedness orientations since April and have scheduled our final orientation for Friday, July 28.

2

1




KEIMEI English Summer Camp -Baraza in Summer-


この夏、啓明学園では夏のイングリッシュキャンプを実施します。
対象は学園の初等生。英語が得意な学園の中高生がホストとなり、初等生と一緒にAll Englishで2時間、ゲームをしたり歌を歌ったりする楽しいイベントです。


KEIMEI English Summer Camp -Baraza in Summer-


This summer, Keimei Gakuen will host a summer English camp!
Our hope is to provide our school’s elementary students with an immersive and educational English language experience. We hope it will be a fun event for our junior high and high school students as well, as they will be the ones hosting games and singing songs for 2 hours, all in English, with our younger students! We hope to see you there.

バラザ HP PR用(事前)




SGHA News を発刊します!


スーパーグローバルハイスクールアソシエイト校としての活動を紹介する「SGHA News」を発刊いたします。グローバル講演会、ドイツ春季体験学習、カンボジアワークキャンプ、オーストラリア姉妹校との交流、KEIMI English Summer Campなどの記事を全て英語で掲載いたしました。是非、ご一読ください。

SGHA News July English (PDF)


We will publish SGHA News!


We will publish "SGHA News" to introduce our activities as a Superglobal High School Associate. You will be able to find out information about a number of our activities, including: our Global lectures, our Germany School Excursion, the Cambodia Work Camp experience, our exchanges with our Australian sister school, the KEIMEI English Summer Camp, and more, all posted in English! Please have a look if you are interested to learn more.

SGHA News  July English (1)_1SGHA News  July English (1)_2




ダイヤモンドセレクト8月号に掲載されました


本学園の北原理事長が取材を受け、ダイヤモンドセレクト8月号に掲載されました。国際性豊かな生徒が集まる教育環境を整え、キリスト教の教えを土台とした人格教育と真のグローバル人材になるための学力向上という教育の柱について熱く語っております。今年度から新設された「リベラルアーツクラス」、英語スピーチコンテストからさらに発展した「多言語スピーチコンテスト」についてもわかりやすく解説しております。受験生、保護者の皆様にも是非ご一読いただきたいと思います。
*学校説明会等のイベント参加者には誌面の抜き刷りチラシをお配りいたします。


Diamond Select August Issue Interview


President Kitahara of our school was interviewed and published in the August issue of Diamond Select. She spoke at length on several points, including the pillars of education that support a rich educational environment where international students can gather, the value of an education based on Christian teachings, and how to improve students’ academic abilities in order for them to become true global leaders. Liberal Arts Classes, which were newly established, and the “Multilingual Speech Contest” are some examples. We hope you will take an interest in what we do here at Keimei.
* For those interested in a school briefing session, we will distribute information from our school periodically.

DWE学校-72dpi




山梨学院大学リベラルアーツ学部長来校


7月13日(木)14:00から本校多目的ホールにて山梨学院大学リベラルアーツ学部長Michael Lacktorin氏による、リベラルアーツについてのLectureが行われました。40名ほどの生徒が熱心にLacktorin氏の講義を聴きました。講義はすべて英語で行われ、大学の授業さながらの様子でした。
終了後も質問をする生徒が順番を待って、それぞれの進路に関わる質問をしていました。


Visit from Yamanashi University’s Liberal Arts Director


A lecture on the liberal arts program offered by Yamanashi University was held by Michael Lacktorin, Dean of their Department of Liberal Arts at 14:00 on Thursday, July 13 in the multipurpose hall of our school. About 40 students enthusiastically listened to Mr. Lacktorin’s lecture. The lecture was done in English and it looked like a university lesson.
Students waited until the end before asking questions.

1

2



留学生が訪ねてくれました-啓明で育んだ夢に向かって-


7月7日(金)に、4年前に1年間留学生として在籍していたアフニンジャスさんが学園を訪ねてくれました。高校1年生の時に学んだ日本語は、しっかりと身についていました。また、在学当時に語っていた医者になるという将来の夢に向かって着実と歩んでいます。先月に来日して、大阪市立大学医学部に短期留学生として学んでいます。そして、2年後にはインドネシアで内科医になるということです。昔と変わらない優しく芯のしっかりした人柄に触れて、心がとても温かくなりました。


An International Student Visits- A Dream Fostered by Keimei


On July 7th (Friday) Ahninjas, who was enrolled as a foreign exchange student four years ago visited the school. During her sophomore year, she vigorously studied Japanese. She is steadily moving towards her dream of becoming a doctor, just as she talked about during her time at Keimei. She came to Japan last month as a short-term international student at Osaka City University’s medical school. In two years she will become a physician in Indonesia. We were touched that she maintained her gentle personality from her time at Keimei.

IMG_1166




高校グローバル講演会-「平和」とは何か- 高3


瀬谷ルミ子さんの講演について高校生達の感想を紹介していきます。
いよいよ、高校3年生・・・

今、私が生きている日本には紛争が起こっていない。そもそも「紛争」という言葉自体が遠い国のもののように感じていました。しかし、紛争の発端が単なる意見のくいちがいや価値観のずれであるということを知り、決して無関心ではいられない問題であると感じました。日本のような先進国でも紛争が起こる可能性はゼロではないのです。また、実際に現地で行われている手口として、子どもにその親を殺させて頼れる場所をなくすことがあるとおっしゃっていたのを聴いて、あまりに残酷で現実で行われていることとは信じられませんでした。しかし、その現実を知らなければ世界の平和を実現することは出来ません。だから、直接関係がない私たちこそ知っておかなれければならないと感じました。最後に、瀬谷さんがこのお仕事を選んだ理由として「誰もやっていなそうだから」とおっしゃっていました。誰もやっていないことをするのは勇気がいることです。でも、いつか必ず誰かが成し遂げなければならないことでもあります。私も自分の選択肢がある限り、精一杯出来ることを成し遂げられるような仕事に就きたいと思いました。

最後も、高校3年生・・・

私たちが日々生活している中で価値観の違いを実感する時、人と意見がかみ合わない時、すでに紛争が起きているということに気づかされました。紛争とは、国のトップが仲直りしたからといって無くなる訳ではなく、現地の人々がきちんと仕事に就き、生活していけるような取り組みが必要だと納得しました。自分の国の主張を世界に広げ、力を見せつけるために行われているというテロの目的についても考えさせられました。また、一日当たりに、34,000人もの人々が住む場所を失っている、そしてその半分が子ども達であると聴いた時、深刻な世の中になっていることが分かりました。子ども兵士が存在しているそんな紛争地を平和にすることは可能なのかと考えた時に、兵士以外の新たな生き方を見つけるという取り組みがとられていることを初めて知りました。苦しさの上で、「平和」が築かれているということを私たちは忘れていけません。他の国から見て、日本は立ち直る“希望”を与えている国であることに対して私は母国にプラスなイメージを持つことが出来ました。現地の人たちが関心のあることを見つけることの大切さ、重要さも学びました。コミュニケーションを通して相手のことをたとえ好きになれなくても、なんらかの繋がりを通して利益を得られることができれば、それは立派な平和であるということも共感しました。線を引かれてしまわないような行動を取るという取り組みや、セラピールームを設けるといった取り組みも行われていることを知り、少し安心した部分もありました。瀬谷さんの講演から特に心に残った言葉は、「好きなことは全力に」、「人生を選ぶ権利」、「世の中の全ての人が選択肢を持てる訳ではない」、「選択肢には使用期限がある」、そして「興味があることは行動に」です。


High School Global Lecture - What is Peace? High School Year 3


The following are the impressions of an S3 student who attended Mrs. Seya Rumiko’s special Global Studies lecture on June 19:

Currently, there are no conflicts in Japan, where I live. In the first place, the word "conflict" itself feels like a distant country. However, I learned that the origin of conflict is simply a mismatch of opinion and a difference in values, and I felt that it was a problem that I could never be indifferent. The possibility of a conflict in developed countries like Japan is not zero. Also, I learned of many cruel things occurring around the world, even among children and their parents, and so I could not believe it. But unless we face reality it will not be possible to realize world peace. Therefore, I felt that we should learn more about others, even those with whom we have no direct relationship with. Finally, Mrs. Seya’s words revealed me to the courage of doing something that no one is doing for there is always something that someone has to accomplish. As long as I have my own choice, I want to find a job that lets me do what I can do to the utmost potential.

Our final speaker is another S3 student:

When we realize the difference of values in our daily life, when people do not agree with these opinions, we realize that conflict has already occurred. Conflict does not necessarily end because countries have been reconciled, but rather, I am convinced that efforts are needed to make it possible for the local people to live and work properly. I was made to think about the purpose of terrorism and that which is being done to expand my country's assertions for more power. Also, I learned that 34,000 people lose their homes every day, and when I heard that half of them are children, I realized that we live in a very serious world. When I thought that it would be possible to have peace in conflict areas where children soldiers existed, I first realized that efforts to find a new way of living other than soldiers are necessary. We cannot forget that "peace" is built on the suffering. From the other country, I was able to have a positive image in my country against Japan being a country giving "hope" to recover. I also learned of the importance of finding things that local people are interested in. Even if I do not like someone as a result of my communications with them, it would still bring about a great peace if I could profit through some common connection. There was also a little relief in knowing that efforts to take actions, such as establishing a therapy room, are being taken. Mrs. Seya's remarks especially are memorable: "do whatever you want," "to choose life," "not everyone in the world has this choice.”

DSC_1886




高校グローバル講演会-「紛争」とは何か- 高2


瀬谷ルミ子さんの講演について高校生達の感想を紹介していきます。
次は、高校2年生・・・

私は、意見の食い違いだけで紛争が起きることは知りました。紛争には、良い紛争と悪い破壊的な紛争の2種類があることも知りました。そして、特に驚いたことが3つあります。
まずは、最初の映像で2009年になってもたくさんの紛争が起きていることです。この映像は1946年から2009年までの紛争の数を表したもので、決して紛争で荒れ果てた土地などの写真は全くありませんでしたが、とても心が痛みました。日本が戦争の無かった72年間に世界に目を向けるとこんなにも紛争が起きていたなんて、平和にはまだ程遠いのかなと思いました。この間に600弱もの紛争が起きたことを忘れてはならないと思います。
次は、和解の活動で大切なことは、「仲直り」「平和」などといった言葉は使わないということです。なぜなら、「和解」と聞いただけで寄ってくる人々は、全て仲直りの準備ができている人々だからだとおっしゃっていました。確かにその通りだと思います。そして、違う民族同士を協力させることで和解できるのも合理的で、ちょっとした工夫で変われるんだな、と感じました。また、玩具で子どもの心の痛みを分かってあげるやり方も納得したし、心を打たれました。
最後は、選択肢には使用期限があることです。私もこういった内容にとても興味があるので、今しかできないことから支援に繋げていこうと思いました。

続けて高校2年生・・・

紛争の解決というと、どんな活動をするのか少し疑問に思っていました。大きな紛争をすぐに解決することはできず、小さなことを一歩ずつ進めていくことが必要だと分かりました。紛争地で生まれてしまった避難民の半分は子どもであるということにとても驚きました。自分は、とても恵まれた立場にあることを改めて感じました。自分よりはるかに年下の子どもが兵士のような厳しい立場にあることも分かりました。また、援助をする中でも気をつけなければいけないことがたくさんあることを知りました。「出来ないことはやらない」ということが特に心に響きました。頼まれる、その期待などからつい確信の無い答えを言ってしまうことがありますが、被害にあった人たちにそのように接すると、二度と取り返しのつかないことになってしまうと深く感じました。紛争を完全に解決する、みんなが仲良く、という段階にまで行かなくとも、嫌いではない、お互いに協力するとメリットがあることを教えいくのが大切だと知りました。また、紛争による心の傷はと本当に大きなものだと、父親を目の前で失った子どもの例を聴いて思いました。現地の人々に接するには、細心の注意が必要であり、相手の立場をよく考えて発言しなければならないと思いました。


High School Global Studies Lecture - What is Conflict? High School Year 2


The following are the impressions of an S2 student who attended Mrs. Seya Rumiko’s special Global Studies lecture on June 19:

Thanks to this lecture I learned about how disputes arise. I learned that there are two types of conflicts: good conflicts and bad destructive conflicts. And three things surprised me.
First of all, there were many conflicts that occurred between 1946 and 2009. News of this pained me to hear. Japan has been at peace for the last 72 years is still far from its next conflict. However, in the meantime, we should still think about the fact that as many as 600 conflicts have occurred around the world during this time.

The following is from the same S2 student:

I thought about what sort of actions are necessary to resolve conflicts. I realized that it is impossible to resolve major conflicts at once, and instead it is better to advance things in a small, step-by-step process. I was surprised to learn that half of the refugees are children born in areas of conflict. I felt that I was in a very privileged position compared to them. I also found out that children younger than me were being made to act like soldiers. I also learned that there are many ways to help. I learned that it is beneficial to cooperate with other people in order to resolve conflicts together. I was made sad by the news of children who lost their fathers before their eyes. I will continue to think of the situation of others from now on.

DSC_1883




高校グローバル講演会-「平和」とは何か- 高1


瀬谷ルミ子さんの講演について高校生達の感想を紹介していきます。
まずは、高校1年生・・・

私は、今回瀬谷ルミ子さんの講演を聴いて、平和について改めて考えさせられました。私は、「平和」という言葉をきくと、その地域に住む人々が互いに思いやって生活している様子や衣食住が満足にあり、衛生的である様子を浮かべます。しかし、世界には瀬谷さんのお話にあったような「妥協の上で成り立つ平和」や「殴り合ったり、殺し合ったりしなければそれで良い」という状況があるという事を知りました。平和の中で生きている私達日本人が思い浮かべる「平和」と、実際の世界の紛争地域で最低限求められている「平和」の間には大きな違いがあるのだと思います。世界の紛争地の現状を正しく認識しなければならないのだと分かりました。
また、戦後72年目を迎え、宗教の争いなども少ない日本という国が、紛争地の人々に信頼されやすいという事を知り、驚きました。自衛隊のあり方や軍事的な力の使い方などが見直されつつある今、日本がいつまでも平和でいられるか、とても不安に感じました。高校生でも、紛争や難民問題について考える機会が増えています。私もいつか世界に対して自分なりの考えをしっかりと持ち、世の中の出来事に目を向けられる人になりたいと思いました。

もう一人、高校1年生・・・

今回の講演会で私は初めて、このような活動を日本でしていることを知りました。どの紛争もやはり世界的問題となっていて、解決はとても難しいですが、そのために自分自身が外国へ行き平和構築に取り組む瀬谷ルミ子さんの姿にとても心を打たれました。特に今回の講演会で衝撃的だったのは、1945年から2016年の間に世界各国でたくさんの紛争が起きていたという事です。なぜ紛争が絶え間なくつづくのかと考えた時、様々な考えが出てくると思いますが、私は人々の偏見というものが理由の一つではないかと考えました。差別をなくそうという働きは世界中でみられますが、やはり現時点では差別というものは完璧にはなくなってはいないと思います。また、言語を話せないことや紛争が理由で心に闇を抱えている子どもが多くいて、その様な状況をなくしていくことが私たちの課題ではないかと思いました。
また、プロジェクターを使って分かりやすく説明して下さり、得られるものが多かった講演会だったと思います。今はまだ将来の夢をはっきりとは決めていませんが、世界のためにこのような活動ができるということを頭に入れて、進路を真剣に考えていきたいと思います。貴重な体験を有難うございました。


High School Global Lecture - What is Peace? – High School Year 1


The following are the impressions of an S1 student who attended Mrs. Seya Rumiko’s special Global Studies lecture on June 19:

After listening to the lecture by Seya Rumiko, I started thinking about the meaning of the word peace again. Whenever I hear the word peace, I see people living in harmony in a particular area, and there is food, clothing, and shelter, and things are kept very hygienic. However, in the real world, I have learned that there are many places where compromise is the reality of things. This taught me that there is a big difference between peace in the way we usually think, and peace in the sense that a minimum amount of civility is demanded in order to avoid armed conflict. We must correctly recognize such situations around the world.
Also, I was surprised to learn that Japan is well trusted by those people in areas of conflict. However, now that Japan’s use of military power is being reconsidered by law makers, it makes me uneasy when I think about whether Japan will remain peaceful forever. I and my fellow high school students have the opportunity to learn more about the conflicts in the world, as well as the refugee problem. I want to become a person who can observe these important issues in the world.

The following is from another S1 student:

This lecture was the first time I had heard about these kinds of activities coming from Japan. The world is full of conflicts that are difficult to solve, but for that reason I was struck by the hard work of Mrs. Seya Rumiko who goes abroad and tackles the hard job of peace building. Especially shocking to learn was the high number of conflicts that have occurred in the world between 1945 and 2016. It made me think about the conflicts that are constantly going on, and I think that though there are various reasons for them, one of them is peoples’ biases towards one another. There is a lot of work being done to eliminate discrimination throughout the world, but it still goes on. As a result, many children will grow up with darkness in their hearts.
Although, I personally have not decided my future dream yet, I feel as if I can think more seriously about it now after watching this lecture. I want to thank Seya for this valuable experience.

1




中学グローバル講演会-関先輩へのメッセージ- 中2


6月19日に行われた中学グローバル講演会の感想文を紹介いたします。
中学2年生から・・・

彼がネパールに行って学んだことは、とても大切だと思いました。ネパールでできた親友や家族は、大きな壁を乗り越えてつくったもので、それは勉強よりももっと重要で、自分が見る世界を変えることが出来たのだなと思いました。たくさんの経験をすることによって、“世界”を知ることができ、そして行動することが出来るということを知りました。私も外国に住んだことがあるので、大変な経験をしてきました。でも、大変な経験をして学んだことは多いし、視野を広めることが出来たと思います。一生懸命、時間を有効に使って今を生きたいなと思いました。
私はStand up, take action” という言葉がとても印象に残っているので、それを頭に入れて、今を大切にしたいなと思いました。


Junior High School Global Lecture: A Response from a J2 Student


The following are the impressions of a J2 student who attended Mr. Seki’s Global Studies lecture on June 19:

I thought that what he taught about Nepal was very important. I thought that changing the world was almost more important than studying. By experiencing a lot of things, I think I can learn about the world and then act to help it. I have lived abroad before, so I have had a lot of experiences already. But there are so many more that I have yet to have and I need to broaden my horizons. I would like to live by using my time effectively. The words "Stand up, take action" left an impression on me that I will not forget


DSCN4085

DSCN4074




中学グローバル講演会-関先輩へのメッセージ- 中1


6月19日に行われた中学グローバル講演会の感想文を紹介いたします。
中学1年生から・・・

今日の講演で、僕はネパールの話を聞いたとき、インドと似ているのがとても印象に残りました。僕にはインドに友達がいて遊びに行ったことがあります。インドでは、車に乗って信号待ちをしていると、小さな子どもが「お金ください」と寄ってくると、友達のお母さんが言っていました。僕はまだ5歳の時であまり記憶にないのですが、店先に子どもたちがいて、僕がお菓子の袋を開けると、「ください」と言いながら集まってくるので、お菓子をあげた記憶があります。僕はそのことを思い出して、自分たちは幸せだなと実感しました。関さんから「今を一生懸命生きることが何より大切なことだ」と聞いてとても感動したので、これから僕も一生懸命に生きたいと強く思いました。

Junior High School Global Lecture: A Response from a J1 Student


The following are the impressions of a J1 student who attended Mr. Seki’s Global Studies lecture on June 19:

During the lecture, as I listened to the story about Nepal, I was impressed by how much it reminded me of India. I visited India before, and one time while I was in a car waiting for a signal, my mother asked me to give her some money to give to a child who was passing by. My memory isn’t well, but when I was five, I recall being at a shop where there were children. I opened a bag of sweets when the other children asked me for some. I realize now that I am blessed. I was deeply touched by Mr. Seki’s speech, and want to make a more positive change in the future.


DSCN4076

DSCN4079




中学グローバル講演会-関先輩へのメッセージ- 中3


6月19日に行われた中学グローバル講演会の感想文を紹介いたします。
中学3年生から・・・

世界の現実はとても見えにくいものであり、そして今私たちのように生活している人はとても少ない事実を忘れないことが大切だなと思いました。私が今持っている時間は、実は残り少ないと知り、身近なことでも100%で取り組み、将来悔いの残らないようにしたいと思いました。そして、人生で自分が変われるチャンスがあればすぐに行動に移したいです。今自分が恵まれていることをいつも意識して、今自分が本当にしたい思うことを実行していこうと感じました。世界には、外国に出稼ぎに行き、食事もたいしてもらえず、自由を奪われて、毎日とても危ない仕事をさせられる人達がいます。そういう人たちがいるからこそ、今私たちはこのような生活が出来ていると思うと、いつかはかならずその人達に報いることがしたいと強く感じました。


Junior High School Global Lecture: A Response from a J3 Student


The following are the impressions of a J3 student who attended Mr. Seki’s Global Studies lecture on June 19:

Sometimes, although the difficult reality of the world we live in is hard to see, it is important for us to never forget the important facts. I know that time is short and I so I want to work to achieve something of importance. I will give it my all so that I will not later regret my decision. If there is a chance for change, then I want to take it. I have always known that I am blessed, and now I feel strongly about what I want to do next. There are people in the world who go abroad and work in dangerous jobs there and deal with dangerous conditions. It is because of people like these, that we can live as we are living now. I feel strongly that I want to reward these people in some way in the future.


DSCN4069

DSCN3981




高校グローバル講演会-紛争という現実を学ぶ-


6月19日(月)7限に高校グローバル講演会が実施されました。今回の講師は、高校3年生が現在学んでいる英語のテキストCROWNで紹介されている日本紛争予防センターの瀬谷ルミ子氏です。
瀬谷ルミ子さんは、中央大学卒後、英国ブラッドフォード大学紛争解決学修士課程を修了し、ルワンダ、アフガニスタン、シエラレオネ、コートジボワールなどで国連PKO、外務省、NGO職員として勤務されました。専門は、紛争後の復興、平和構築、治安改善(SSR)、兵士の武装解除・動員解除・社会再統合(DDR)などです。2011年、Newsweek日本版「世界が尊敬する日本人25人」、「日経ウーマン・オブ・ザ・イヤー2012」に選ばれました。
素晴らしい講師を迎えることが出来、生徒たちも真剣に瀬谷さんの講演を聞いていました。


High School Global Studies Lecture - Learning the Reality of Conflict -


A special high school Global Studies lecture was held on Monday, June 19. The guest speaker this time was Seya Rumiko of the Japan Conflict Prevention Center. Our high school students had been introduced to her by reading about her in their English textbook CROWN.
Seya Rumiko graduated from Chuo University and completed her master’s degree in conflict resolution at Bradford University in the UK. She has worked as part of UN PKO, MOFA, NGO staff in Rwanda, Afghanistan, Sierra Leone, Cote d’Ivoire, etc. She specializes in post-conflict reconstruction, peace building, security improvements (SSR), disarmament of soldiers/demobilization/social reintegration (DDR). In 2011, Newsweek Japan wrote about her in their article “Top 25 Most Respected Japanese people in the World,” and “Top Woman of 2012.”


DSC_1875

DSC_1879




中学グローバル講演会


先日の6月19日(月)にグローバル講演会がありました。
今回のゲストスピーカーは、卒業生で、現在上智大学総合グローバル学部3年に在籍する、関 愛生さんです。関さんは、高校1年生で単身ネパールに移住したときの貴重な体験を生徒たちに熱く語ってくれました。最近では、ネパールの大学生との交流を目的としたスタディーツアーを企画し、すでに7回も実施しています。両国からの学生達が200人以上も参加しているそうです。この他にも、UNICEFとの共同プロジェクトや、被選挙権年齢の引き下げを目指す「OPEN POLITICS」での活動もされています。
「今を一生懸命に生きろ」という彼の熱いメッセージは、後輩である生徒達一人ひとりの心に強く残ったに違いありません。


Junior High School Global Studies Lecture


On Monday, June 19, there was a special Global Studies lecture. The guest speaker was Mr. Seki, an alumnus of Keimei Gakuen, who is on his third year at Sophia University. During his lecture, Mr. Seki shared his experience of living in Nepal as a first year high school student. He also shared with us some of his more recent activities, such as organizing an exchange program with college students in Nepal, a project that now has over 200 participating students and is on its seventh cycle. Besides this, he talked about his participation in a joint project with UNICEF, as well as the project “OPEN POLITICS,” which aims to lower the age of elected candidates. His passionate message undoubtedly had an impact on all of the junior high school students.


関横顔a

講演会全体1a




白根直子記念財団の来校


6月15日に、テキサスより白根直子記念財団のお客様を学園にお迎えしました。白根直子記念財団とは、本校の創立者である三井高維先生ご夫妻の長女である故白根直子さんのテキサス州での業績を記念して創設された財団です。白根直子さんは、ご両親と同様に世界を繋ぐ人として活躍され、特にアメリカでは、様々なビジネスの面で日本との架け橋となりました。
今回は理事の方々とともに厳しい選考試験で選ばれた高校生5名が来校しました。選考された高校生たちは、白根直子さんの思いを受け継ぐために、自分の目で異なる文化を観て、将来架け橋になりたいという思いを持って来校しました。1日だけの体験でしたが、授業に参加したり、啓明生と交流したり、茶道を通して日本文化を体験することも出来ました。


A Visit from the Shirane Naoko Memorial Foundation


On June 15th, we had guests from the Takasaku Shirane Naoko Memorial Foundation come visit our school. The Shirane Naoko Memorial Foundation is a foundation that was established in commemoration of the achievement of Takashi Shirane Naoko who is the eldest daughter of Mitsui High School's founder Mr. Takashi Mitsui. Naoko Shirane is active in serving as a connector in the world, working with parents, and especially in the United States; it has become a bridge between Japan and other countries, even in the field of business.
This time, five high school students selected by a strict selection exam came with the directors. The selected high school students watched as a different culture unfolded before their very eyes. This instance of cultural exchange is important in order to inherit Mr. Naoko Shirane's thoughts of connected worlds, and will hopefully lead them down the path to strengthen the future bridges between cultures. Although the experience last only one day, they were able to participate in classes, cultural exchange, and experience Japanese culture through the tea ceremony.


IMG_0257

IMG_0271

IMG_0273




身近な日本を学ぶ-ジャパンスタディーズ-


今週、高校2年生のジャパンスタディーズでは、和食をいただく時のマナー、煎茶の入れ方といただき方、お客様への出し方を学びました。知っているようで、しっかり理解していないことも多かったようです。生徒達は、家庭でも美味しいお茶を入れることが出来るようになりました。


Japanese Culture Studies


This week, in Japan Studies, High S2 students learned about Japanese meal time manners, how to prepare tea, and properly treat a guest. There was a lot that they already knew and a lot that they did not already know, so it was a very productive lesson overall. Now, our students will be able to conjure up some great tea at home too!


IMG_0155

IMG_0157

IMG_0166

IMG_0146




アメリカの高3生とのスカイプ会議-高3国際理解-


6月7日(水)に高校3年生の国際理解の授業で、アメリカのカリフォルニア州の高3生とスカイプ会議を行いました。5月からアメリカの学校と連絡を取り合って、Girl Risingというビデオを両校で視聴しました。このビデオは、9ヶ国の少女たちの置かれている現状を知り、女子教育の大切さについて学ぶ内容です。ビデオを視聴した後は、インターネット上の協働学習サイトで、お互いに意見や気づきを投稿して交流をしました。今回は、実際にスカイプ会議を実施し、お互いの国の現状や学びの成果を発表し合うことが目的で実施しました。
会議は、日本時間の9時半にスタートしましたが、女子教育やお互いの学校生活についての話だけでなく、文化や政治関係の話にも発展しました。会議は、たくさんの内容で盛り上がり、1時間以上の時間がアッという間に過ぎていきました。
アメリカの高3生は、来週が卒業式だそうです。両校の高3生にとって、とても貴重な時間となりました。


Skype Conference with American Students in Global Studies S3


On Wednesday, June 7th, Keimei Gakuen Global Studies S3 students had a Skype Conference with American High School Students from an International All-Girls School in California. Before the conference, all students had watched the movie Girl Rising, a movie about the desperate situation of girls in dangerous environments. During the conference, the students discussed the video and shared their opinions and questions with one another. Also, they discussed the present situation in their own countries, which led to discussions on politics and social issues. An hour quickly passed, but it was an incredibly valuable learning opportunity for all involved.


keimei10

keimei8

keimei7




バラザ会議~チャイナ・デイを開催しました


昨年度より行われているバラザ会議。様々なテーマを英語で話すことが目的でしたが、今回は趣向を変えて、チャイナ・デイを行いました。中国につながる生徒たちが企画し、本場の水餃子をみんなで一緒に作りました。幼稚園、初等の子どもたち、保護者の方の参加もありました。啓明学園全体の、中国語を背景に持つコミュニティのよい交流の場となりました。心おきなく中国語で笑い合う生徒たちの姿が見られました。


Baraza: China Day


Although usually a Baraza consists of discussions in English and on western topics, this time our headlining topic was a discussion on Chinese culture. We called this particular Baraza event “China Day.” Our Chinese students led the discussions and students and parents made delicious dumplings together. It was a great community building opportunity for all involved, as well as a great learning opportunity. By the end of the event, everyone could be seen smiling.


img

img2

img3

img4

img5

img6



ドイツ春季体験学習第4・5日


5月5日(金)にベルリン空港を出発し、6日の朝全員元気で帰国しました。
生徒達は、ドイツで過ごした期間は短いものでしたが、ホストファミリーとの心の繋がりは深くなり、お互いに別れを惜しんでいました。
写真は、ホストファミリーの生徒達とのものです。

German Spring Excursion Day 4 and 5


On May, 5, 2017, our students departed from Berlin Airport, and on the 6th they arrived safely in Japan. The students may have spent only a short period of time in Germany, but in that time they had grown close to their host families and felt reluctance in parting from them.
The following picture is of the students with their host familie

1



ドイツ春季体験学習第3日


5月4日は、グスタフハイネマン高校のマギーラ先生の引率で、ベルリン観光をしました。あいにくの雨でしたが、ブランデンブルグ門、国会議事堂、ベルリン大聖堂、ポツダム広場などを訪れました。

German Spring Excursion Day 3


On May 4, 2017, our students took a sightseeing tour of Berlin under the leadership of Mr. Maggila from Gustav Haineman High School. Unfortunately, it rained, but nonetheless they managed to visit the Brandenburg Gate, the Parliament Building, the Berlin Cathedral, the Potsdamer Platz, and other important locations.

4

5



ドイツ春季体験学習第2日


グスタフハイネマン高校で、2日目の交流を行いました。
この日は、日本語を学んでいる生徒達の前で、歌を歌ったり、恋ダンスを披露したりしました。また、漢字カルタを一緒にしました。コミュニケーションをとることにより、お互いの心の距離が近くなり、充実した時間となりました。

German Spring Excursion Day 2


On their second day at Gustav Haineman High School, our students once again engaged in cultural exchange activities. They sang songs and danced for the foreign students who were learning Japanese, among other things. They even practiced writing kanji together. Through these activities they were able to close the distance between themselves and their foreign classmates. It was a fulfilling time for all.

1

3

2


ドイツ追加1

ドイツ追加2




ドイツ春季体験学習第1日


5月2日にベルリンを訪れている生徒は、グスタフハイネマン高校で学校体験をしました。
日本語のクラスで、1人ずつ準備した英語のプレゼンをしました。他の授業では、日本語、英語、ドイツ語を交えながらゲームをしました。

写真は、ホストファミリーの生徒と一緒、日本舞踊の発表、ボードゲームでの交流をしている様子です。

German Spring Excursion Day 1


On May 2nd,, 2017, our students traveled to Gustav Haineman High School in Germany. During their stay, they gave numerous presentations on Japanese culture to their foreign classmates. Then, they engaged in several games in English, and participated in other fun cultural exchange activities.

The following pictures are examples of the activities they participated in.

ドイツ第1日3

ドイツ第1日1

ドイツ第1日2




マラウイとザンビアを通してアフリカの現状を学んだ高2の英語授業


5月2日の高2の英語の授業にIC Netの山中氏を招いて、アフリカの現状について学びました。高校2年生のテキストには、マラウイの発明家として知られているウィリアム・カムクワンバについての紹介があります。カムクワンバはわずか14歳のときに、風力発電によってマシタラ村にある自宅で多少の電気製品を使えるようにしたことで、世界的に有名となりました。

生徒達は、青年海外協力隊員として、マラウイの隣国であるザンビアに教員として派遣された山中氏より、開発途上国の現状やアフリカの開発のために色々なことが可能であることを学びました。


High School Year 2 Students Learn about Africa, Malawi, and Zambia


Mr. Yamanaka of IC Net came to give a presentation on May 2nd about the current situation in Africa. In the textbook of 2nd Year high school students there is an introduction about William Kamkwamba, who is a known Malawi inventor. He became famous all over the world for coming up with products that ran on electricity generated by wind power, an achievement he accomplished at the age of 14. The students learn that Mr. Yamanaka himself was dispatched as a teacher to Zambia, a neighbor of Malawi in order to do various tings for the state as it continues to develop. Much of Africa remains in development.


1

2

3




ドイツ春季体験学習


ドイツ春季体験学習に参加する中高生11名と教員が4月29日に成田空港よりベルリンへ出発しました。空港へは、原田校長が見送りに行き、啓明生として誇りを持って、充実した体験をして来るようにと激励しました。

ベルリンへは、フィンランド経由で飛行します。ベルリン空港には、ホストファミリーと交流校グスタフハイネマン校の教員が待っています。


Spring Trip to Germany!


Eleven juniors and high school students participating in the school spring trip have departed to Berlin from Narita Airport on April 29. Principal Harada went to the airport to see them off and encouraged them to make the most of the experience.

Upon landing at Berlin Airport, faculty members and the students will be greeted by their host families and Gustav Heineman students who eagerly await their arrival


1


今年度もカンボジア裁縫プロジェクトが始まりました!


4月27日(木)の放課後、8月のカンボジアワークキャンプに参加する生徒、高校奉仕委員そしてカンボジア裁縫プロジェクト”Stitches for Riches”の活動に以前から参加している高校生が集まって作業を開始しました。


“Stitches for Riches”とは、カンボジアと日本が共に豊かになれるようにという願いがこめられた裁縫プロジェクトです。このプロジェクトは、カンボジアの貧しい地域の家庭に対してフェアトレードを通した教育支援するものです。4年前より中高奉仕委員会の生徒がASAP(NPO法人アジアの子どもたちの就学を支援する会)のボランティア活動に参加したことが始まりです。ASAPは、アジアの困窮する地域の教育支援、地域の発展に寄与することを目的として設立されたNPOで、活動の一つに“Mother to Mother”という、日本の母親とカンボジアの母親がフェアトレードで助け合う支援活動があります。目的は、子供の労働力に頼った農村の未就学児童問題を解消することです。内容は、カンボジアの村の最貧困家庭の母親が日本の幼稚園や小学校で使う布製品を手縫いして、日本で販売するというものです。カンボジアの電気や水道のない村で、全て手縫いで行われているため、製品が日本に届いてから洗濯、アイロンがけ、紐通しなどをします。この活動を手伝ったことをきっかけに、啓明学園で立ち上げられたのが、カンボジアの母親と自分たちのニーズを結ぶ“ Stitches for Riches”(共に豊かになる裁縫プロジェクト)です。


今年度は、10名の高校生が8月2日から7日までNPO法人アジアの子どもたちの就学を支援する会(ASAP)の方々とカンボジアに行って奉仕活動を行います。現地では、9月の啓明祭で販売するペットボトルカバー、巾着とバッグの作業に関わっているお母さん達にも会う予定です。


The Cambodia Sewing Project Commences Once More!


After school on April 27 (Thursday), students participating in the Cambodia work camp in August, high school service committee members, and high school students who have participated in the activities of the Cambodia sewing project "Stitches for Riches," gathered and started working once again.


"Stitches for Riches" is a sewing project with the intent to bring Cambodia and Japan closer together. This project aims to support education through fair trade for families in poor areas of Cambodia. 4 years ago, students from the Middle and High School Service Committee began participating in the volunteer activities of ASAP (Association to support schooling for children of NPO Asia). ASAP is an NPO established with the aim of contributing to the education efforts of the distressed areas of Asia, as well as contributing to the development of the region. One of the activities they carry out is called "Mother to Mother," a project in which a Japanese mother and a mother from Cambodia trade together. These activities are intended to provide aid. The goal is to eliminate the preschool child problem in rural areas that rely on children's labor. And so, the mothers from the poorest families in the Cambodian village sew clothing products so that they may be used in Japanese kindergartens and elementary schools. In other words, they sell them to Japan. The sewing is all done by hand as the village is without electricity. After the product reaches Japan, they are laundered, ironed, and strung up, etc.


Later this year, ten high school students will go to Cambodia with the NPO association (ASAP) Assisting Association for Asian Children's Studying in Cambodia from August 2nd to August 7th. Once there, we plan to recover PET bottle covers to be sold at the Keimei Festival in September, as well as purses and bags made by the mothers.


1


2




中学生バラザ会議


中学生バラザ会議が3月15日(水)の午後、北泉寮のカルチャーコーナーで行われました。
テーマは、「マフティーデー」についてです。“マフティー”とは、普段着と言う意味です。
イギリス、アイルランド、カナダ、オーストラリアなどの学校では、「マフティーデー」を設けて、制服ではなく普段着を着ることで募金活動を行うそうです。
マフティーデーを体験したことがある生徒が、どんな活動をするかについて話をしました。
また、マフティーデーにちなんだ神経衰弱のようなゲームもしました。

The Junior High School Baraza was held on March 15th (Wednesday) in the Hokusenryou.
The theme was “Mufti Day". "Mufti" means casual wear.
Schools in the UK, Ireland, Canada, Australia, etc. raise funds by allowing students to wear casual wear instead of uniforms.
We talked about the experiences of students who participated in Mufti Day before. We also played a game about different facts associated with Mufti Day.

1

2




国際理解の日


 2月24日(金)の5,6限に、今年度で第16回目にあたる学校行事「国際理解の日」を中学校で行いました。
 この行事は、全校生が冬休みの課題から準備をし、与えられたテーマについて調べ、発表を通して学び合います。今回のテーマは「EU」でした。
 3学期のロングホームルームで、学年で調べたことを先ず発表し、2月24日に備え、全体発表のためにリメイクした内容をリメイクします。当日は各学年の代表の生徒が「国際理解の日」で中学全体に発表します。
 中1は、EUの多様性について発表しました。文化や民族の似ている点、異なっている点などについて、代表の生徒が分かりやすく地図やスライドを見せながら発表しました。
 また、言語については、スペイン語、ポーランド語、フランス語を話せる生徒が実際に話す機会も設けました。
 中2は、EU議会を設定し、EU各国の代表者となり、課題である「難民」と「英国離脱」について、演劇手法を用いて発表しました。難民に対する各国の思いを生徒たちが再現しました。また、英国の離脱について、イギリスのニュースキャスターや市民の声を英語で、テレビ中継を模して現するなど、工夫のある発表でした。
 中3は、ピースメーカープロジェクトとして、EUの課題である「移民・難民問題」「テロ」「金融・ユーロ」「経済・物流」について調べ、それぞれの課題をどのように解決すべきかを考えて発表しました。
 生徒の発表の後は、中嶋泰郁氏に講演していただきました。中嶋さんは、早稲田大学教育学部で新聞学を専攻し、2015年より1年間バルト三国リトアニアのヴィリニュス大学に留学された方です。EU加盟国にあってもバルト三国やベネルスク三国など、小国から見たEUという観点で、前半の各学年の発表に触れつつ、リトアニアでの留学体験を交じえて、EU諸国についての講演をしていただきました。

On February 24th (Friday), 5th and 6th period, we held the 16th Junior high school annual “Global Studies Day” event. All the students prepared during winter break, was given a theme to present. This year’s theme was “EU”.
JHS Year 1 talked about the diversity of the EU. Student representatives gave a presentation with easy-to-understand maps and slides, about the similarities and difference between the cultures and ethnicities of the EU.
Also students who can speak Spanish, Polish and Frencher were given opportunities to speak in another language besides Japanese.
JHS Year 2 students set up the EU parliament, acted as a representative of each EU country and discussed the subject of refugees and the British departure from the EU. In addition, regarding the withdrawal of Britain, the students performed the roles of British news casters and citizens in an English accent when imitating a television broadcast.
JHS Year 3 students’ Peace Maker project involved researching about several EU issues such as immigration, the refugee issue, terrorism, finances/the Euro, economy, logistics, and think about how to solve these problems.
After the students’ presentations, Mr. Yasuhiro Nakajima gave a lecture. Mr. Nakajima majored in newspaper studies at the Waseda University’s School of Education, and has been studying at the University of Vilnius in Balt Three Kingdom Lithuania since 2015. He spoke about the his studying abroad experiences in Lithuania and touched upon the first part of the presentations and how small countries, such as the Baltic States and the Benelsque States are very small countries in the EU.

IMG_4635 (2)

IMG_4686




中学校グローバルワークショップ


 3学期の集中テストの翌日、3月14日(水)に、グローバルワークショップが行われました。この行事は、講演を聞くだけでなく、中学1年生から3年生が縦割りの7,8人で1グループをつくり、与えられたテーマについて話し合い、グループの意見をまとめて発表するものです。
今回の講演テーマは、「子どもの人権」でした。そしてグループごとの話し合いのトピックは、「フェアートレードを広げるためになにができる?」でした。今回の講師も、本校の卒業生にお願いしました。杉山綾香さんは、本校を卒業後、平和学を専門的に学び、現在は、世界の子どもを児童労働から守るNGO ACEで活動しています。


 生徒の感想を紹介します。


 私は、日本人が平均31枚もチョコレートを食べているということを知って、結構多いなと思いました。159枚も食べているドイツを知ってとてもびっくりしました。ガーナが一番カカオ豆の生産量が多いのかと思っていたのに、コートジボワールの方が多いことに驚きました。
 世界の9人に1人が強制労働をしていることを知って、世界には苦しんでいる私達くらいの子どもがいることが残念に思いました。それをなくすために、フェアートレードの商品を作るのはとても良いと思いました。
 フェアートレードを広めるためには、レジの隣に置いたり、広告に載せたりしたら良いと思いました。他の班の発表は面白かったです。例えば、フェアートレードの歌を作る、ポケットテッシュの中に広告を入れるなど、私達の班では出なかったアイデアがあってすごいなと思いました。(中1)


 生まれた場所が違うだけで、自分と同じ年齢の人や、もっと年下の人たちが児童労働をしなければならない現状があるんだと思いました。自分の意識が少し変わることで、児童労働を強いられている子どもたちが少しでも救われるなら、買い物をする時にも、パッケージの裏を見てみようと思いました。
 今日学んだ事や知った事を、今日だけで終わらせるのではなく、他の人に伝えていこうと思いました。なんとなく食べているチョコレートも、少し考えてから食べようと思いました。(中2)


世界の子ども、特に西アフリカにおける児童労働問題について講演を聞きました。世界の子どもの9人に1人、そして、アフリカの子ども5人に1人が危険な環境で労働を強制されている現状を知りました。また、そのような環境になってしまうのは保護者が教育の意識が低いためであるそうです。そして、教育を受けずに育った子が大人になった時、職に就けず、貧しくなり、その子どもにも労働を強制させてしまう悪循環があることを知りました。この現状が児童労働がなくならない直接の原因の一つであると考えました。
 一つ目の対策として、保護者が受け取る賃金をもっと増やし、子どもに教育を受けさせる余裕を作ることです。二つ目はフェアートレードの商品をもっと買ってもえらえるように広めることです。例えば、その商品を買うとポイントが貯まり、フェアートレードを扱っている企業の割引券がもらえるなどです。
 この講演を通して、今までの貧しい地域を支援する方法はたくさんあると思いました。直接地域に行かなくても支援をすることは、私も関われるので、関わっていきたいと思いました。(中3)


Middle School Global Workshop


 The Global Workshop was held on Wednesday, March 14, the day after intensive test for the third term. Not only did the students listen to a lecture, each grade was divided into groups of seven where they discussed the given theme and announced their opinions as a group.
The theme this time was “Children’s Human Rights and the discussion topic for each group was “What can we do to expand the fair trade?”. This question was asked by a Keimei graduate. After graduating Keimei Gakuen, Ayaka Sugiyama studies Peace Studies and currently works at NGO ACE helping and protecting child laborers from around the world.

 Here are students’ impressions.

 I know quite a lot of Japanese people who eat 31 chocolates bars on average. I was surprised to learn that German people on average ate 159 bars of chocolate. I was wondering if Ghana produced the most cocoa beans but was surprised that Cote d'Ivoire produced more.
It is unfortunate that 1 in 9 people around the world are forcibly working and so many are around us who are suffering. In order to eliminate this, I thought it was very good to make fair trade products.
In order to raise awareness about fair trade, we thought it would be a good idea to place advertisements next to the cash register. The other group’s ideas were interesting. For example, one idea that did not come out in our group was to also make fair trade songs, pocket tissue advertisements, etc. I was amazing, (JHS Year 1)

 Just because their birthplace was different, people the same age as myself and those younger have in conditions that they have to do child labor. I thought about looking at the back of a package when shopping, even this small conscious change, and would help save a little child who was forced to do child labor.
I thought that I would like to tell others about what I learned today rather than just finishing today. I also thought about eating some chocolate after a while. (JHS Year 2)

 I heard lectures on children's labor issues in the world, especially in West Africa. I learned that 1 in 9 children in the world and 1 in 5 children in Africa are being forced to work in a dangerous environment. In addition, it seems that because parents are less conscious of education it will remain such an environment. I learned that there is a vicious circle in which a child who grew up without an education becomes an adult, they cannot get a job, and they become poor, and force their child into force labor. I thought that this situation is one direct cause of child labor why child labor will not disappear. .
The first countermeasure against child labor is to increase the wages that parents receive, and to make room for children to receive an education. The second is to spread Fair Trade goods even if it costs more. For example, when you buy the item you earn points and you get a discount coupon from companies who deal with fair trade.
Through this lecture, I learned of many ways to support poor areas, so far. I can also get involved and support without going directly to the area. I thought that I would like to be involved. (JHS Year 3)


2

3

1




グローバル講演会


 1月10日(火)の始業式後に、中学校・高等学校合同のグローバル講演会を行いました。
 今回は、NGO「ムリディジャパン・ワンラブ・プロジェクト」を立ち上げた、ルダンシングワ・ガテラ氏とルダンシングワ・真美氏を講師としてお招きしました。お二人には、東アフリカ・ルワンダで製作している義足・義手を、障害を持つ方たちに無償で配布する、その活動について、話していただきました。
 NGO「ムリディジャパン・ワンラブ・プロジェクト」は、1994年に起きた大虐殺事件を生き延び、自らも足に障害をもつガテラさんとそのパートナーである真美さんが、ルワンダの歴史的・文化的背景と虐殺からの復興を願い、1997年に立ち上げた団体です。
 生徒たちは、ガテラさんの貴重な体験と活動内容を真剣な表情で聞いていました。それぞれ様々な感想を抱き、多くのことを考えさせられた様子でした。
 講演会後、各学年の生徒が書いた感想文をいくつか掲載します。

【中学生・感想】


 「今日、ルダンシングワ真美さん、ガテラさんの話を聞いて思ったことは、今私たちが普通に学校に通えて家族が家にいるということが、日本では普通でも、他の国では普通ではないということが沢山あるということでした。正直、今日まで私はルワンダについて全然何も知らなかったし、今のルワンダがどんな状況かも知りませんでした。そして、ルワンダの人たちが他の国の人によって民族の関係を崩され、他の民族を差別するように学校で教え込まれ、国のなかで内戦が起きるような教育をされるなんて酷いことだな…と思いました。
 その内戦で手足を失い、決して楽とはいえない生活を強いられている状況を助けるために、義足を無償で提供しているルダングワ真美さんとガテラさんたちはとても凄いと思いました。そしてそういう人達を助けようとする勇気は凄いなと思いました。
 そういう状況にありながら、2000年のシドニー・パラリンピックに初めて出場したり、フランスで開催された障害者が職業で競い合う大会に出場したそうです。厳しい生活を送っていて、なかには自殺してしまう環境のなかで義足を提供して人々に勇気を与えられる仕事はとてもカッコイイなと私は思いました。
 自分たちの当たり前は他の国では違うということを心に刻んで、少しでもこのルワンダで起きた出来事とその人を救うために義足を作っている人たちの話をちゃんと受け止めて伝えることが大切だと私は思います。 
中1」


 「私は今回の講演会ではじめて『ルワンダ』という国を知りました。1994年に起きた大虐殺の話を聞き、とても衝撃を受けました。自分がまだ生まれる前、自分の知らない場所でこのような悲惨な出来事が起きていたことをはじめて知りました。植民地にされ、支配する国に間違った教育をされ、人の見た目や職業によって民族、身分が決められてしまいました。そのせいで、憎しみが生まれ3つの民族が争い、人々が殺し合う国となってしまいました。その殺し合いで、足や手をなくし、障害を負った人が今でもルワンダには80万人もいると聞き、さらに事件の大きさを感じました。
 障害者のために義足、義手を製作し無償で配布していると聞いてすごく大変なことだろうと思いました。それと同時に、自分も何かの役に立ちたいと思いました。でも私はまだ中学生という立場です。すぐ何かを支援することは出来ません。ですが、障害を負った人がたくさんいるということ、悲惨なことが起きた事など私たちには知ることしか出来ません。なので、そういう国のことを積極的に知ろうと思いました。
中2」


 「私は、以前ルワンダの虐殺について調べたことがあったため、聞いたことのある語句も多く、とてもスムーズに理解することができました。ルワンダの虐殺という歴史は、すごく昔のように感じる話ですが、23年前の話であることを聞き、近い歴史であるがゆえに、後世の人たちにも伝えていかなくてはいけないことだと感じました。特に、自分たちにはどうすることもできない社会制度により、身分が決められてしまい、それにより格差を招いたということが恐ろしく感じられました。
 今まで普通に暮らしていた人たちが身分による格差で憎しみ合うことは、もう二度と起こしてはいけないと心から感じました。そして、その虐殺により障害を持つことになった障害者の人々を支援する『ワンラブ・プロジェクト』という活動は初めて知りました。財産を持っていない障害者の方々に義足や義手を無償で提供することは、今後を変えるために必要なことだと思います。このような活動は、自主的に知ろうとしないとわからない活動なので、そのような活動に私も関わっていきたいです。 
中3」

【高校生・感想】


 「ルワンダという国について、今までは名前しか知りませんでした。1994年というと、まだそれ程、長い年月が経っているわけではありません。私の生まれる6年前にそんなことが起こっていたことを今回初めて知りました。アフリカの植民地支配については、少しは学んでいるつもりでしたが、まだまだ知らない面があることを思い知らされました。
 ルワンダで起きた大虐殺のことを、私は今まで全く知らずに過ごしていましたが、復興のため、義足を制作していることは素晴らしいことだと思いました。お金も十分に足りていないような状況で、障害者の方を支援することは難しいことだと思います。日本にも障害者問題がありますが、ルワンダで起こっているものとは少し異なっていたと感じます。それは、日本とルワンダの環境が違うからで、日本はルワンダよりも障害者への支援が進んでいるのだと思います。
 講師の先生も実際にその大虐殺を生き抜いた人だと聞き、とても驚きました。2020年東京パラリンピックに、選手として出場したいとおっしゃっていたように、とても前向きだからです。私には想像できないような辛いことがあったはずなのに、様々なことに自ら挑戦しようとする姿勢が、本当にすごいと思い、私もそのようにありたいと思いました。 
高1」


 本日の講演会で、日本から遠く離れた東アフリカのルワンダで義足・義手を制作し、1994年に起きた大虐殺事件の被害者に無償で配布しているという厳しい現状を知りました。
 義足・義手を無償で配布しているNGOワンラブ・プロジェクトは、1997年に立ち上げられテレビ番組にも紹介されたそうです。
 ルワンダの首都は中国の投資のおかげで発展して都会になりつつありますが、農家で働く人が住む田舎の方は、道路は舗装されておらず、でこぼこ道を手足がない状態で地面を這うように移動するのが現状です。また、田舎の家には、トイレが常設されておらず、不衛生なトイレにひざをついて用をたすのも厳しい現状です。その中で、NGOワンラブ・プロジェクトは、作るのに時間と技術とお金が伴う義足・義手を本人に装着して微調整を繰り返し、前のように歩けるように支援しています。日本に住んでいる僕たちには全く想像のつかない深刻な現状を理解し、NGOワンラブ・プロジェクトのように東アフリカのルワンダに限らず、視野を広く持って社会のため、世界のために力を尽くしていくことが望まれていると思いました。
 高2」


 「ルワンダの大虐殺」という言葉は聞いたことがありましたが、その概要は知りませんでした。今回、この虐殺がドイツやベルギーの勝手な植民地支配によって、国民が3つの民族に分けられ互いに嫌い合うように仕組まれ、最終的には殺し合いにまで発展していった結果であると学び、驚いたのと同時に、その犠牲者のことを考えると悲しみに襲われてしまいます。しかも、この大虐殺は、起こるべくして起こったのではなく、第三者の勝手な行動、思考によって起こったことに憤りも感じます。
 自身も足に障害を持っていながらも負けることなく、この事実を世界に知らせ、そしてこの出来事から人々を立ち直らせようとしているガテラさん、そして共に活動しルワンダの人を支える真美さんの活躍を知り、とても感動しました。特に、片足あるいは両足を失い、それまで出来た生活が出来なくなって人生に絶望している人たちに生きる希望を与えるために努めている姿がとても素晴らしく、自分もこういう活動ができる人になりたいと思いました。この目標を実現する為にも、色々なことを勉強して自分にできることを増やして人の役に立てる人になりたいです。
 真美さんたちのような大きなことはできないとは思いますが、まずは身の回りの環境改善から始めて最後には世界平和へと繋げていきたいです。ありがとうございました。
高3」


Global Studies


 After the opening ceremony on January 10 (Tue), we held a global lecture meeting for middle school and high school.
 This time, invited to lecture was Mr. Rudangingwa Gutera and Mr. Rudangingwa · Mami who both started NGO "Muridi Japan · One Love Project.” We talked about their distribution of prosthetic limbs and artificial hands, which they produced in East Africa and Rwanda, to those with disabilities and in need free of charge.
 The NGO "Muridi Japan · One Love Project" came about as a result of the massacre of 1994. Mr. Gatora himself, who has handicaps on his foot, along with Mami his partner, created the organization in 1997 in order to move Rwanda past its historical and cultural past of genocide.
 The students listened carefully to Mr. Gatora as he spoke about his precious experiences, and they listened on very intently. His words had various impressions on them and they were made to think about many things.
 Below, we will post some impressions written by the students seperated by grade.

Middle School Student Impressions:


 "What I thought about after listening to Mr. Masami Rudanningwa and Mr. Gatora today was that it is normal for us to be able to attend school as usual and for our family to be at home. However, even though this is normal in Japan, it is not so in other countries To be honest, I did not know anything about Rwanda, I did not know what kind of situation Rwanda was in, and how the people in Rwanda and other countries undergo such terrible things such as a lack of education, and hardships like schools teaching children to discriminate against other ethnic groups, and of a civil wars going on in the country.
 Mami Rudanggwa and Gatora are offering prosthetic legs free of charge to help those who have lost their hands and legs as a result of the civil wars and were forced to live a life that is by no means easy. I thought that Mr. Gutera and Mr. Gatora were very amazing. The courage to help these people is certainly amazing.
 Despite his handicapped situation, he is said to have participated in the 2000 Sydney Paralympic Games for the first time. I thought that his job was very cool and gave courage to people by providing prosthetic limbs in an environment where they live a tough life and in particular is fatally hazardous.
 It is important to think about our lives and how it is different from those in other countries and to take the events of Rwanda and its stories seriously. We should really think about events such as these.


 I first learned of the country Rwanda during this lecture, listening to the story of the massacre that occurred in 1994. I was shocked very much to learn that before I was born that such a miserable incident occurred. The colonized and dominated countries were educated erroneously, and ethnic groups and standings were decided by people's appearance and occupation. Because of that, hatred was born, and three ethnic groups fought and Rwanda became a country where too often people killed each other. As a result of this conflict, people with disabilities in Rwanda now totals over 800,000.
 I thought about how they had great difficulty in making prosthetic limbs and artificial hands for the disabled and distributing it for free. At the same time, I also wanted to do something useful. But I am still a junior high school student. I can not do anything to help anytime soon. But we can nonetheless learn that there are lots of people with disabilities and that these disastrous things happened. So, I want to actively learn about these countries.


 Since I had studied about the genocide of Rwanda before, I remembered my past lessons and understood the presentation speeches very well.The history of the massacre in Rwanda is a story that occurred a long time ago, but listening to it is important and it is something that I have to tell future generations about because it has not been that long since it has occurred. In particular, the things that caused such an event to happen have not been completely solved to this day.
 I felt sincerely that people today typically no longer hate others due to disparity in their status. And, for the first time I learned about the activity called "One Love Project" to support people who became disabled as a result of the massacres. I think it is necessary to provide prosthetic limbs and prosthetic hands free of charge to people with disabilities who do not possess property, in order to change the future. Activities like these are activities I do not know unless I try to learn voluntarily, so I would like to engage in such activities as well.

High School Student Impressions:


 Up until recently, I only knew about the name of the country of Rwanda. I learned that in 1994 in Rwanda there was a massacre event. I wanted to learn a little more about Africa's colonial rule, but I was told that there are still unknown aspects.
 I had never known about the massacre that happened in Rwanda, and felt bad about it, but I think that it is wonderful that there are available prosthetic legs for those who have suffered as a result of the war. I think that it is difficult to support people with disabilities in such a situation where money is not readily available. Japan also has a disability problem, but I feel that it is a little different from what is happening in Rwanda. It is because the environment in Japan and Rwanda is different. I think that Japan is advancing support for disabled people more quickly than Rwanda.
 I heard that the teacher was actually a person who survived the massacre, and I was very surprised. I was surprised by his resolve to enter the 2020 Tokyo Paralympics as a player. I thought that the attitude of trying to challenge himself to various things was really amazing, and I was inspired by his actions to find a courage of my own.


 At today's lecture, I learned about prosthetic limbs and artificial limbs in Rwanda, East Africa, which is far away from Japan, and I also learned about the tough challenges to distributing them free of charge to the victims of the massacre in 1994.
 The NGO One Love Project, which distributes artificial limbs / artificial hands free of charge, was launched in 1997. The capital city of Rwanda is undergoing development due to investments from China, so urban areas are developing quickly, but in the countryside where the farmer's live, the roads are not yet paved and the roads remain uneven. Also, in rural homes, toilets are not permanently installed, so this creates a tough situation for them. The NGO One Love Project supports these communities by providing prosthetic limbs and artificial prosthesis to those who need such provisions to live a normal life. They make them for the people so that they can walk and live as before. There is a serious situation going on right now in Rwanda that we can not imagine at all since we live in Japan.


 I had heard the words "genocide of Rwanda" before, but I did not know what it meant at the time. Now, however, I learned that this was a massacre that was the result of citizens divided into three ethnic groups due to German and Belgian arbitrary colonial rule. Their rules created a society that was structured so as to create strife among the different groups and the fallout of this was the massacre. When you think about the victims of this event, sorrow comes to the mind. Moreover, this massacre should not have happened, and I feel a resentment towards the selfish behavior of the third-parties.
 Mr. Gatora who is a person who tried to help people disabled as a result of this incident. Together with Mami, they works together and to support the persons of Rwanda, informing the world of their need. He himself was handicapped in his legs and I was touched very much by his story. In particular, it is a very wonderful thing that he provides help to those who have lost one or both legs, trying to give hope to those who are desperate in life, and I also want to be a person who can do such activities. In order to realize this goal, I want to become a person who can help others by studying various things and increasing what I can do for myself.
 I think that it is impossible to do big things like Mami-san's, but I would like to start with my own personal environment improvement and eventually connect to world peace. Thank you very much.

1

2

3



第2回バラザ会議 「デンマークでのクリスマス」


 12月14日(水)集中テスト終了後に、第2回バラザ会議を北泉寮のカルチャーコーナーで行いました。
 今回は、デンマークでのクリスマスの過ごし方について、高校2年生のベンジャミンくんが話をしました。デンマークのクリスマスは、以前は宗教的な行事でしたが、現在は家族にとって一年で一番楽しい時間であること、鴨やキャラメルをかけたジャガイモを特別な食事として食べること、家族全員のことを思ってプレゼントを用意すること、プレゼントを一つ一つ開ける時の楽しみなど、写真を通して説明してくれました。
 その後、参加した生徒や教員が、前に住んでいた国や地域でのクリスマスの過ごし方について、お互いに紹介し合いました。また、色画用紙のクリスマスツリーに、それぞれ来年の抱負を書き、ツリーの飾りとしました。
 今回のバラザ会議には、初等学校の英語科教員も参加しました。話し合いの後は、ベンジャミンくんが用意してくれた手作りのデンマーククッキーをみんなで食べました。

2nd Baraaza Meeting Christmas in Denmark


 On December 14th (Wed) the 2nd Baraaza Cultur Corner meeting was held in the Hokusenryou after the students completed an intense test.
 This time, Benjamin, a senior in high school, talked about how to spend Christmas in Denmark. Christmas in Denmark use to be a religious event, but now it is about enjoying time with your family, eating duck with potatoes, special caramels and having a nice meal with the family. They give thoughtfully prepared presents to each other and open them one by one, as was shown in the photos.
 Later, students and teachers who participated introduced about how they spend Christmas in their home country and the area where they lived before. They also wrote their next year's resolutions on the Christmas tree of colored paper and decorated it the Christmas tree.
 Elementary school English language teachers also participated in the Baraaza meeting this time. After the discussion, we all ate handmade Danish cookies prepared by Benjamin

1

2

3

4



高1グローバルスタディーズ2学期


 12月8日(木)および9日(金)に、高校1年生グローバルスタディーズの2学期最後の授業を北泉寮で行いました。
前回は北泉寮でお辞儀の仕方や畳の歩き方などの所作を学びましたが、今回は、茶道を体験しました。
 お茶を点てることも初めて、お抹茶を味わうことも初めてという生徒が大勢いました。授業が、日本の伝統文化に触れる絶好の機会となりました。茶道を通して、礼儀作法だけではなく、相手を思いやる気持ちや物を大切に扱うことの意味についても学びました。


S1 Global Studies 2nd Semester


 On December 8th (Thu) and December 9th (Fri), we held the last Global studies class for the semester in the Hokusenryou.
Last time, we learned how to properly bow and sit on tatami mats but this time we learned how to perform tea ceremonies.
 This was the first time for a lot of students drank matcha. This lesson was a great opportunity for students to get in touch with Japanese traditional culture. Through the tea ceremony, we learned not only manners but the meaning of carefully treating things and others.

1

2

3

4

5


第1回 ラウンドスクエア・バラザ会議


 11月25日(金)の放課後に、ラウンドスクエアの第1回バラザ(Barazza)会議を北泉寮で行いました。
グループディスカッションの活動であるバラザ会議は、すべて英語で行われます。今回の会議には、中高生30人が参加しました。

 初めに、参加した生徒とラウンドスクエアの理念を共有しました。

 ラウンドスクエアは、国際規模で教育活動を行ってきた私立学校連盟で、全世界100校が加盟し、今年で創立50周年を迎えます。
 IDEALS(Internationalism. Democracy. Environment. Adventure. Leadership. Service)という教育の6つの柱に基づいて活動しています。
 啓明学園はラウンドスクエア候補校として認められており、年1回開催の世界大会に招かれ、今年初参加を果たしました。

 次に、感謝祭”Thanksgiving" をテーマにして、アメリカの歴史と文化について学びました。パワーポイントによる感謝祭の紹介は、アメリカ人ALTのDiego先生が担当しました。
 続いて、アメリカ人ALTのIeasha先生によって感謝祭のワークショップが行われました。会議には、カナダ人教員のElworthy先生も加わりました。
 話し合いの後は、生徒一人ひとりが感謝している現在の思いを色紙に書いて、お互いに喜びを分かち合いました。
 最後は、ターキーシチューとコーンブレッドを食べて体を温めて終了しました。

 参加した生徒の感想を紹介します。

「バラザの体験を通してRound Squareについて知ることが出来ました。Thanksgiving の歴史も学べたので良い経験ができました。ゲームやThanksgiving の食事という楽しいこともあったので、みんなが楽しめたと思います。今度はもっと多くの人を誘って参加したいです。」

「最初のバラザ会議だったので、どれだけ人が集まるか、みんな積極的に参加してくれるか心配でした。だけど、予想以上に集まってくれて、しかも楽しそうに参加していたので成功したと思います。Thanksgivingについては学校であまり扱わないので、他文化を知るという面で勉強になりました。またアメリカに住んでいた生徒もその体験を少し紹介してくれて、帰国子女の多い啓明ならではの会議だと実感しました。国際生も、一般生も、平等に参加できるようなミーティングをこれから行なっていきたいです。」

1

2

3

4

5

6

7

8



中学3年 アイルランド夏季体験学習発表


 11月24日(木)は初等学校の朝の会で、3名の中学3年生がアイルランド夏季体験学習の発表をしました。
 それぞれが、アイルランドで学んだ教会の歴史、食文化そして現地での交流について、パワーポイントを用いての発表でした。3名は、全員初等学校出身の生徒です。スクリーンに映し出されたアイルランドの食事や風景を観て児童達は喜んでいましたが、発表を観て一番感激していたのは、生徒それぞれの成長を確認した初等学校の教員達でした。


3rd year Middle School Ireland Summer Experience


 November 24th (Thursday), during the morning meeting at the elementary school, three junior high school 3rd year students made presentations about their summer learning experience in Ireland.
 Each student talked about the history of the churches, the food culture and local exchanges they had in Ireland. The children enjoyed looking at the Irish landscape and meals, but the most exciting thing about the presentation was the elementary school teacher who confirmed how much the students had grown.

1

2



高校グローバル講演会


 11月21日(月)のロングホームルームの時間にグローバル講演会を多目的ホールで行いました。
 前半は、高校2年生の遠藤さんが10月にドイツで行われたラウンドスクエア国際会議について、後半は高校3年生の矢羽羽さんが8月にコーネル大学で行われたサマープログラムについて発表しました。2人の生徒は、自分から世界に出ていき、学びに対して積極的になることの大切さについて全校生に伝えました。
 発表を聞いた生徒の感想を紹介します。

 「ラウンドスクエアの活動は素晴らしいと思いました。なぜなら、人種差別をせず、多様な人種と対等に触れ合うことができると思ったからです。近年、人種や宗教の対立が強まっています。こんな中で人種には差が無いことを理解できることは良いと思いました。遠藤さんの体験を聞くと、人種差別が横行している世の中がくだらないと思われました。「文化の壁を架け橋にする。」この言葉は今の世の中に、もっと広めていきたいです。偏見という概念を変えることができるかもしれません。なぜなら、文化の壁を無くした上で架け橋をつくることで、互いの文化、理想、価値観を共有し合うことができると思ったからです。文化の壁はまだあるので、私は他国と交流できるボランティアなどに積極的に参加したいと思います。
  矢羽羽さんは、グローバルで一番必要なものは、「1人ひとりの存在」と言っていましたが、私は「グローバルとは」という疑問を自分に投げかけるべきだと思います。1人ひとりの存在がたとえ小さくても大きくても、世界の繋がりを意識しなければ、世界が繋がることはありません。世界が繋がらなければ、文化の壁や人種差別も無くなることはないと思います。」 高1 男子

 「遠藤さんは、偏見を持っているつもりが無くても、話す言語や人種が違うとそういう風に見えてしまうと言います。それは私も感じました。例えば、発表中に話していたイスラム教徒の女の子が一番良い例だと思います。いつもそう考えているつもりが無くても、新聞やニュース、周りを通じて入ってくる情報から「この人は危ない」や「こういう人種は危ない」などという偏見を持ってしまうことがあると思います。悪いニュースを聞いていたイスラム教徒や他の宗教をも受け入れないとこの場合でも考えていました。このようなすれ違いは、人と人との間で必ず生まれてくるものだと思います。自分の視野の狭さに気づかされたと話していましたが、その通りだと思います。小さな学校、閉ざされた国の中にいると、自分のことしか考えられず、自然と視界が狭くなっていると思います。
 コーネル大学の報告では、英語だけが大切な訳ではないということが分かりました。たとえ英語を話せたとしても、1人ひとりがしっかりと自分の意見を言うことが必要だと分かりました。また、中国人の例があったように、そのような世界の場で、はっきりと自分の意見を他の人と共有していくことが是非とも、必要になると思います。海外に目を向けて見るということは、様々な方法があると思いますが、私も自分に出来ることを捜し、考えていきたいと思います。1人ひとりが自分の意見を世界に発信していくことがグローバルな世の中につながると感じます。」 高1 女子


High School Global Studies Lecture


 We held the class in the Multi-purpose room on November 21st (Monday) during homeroom.
 For the first half, second year high school student, Ms. Endo, talked about the Round Square conference held last October in Germany. After for the second half, Ms. Yahaba presentation about her time at a summer program held at Cornell University this past August. These two students went out to see the world for themselves and told all the students about the importance of becoming active in learning.
Below are the impressions the students had of the presentations.
 “I thought the Round Square activity was amazing. Because it made it possible to meet people of diverse races without discrimination. Racial and religious confrontation has increased in recent years. I thought it was good understand that there is no difference among each other. When I heard Endo’s speech, I thought that racism around the world was rampant. ‘I will build bridges between cultures’ is the words I would like to spread across the world. You may be able to change someone’s prejudice. I think that building a bridge to diminish cultural barriers allows us to share each other’s culture, ideals and values. I still have some cultural barriers, so I would like to actively participate in volunteer activities, etc, where I can interact with people from countries.
Yahaba said that most important thing in the world is “the life of each person”, but I think i should ask myself a more “global” question. Even if each individual's existence is small or large, unless you are conscious of the ties in the world, the world will not be connected. If the world does not connect, I think that cultural barriers and racial discrimination will not go away.” Yr 1 Male HS Student

 “Endo said that it seems that if the language and race are different, you form a prejudice. I felt the same. I think the Muslim girl who was talking during the presentation is the best example. Even though I don’t always think that way, there are times I have prejudices such as “this person is dangerous” and “ their race is dangerous” because of the information coming from my surroundings such as the newspaper and the news. I always thought I would not accept Muslims or other religions because I heard such bad things from the news. I think that quick judgement is natural in people. I was informed that this was narrow minded, but I think it is true. When I am in a small school, in a closed country, I think only about myself. And I think this way of thinking is narrow.
From the Cornell University presentation, I understood that English isn’t that important. Even if I can’t speak English, I understand that it is necessary for everyone to tell their opinions. This was the case with Chinese fro me. I think that it is necessary for me to share my opinion clearly with others people in a global place. I feel that it is important for each and every person to let their opinions lead to a global world”. Yr 1 HS Student Female


1

2

3




高三国際理解 マイクロファイナンス(小規模融資)


 11月16日の高3国際理解の授業ではマイクロファイナス(小規模融資)について学びました。KIVAという小規模融資ができるサイトから実際に起業家に融資する体験です。KIVAを通して授業で融資するのは今年で6年目になります。今までに26か国の51の起業家に融資してきています。


 授業では、8つのグループに分かれ、グループごとに世界のどの起業家に融資したいかをプレゼンし、優先度の高い起業家に融資する取り組みをします。今年度は、カンボジア、ラオス、インドネシア、タジキスタン、エクアドル、ケニア、シエラレオネなどの起業家が候補に挙がり、話し合いました。
 その結果、村の飲料水浄化システムのために資金を求めているラオスの村が最初の融資先に決定しました。理由は、融資によって、一人ではなく、多数の村人の健康が守られるからです。
 次に優先すべきと考えた融資先は、カンボジアの米作農業に携わっている女性のグループです。生徒の中には学園のカンボジアワークキャンプに参加した生徒もいるため、現地の農村の様子がよく分かっています。
 次の融資先は、シエラレオネで、医療に携わっている女性のグループです。やはり、人々の健康につながるから優先されるべきだと同意しました。
 最後は、命に関わる女性です。タジキスタンの起業家は、息子の病気の治療のためにお金を必要としていました。

 今年度も実際に4つの起業家にコンピューター上で融資することが出来ました。生徒たちは、起業家に融資するごとに拍手をしました。


S3 Global Studies Class on Microfinance


 On November 16, 2016, in my Global Studies class, I learned about microfinance. Through a website called KIVA, we were able to experience the act of small time loaning to entrepreneurs from other countries. Our class marked the sixth year that Keimei students have loaned money through KIVA. Altogether, Keimei students have loaned money to 51 different entrepreneurs from 26 different countries.

 For our class, we were divided into 8 separate groups, and each group was tasked with finding an entrepreneur we felt could use funding. During our search, we learned about entrepreneurs from Cambodia, Laos, Indonesia, Tajikistan, Ecuador, Kenya, Sierra Leone, and many others.
 Ultimately, the class agreed that the first venture we would loan to would be a village in Laos seeking funds to purchase a water purification system. Our class reasoned that this water purification system was important and would benefit more than one person.
 Our second choice was a group of women rice farmers in Cambodia. Some of the students in the class had been a part of a school trip to Cambodia and had learned about the difficulties facing the people there.
 Thirdly, the class agreed on a group of women in Sierra Leone who were engaged in medical care. We all agreed that health and medical related initiatives were incredibly important.
The final candidate we loaned money to was a woman who’s son had taken fatally ill. We loaned her money so that she would be able to afford medicine for her son’s condition.

 It was an incredible experiencing funding these four ventures. The class applauded the experience of being able to contribute to the world.

1

2

3




第3回外国につながる子どもたちの交流会 報告


 10月29日(土)に神奈川県にある白鵬女子高校で、「第3回外国につながる子どもたちの交流会」がありました。
 啓明学園から2年A組の石 思佳さんと下谷けいあん さんが参加し、それぞれスピーチを発表しました。石さんは「心の声」というタイトルでこれまでの日本語学習とこれからの目標を話し、見事、最優秀賞を獲得しました。下谷さんは、「Just being ourself is enough」というタイトルで、タガログ語と日本語のスピーチをし、優秀賞をいただきました。二人とも練習の成果もあり、堂々とした素晴らしいスピーチでした。おめでとうございます!

The 3rd Annual International Exchange Association of Children from a Foreign Country


On October  29, of this year, at Shirao Girl’s High School in Kanagawa Prefecture, there was held the “3rd International Exchange Association of Children from a Foreign Country.”
 Two of our S2A students gave speeches at this event. “The Voice of the Heart” was the title of the speech given by our first presenter, for which she was awarded the highest prize. Our second student performed a speech titled “Just Being Yourself is Enough,” which she gave in Tagalog, as well as Japanese. She too was given an award for excellence.
 We believe that it was their hard work and practice that allowed them to give such wonderful speeches and win awards in the process!

1
堂々としたスピーチを発表した受賞者のみなさん
Winners of the speech contest portion of the event.

2
発表者全員での集合写真
Group photo with all presenters.

最優秀賞
 石 思佳(啓明学園高等学校) 「心の声」
優秀賞
 下谷 けいあん(啓明学園高等学校) 「Just being ourself is enough」
 盧 愛林(白鵬女子高等学校)「ひとつだった言語」
 李 夢圓(白鵬女子高等学校)「旅の大切さ」
 三浦 慧(白鵬女子高等学校)「夢への一歩」
努力賞
 依田 杏樹(白鵬女子高等学校)「わたしの努力していたこと」

Highest Award
 Shi Si Jia (Keimei Gakuen High-school student) “Voice of the Heart”
Outstanding Performance Award
 Shimoya Keian (Keimei High-school student) “Just being ourself is enough”



東京都国際教育研究協議会 国際理解及び国際協力に関する生徒研究発表会 報告


 10月29日(土)に東京都立両国高等学校で行われた「東京都国際教育研究協議会 国際理解及び国際協力に関する生徒研究発表会」に、3名の高校2年生が参加しました。
 この発表会には10校が参加し、それぞれの学校で行われている他国とのプロジェクトについて発表しました。
 本校の生徒は、カンボジア裁縫プロジェクト”Stitches for Riches"の活動について発表しました。自分たちの活動について、他校の生徒に知ってもらう嬉しさと共に、他校のプロジェクトを聞いて学ぶことも多くありました。
 今後は、自分達の活動を継続していくための工夫とより良いプロジェクトにしていくために、知恵を出し合って進めていきたいと思ったようです。

Presentations on International Understanding and Cooperation at Tokyo Metropolitan High School


 Three of our High School students participated in a presentation on international understanding and international cooperation at Tokyo Metropolitan High School on Saturday, October 29.
 Ten other schools also participated, each with their own presentations on the subject.
 Our students made their presentations on the activities of the Cambodian sewing project called “Stitches for Riches.” We were happy to share our knowledge with the other students, and we appreciated the opportunity to learn from them in return.

3

4




「ラウンドスクエア世界大会だより」10月16日(日)


 飛行機の出発時間に合わせて、バスに乗りハンブルク空港に向かいました。
 この1週間、世界各地から集まった生徒と教員が一緒に過ごし、友情を育みましたが、またバラバラになって母国に帰ることが不思議にさえ感じました。毎日が充実していて、生徒も教員も、グローバルに生きるとはどういうことかを実感する日々でした。
 帰国後も、生徒同士、教員同士お互いに連絡を取り合いながら、今回学んだことをしっかり活かしていきたいと思います。
 帰途も、アムステルダムのスキポール空港経由で日本に向かいました。緊張が解けて疲れがどっと押し寄せた機内でした。
 (日本時間10月17日(月)正午過ぎ 成田空港帰着)


Round Square World Conference on October 16


 October 16 marked the end of an incredible week. For a whole week, teachers and students from all over the world had gathered in one place and fostered relationships with one another, and more importantly, learned the value of a global perspective. Everyday was fulfilling, and I was able to witness teachers and students from different backgrounds get along and work together, which showed to me the value of what it means to live as a part of a global community.
 Even after returning home, I want to keep in touch with the friends I made at the convention. I also want to make use of the lessons I learned there.
 In the end, I traveled back to Japan via Schiphol Airport in Amsterdam. It was on the plane, when my excitement finally wore off, that I realized how tired I was.
 Taken the afternoon of October 17 (Monday), after returning to Narita Airport

IMG_5563
飛行機の窓から、復路の空
A window seat view of the sky outside

IMG_6753
大会参加者が去ったLouisenlund校の庭
Louisenlund School Garden




「ラウンドスクエア世界大会だより」10月15日(土)


 午前8時半に学校に集まり、Assemblyに続いて講演会が始まりました。
 最終のKeynote Speakerは Bernd Hoffman氏でした。Hoffman氏は弁護士で、特に倫理を専門にしている方です。

Keynote Speaker:Bernd Hoffman氏
 バグダッドの露店で、強い匂いのする香水を売っている商人達がいます。そこから路地を進むと、beggarが寝そべっています。ぐっすり眠っていますが、彼を起こすにはどうしたら良いでしょうか。有効な手段は、汚く臭い靴下を鼻の下にもっていくことです。すぐに効き目が現れます。私たちは、いつも同じ環境にいると感覚が麻痺してしまい、何が良い香りで、何が悪い臭いなのか分からなくなってしまいますが、それと同じです。
 世界の偉人、ガンディー、マンデラ、マザーテレサは、それぞれ国籍が異なり宗教も違いますが、一つの共通性があります。それは、彼らには鋭い良心があり、何が真理であるかを知っているということです。どのようにしたら、このような倫理性のある精神が生まれるのでしょうか。“魂の目を”持つことが大切です。
 私たちは砂漠にいるロバであると考えてみましょう。このロバは、目の前のニンジンは見えますが、自分の尻尾は見えません。背後に羽のある天使がいても、確認する術を知りません。振り向いても尻尾を左右に振らない限り、自分の尻尾を確認することすら出来ません。視界が狭いので、見られないのです。まして天使の姿には気付きません。
 Insight(洞察力、見識、理性)を害するのは、お金、性欲、テクノロジーそして権力です。特に、集団的権力について例をあげると、ナチスが過去にしたことを思い出して下さい。1,600万人の子供がナチスによって殺害されました。人々が、正しい目を持っていなかったので、このような集団的暴虐が起きてしまったのです。これは、現在でいうとISISの行為とも言えます。
 私たちは、自分に向き合い、自分の持っている弱さ、偏見、無関心などを見直す必要があります。人は、生まれた時から良心を持っている訳ではありません。環境によって良心を育てなければいけないし、鋭い良心を育むことは自分自身への挑戦でもあります。良心を育てるには、心の中で自分に何が必要で不必要なのかを峻別することから始まります。グローバル化が益々進む現代、私たちの周りにはインターネットの情報が溢れています。しかし、情報は選び取る眼を持たなければ、良いものは得られません。自分との関係性や向き合い方を考える姿勢が必要です。溢れる情報に浸かっているだけでは本質は見えません。良心の質を深めるために、文学作品を読むことをお勧めします。文学には徳を高める要素がたくさんあります。精神を腐らせないために、鋭い良心や倫理性の高い精神を獲得するためには、文学作品を読むことがとても有効な手段なのです。

閉会式
 期間中に、タイの国王が亡くなられたので、閉会式の前に追悼の意をこめて黙想をしました。
 その後、閉会式の冒頭に、Louisenlund校の食堂スタッフ、管財、警備、教員、生徒たちが順にステージに上がり、今回の大会がこれらの人々の支援協力のもとに運営されていたとの紹介がありました。
 次に、理事のメンバーが代表して、ホスト校への感謝の言葉を述べました。また、理事会の報告として、これから更に学校を増やしていくのか、会員校の制限をどのようにしていくのか、現在行われているCambridge大学と連携した教育研究の他に、ラウンドスクエアを通して生徒が成長する過程を研究する大学を増やす必要はどうかなど、今後の方向性についての話がありました。
 結びに、コンスタンティン元ギリシャ国王からのスピーチがありました。ラウンドスクエアは50年前、クルト・ハーンの理念のもとに少数の私立学校が集まって始まったものです。現在は参加校が増えて、750校が同じ教育理念を共有しています。生徒の皆さんは、自分の学校に帰ったら、必ず周りの友人生徒に今回の体験と学びを伝えてほしい。そして参加教員は、来年南アフリカで行われる国際大会までに、今回学んだことを各学校で生かす活動をしてほしいとの要望を述べられました。
 閉会式の最後は、各校の生徒が学校の旗を持ってステージを行進し、来年度のホスト校である南アフリカの学校にバトンが渡されました。素敵なエンディングとなりました。

 夜は、会場でFinal dinner(夕食会)があり、ホスト校の生徒たちがウエイターやウエイトレスになり、食事を運んでくれました。その後は、20:00から会場の半分がディスコ会場になり、生徒たちはディスコを楽しみました。全ての催しが終わり宿泊先に帰ったのは日付が変わる頃でした。


Round Square World Conference on October 15


 We got together at the school at 8:30 in the morning and a lecture started following the Assembly. The final Keynote Speaker was Bernd Hoffman. Mr. Hoffman is a lawyer, who specializes in ethics in particular.

 In Baghdad's stalls, there are merchants that sell perfume with a strong smell. When you go down the alley from there, a beggar is lying down on the ground. He is sound asleep, so what should I do to get him up? An effective answer would be to bring a dirty, smelly sock under his nose. It would certainly make a strong impression. When we are always in the same environment, my sensation gets paralyzed, I do not know what is a good smell and what is a bad smell.
 The great men of the world, Gandhi, Mandela and Mother Theresa each have different nationalities and different religions, but there is one commonality. They have a sharp conscience and know what is the truth. How do we create such an ethical spirit? It is important to have "the eyes of the soul."
 Let us consider that we are donkeys in the desert. You see carrots in front of you, but you can not see your own tail. Even if there is an angel with feathers behind you, you do not know the techniques to check. Even when turning around, you can not check your tail unless you swing the tail side to side because your field of vision is narrow. You do not even notice the figure of an angel.
 It is money, libido, technology and power that harm Insight (insight and reason). For an example of collective power, remember what the Nazis did in the past. 16 million children were murdered by the Nazis. Because people did not have have the right perspective, such collective violence occurred. This can be said of ISIS at present.
 We need to face ourselves and review our weaknesses, prejudices, indifferences, etc. People do not have a global conscience from the moment when they are born. It is a challenge to ourselves to nurture a conscience according to our environment and to nurture a sharp conscience. To raise one’s conscience awareness begins with distinguishing what is necessary and unnecessary to oneself. In the modern world where globalization continues to increase, information via the internet can be overwhelming. If we do not have the right eyes or mind to pick up the right kinds of information, we can not grow. I need to think about my relationships and confront myself. Just being immersed in overflowing information will not allow me to see the essence. In order to deepen the quality of one’s conscience, we recommend reading literary works. Literature has many elements that can raise one’s virtues. Reading literary works is a very effective means to acquire a sharp conscience and a high moral spirit so as not to spoil the spirit.

Closing Ceremony

 I meditated during a memorial service right before the start of the closing ceremony.
 After that, at the beginning of the closing ceremony, there was an introduction by the cafeteria staff of the Louisenlund school, as well as its administrative staff, security staff, teachers, and even students. They went up on stage in order, and we thanked them for this event which was only made possible thanks to their hard work and support.
 Next, on behalf of the members of the directors, I gave thanks to the host school. Also, the Board of Directors reported that they were planning to increase the number of schools involved in the program. They also talked about the restrictions involved in becoming a member school, in addition to an educational research collaboration with Cambridge University currently being conduct. There was talk about future plans, such as whether to increase the number of universities to study the process of growth.

IMG_6693
講演会で話すBernd Hoffman氏
Bernd Hoffman, giving his presentation.

IMG_6695
閉会式を前に、校旗を広げて
Taken before the start of the closing ceremony.

IMG_6699
閉会式で校旗を捧げて行進
Taken during the closing ceremony.

IMG_6773
夕食会での歓談
A conversation at the party.

IMG_6780
夕食会会場にて充実の笑顔
Big smiles during the dinner party.

IMG_6783
会場で仲良く肩を並べて
Taken at the convention hall, a friendly shoulder to shoulder pose.




「ラウンドスクエア世界大会だより」10月14日(金)


 8:30のAssemblyに続いて、すぐ会議が始まりました。ギリシャの王族であるコンスタンティンご夫妻が会場に来られたので、先ず全体に紹介がありました。次いで、4人目の講演がありました。

Keynote Speaker:Saria Smakieさん
 シリアの内戦に巻き込まれた高校生の講演を聞きました。彼は、中学3年生の時にシリアのアレッポにいました。カナダのモントリオールで生まれたのですが、6歳の時に両親の母国であるシリアに住み移りました。ジャーナリスト志望のSariaさんは、高校生の時に、シリアの状況について疑問を持つようになり、国内で起きている紛争の内情についてレポートにまとめていました。そのため、ある日スパイ容疑で捕まり、拷問を受けました。2回捕縛されましたが、奇跡的に命は助かりました。彼は、高校教育を諦めて18歳の時にヨルダンに逃れました。その後、ラウンドスクエアに加盟する英国の高校で、中断されていた教育を再開しました。
 彼は自分の辛い経験を元に、ひどい環境にあっても人を信頼することが大切だと語ってくれました。また、憎しみがお互いの憎しみを増幅させるため、人を許すことが如何に大切かについて熱く語りました。どんなに苦しい状況にあっても、前に進むには他者を許すことから始まるとの確信を持っていました。シリアの難民についてできる支援は何?という質問に対して、自分の置かれている場で、出来ることから始めることが大切だと応えていました。彼は今、難民キャンプにいる子供たちに、コンピューターを使って英語やスピーチなどを教えているそうです。

 ランチ前、学校にあるお城を背景に記念撮影をしました。参加している500人(生徒350名+教員150名)が一緒の集合写真です。昼食後、5人目の講演者である元英国軍人John Deverell氏の講演を聞きました。
 Deverell氏の講演は、他の講演者のスタイルと異なり、リーダーシップとはどうあるべきかについて、生徒たちの考えや意見を会場から取り上げながら、自分の考えを伝えてくださるものでした。まるでサンデル教授の白熱教室のようでした。
 リーダーシップとは、他者を信頼することだが、他者からも信頼されるべき存在でなければいけない、リーダーは失敗することもあるが、そこから改善を図る責任があることなどを共有しました。
 また、チームワークを大切にし、しっかり準備をし、勇気をもって任務にあたるべきだとの意見が生徒からありました。
 さらに、リーダーは、コミュニケーションスキルをもち、話し合いの時に反対意見が出たとしても、拒否するのではなく、歩み寄りも必要であるとの考えを確認しました。
 最後に加えられたのは、リーダーは安全を確保し、リーダーであることの自覚を持って全体を指揮するという要素でした。

 夕食後は、ホールのステージ上で文化紹介をしました。各国の生徒が事前に準備してきた歌や踊り、楽器演奏などを披露しました。
 遠藤さんも、八雲学園の二人の生徒と一緒にアカペラで「秋」を歌い、その後お面をつけて踊りました。出発前に、以前劇団四季にいた方に指導していただいた作品です。静かなアカペラからリズミカルなダンスに変化し、完成度の高さが観衆を魅了していました。 どの発表も自国の文化とプライドが現れ、とても素晴らしいものでした。多くの異なる文化を持っている生徒たちが一堂に会して1週間を過ごす、このラウンドスクエアの取り組みの素晴らしさと必要性を改めて感じました。


Round Square World Conference October 14


 Following the 8:30 am assembly, a meeting soon began. Constantine, the royal family of Greece, came to the venue so there was an introduction. Then, a lectured followed by Saria Smakie, quoted below.

Keynote Speaker: Saria Smakie
 “There was a High School student who got involved in the Syrian civil war. He was in Aleppo, Syria when he was in third grade of Junior High School. I was born in Montreal, Canada, but when I was 6 I moved to Syria, the mother country of my parents. Saria, a journalist aspirant, began to question the situation of Syria when he was a high school student and summarized the internal circumstances of the conflict occurring in the country. As a result, he was caught by a spy one day and was tortured. I was caught twice, but miraculously my life was saved. He gave up on high school education and fled to Jordan at the age of 18. After that, at a UK High School which was also a member of round square, we restarted our interrupted education.
 He told me that it is important to trust people even in a terrible environment. Also, as hatred amplifies each other's hatred, he told us how important it is to forgive people. No matter how painful the situation was, I had confidence that I would start forgiving others and move forward. What can be done about Syrian refugees? In response to that question, I responded that it was important to start with what I could do in my area. He taught kids in refugee camps about computers and English and speech.”

 Before lunch, we took a memorial photo with the castle in the school backdrop. 500 participants (350 students + 150 teachers) are in the group photo together. After lunch, I heard the lecture of former British soldier John Deverell, the fifth speaker.
 Mr. Deverell's lecture, unlike the style of other lecturers, conveyed his ideas while asking for the thoughts and opinions of the students from the venue on what to do with leadership. It was as if it was Professor Sundel's incandescence class.
 Leadership is to trust others, but we have to be trusted by others. Leaders may fail, but sometimes we share responsibility to improve from there.
 Also, students cherished the teamwork, and prepared well. They were told that they should engage in duties with courage.
 In addition, a leader has communication skills and if a disagreement comes up at the time of discussion, a compromise is also necessary.
 Lastly, he added was that a leader secured safety and commanded the whole with the awareness of being a leader.

 After supper, I introduced Japanese culture on the stage of the hall. We all showed songs and dances, instrumental performances, etc, which were prepared by students from each country in advance.
 Mr. Endo also sang "Autumn" with a cappella with two students at Yakumo Gakuen, then danced. From quiet acapella to rhythmic dance, the high degree of completeness attracted the audience. Everyone showed their culture and pride, and it was very wonderful. I felt once again the wonderfulness and necessity of this roundsquare effort and appreciated that students could come from many different cultures and still get along very well for a week.

IMG_6556
Keynote speakerと共に
With the Keynote speaker

IMG_6612
コロンビア生徒のダンス
Colombian students’ dance

IMG_6623
日本の歌と踊り
Japanese song and dance

IMG_6651
インド生徒のダンス
Indian students’ dance

IMG_6594
トルコの生徒
Students from Turkey

IMG_6602
南アフリカの生徒
South African Students




「ラウンドスクエア世界大会だより」10月13日(木)


 朝8:30、毎日Assemblyから1日が始まります。皆が会して打ち合わせをし、それぞれのメニューに移るのです。
 今日のプログラムは、生徒はAdventure Day、教員はハンブルク郊外への小旅行です。
 遠藤さんは他国の生徒と共にボートに乗り、一日セーリングを楽しみました。湖上からドイツの街並みを眺め、一緒に乗った生徒たちと語り合う機会を持ちました。鍵は積極性です。物怖じしないことです。
 因みに、コミュニケーションが可能な英語力は不可欠です。
 教員は、学校からバスで2時間以内にある名所旧跡に30人ぐらいのグループを構成して出かけました。グループのメンバーは、色々な国の教員が混ざるように編成されていました。私は、西側にある海岸に向かうコースで、船に乗って国立公園の島を訪れました。この島の住民は、現在は9人だけとのことでした。Louisenlund校の先生も一緒に行動してくださり、生息している動物や植物と島の歴史についての説明を伺いました。今日も、より多くの国の先生方と情報交換をするように努めました。

Round Square Global Meeting 10/13 (Thursday)


 Everyday at the Assembly at 8:30 am everyone gathers and makes arrangements and head towards the programs.
 Today's program is an Adventure Day for the students, and an excursion to the Hamburg outskirts.
 Endo took a boat with students from other countries and enjoyed the day sailing. I saw the streets of Germany from the top of the lake and had many opportunities to talk with the students who rode with me. The key is to be outgoing. Do not be afraid.
 By the way, communication skills are essential.
 The teachers went out with a group of about 30 people to the historic site which is two hours by bus from the school. The members of that group were organized so that teachers from various countries were mixed. I went on a boat and visited the island of the national park towards west coast. There are only 9 residents of this island. The teacher from Louisenlund also worked together with them and gave an explanation about the history of the native animals and plants and the island. Today, I also tried to exchange information with teachers from more countries.

IMG_6762
ボートでの遠藤さん
Endo at the boat

IMG_6764
ボートからの景色
View from the boat

IMG_6766
他国の生徒と仲良く
Becoming friends with international students

IMG_6445
教員グループも多国籍
The teacher program was also international

IMG_6489
国立公園の島にある建物
Building on the National Park Island

IMG_6457
島の説明を聞く教員グループ
Group listening to an explanation




「ラウンドスクエア世界大会だより」10月12日(水)


 午前中のプログラムで、生徒たちはService activityの奉仕活動に出かけ、教員は全体会議に参加しました。
朝8時半に学校に集合し、生徒はグループに分かれて海岸へ、森林へ、難民保護施設へと奉仕活動に向かいました。遠藤さんは海岸でゴミを拾う活動に参加しました。
 教員の全体会議はホールで行われ、コロンビア、インド、オーストラリアから1校ずつ、ラウンドスクエアの理念を学校でどのように実践しているかについて、実践例の具体的な紹介がありした。昼食後も、5つの学校(南アフリカ2校、英国・カナダ・ケニア各1校)から実践例が紹介されました。
 ティーブレークを挟んだ後、地域会議があり、アジア・オセアニア地域に位置する学校の集まりに参加しました。

午後のプログラムでは、2名のキースピーカーの講演会に、生徒・教員全員が参加しました。 一人目のキースピーカーはManfred Spitzer博士で、講演は14:45から始まりました。タイトルは「The Journeys that makes us」でした。Manfred氏は心理学と精神医学の研究者で、医師の視点から「脳を使うことの大切さ」について話しました。この講演を通して、博士は「脳にある知識があなた自身をつくることになる」と訴えていました。
 夕食後の20:00から、二人目のキースピーカーによる講演がありました。演者はヤンググローバルリーダーとして選ばれた女性で、Souad Mekhennetという名のジャーナリストでした。彼女は、トルコ人の母親とモロッコ人の父親に育てられ、現在はドイツのテレビ局のニュースレポーターとして活躍しています。
 9.11の事件後、反イスラム教の世界的な動きに対して、彼女は偏見を無くすための活動を行っていて、その体験をとおしての強烈な講演でした。
彼女は、9.11の実行犯が皆、かつて彼女と同じ時期にハンブルグで学んでいたイスラム教の人達だったことを知り、偏見を払拭するためには自分がアクションを起こさなければならないと決意したとのことです。
 彼女は、ジャーナリストとしてエジプトに赴いた際、エジプト警察に捕まりました。取材のために持ち歩いていた「ナチスに関わったドイツ人がエジプトに逃れていたことを証明する書類」が逮捕理由でした。刑務所では目隠しをさせられ、恐怖の中での一夜を過ごしたそうです。取り調べは、調査続行をストップさせるための、脅迫行為に他ならないものでした。彼女は釈放された後に、一旦ドイツに帰国しますが、取材をあきらめることなく、一ヶ月後には再びエジプトに立ち戻り、調査を続けたと言います。
 彼女はまた、ISISのジハリ・ジョンについてジャーナリストとして自分の名前を公表するかどうか迷った時もあったものの、イスラム教の女性として、またジャーナリストとして、公表すべきだと判断してそうしたと明言します。人生には、時に大きな判断を強いられる時があり、その時に「自分の信念を固く持ち、くじけないでほしい」と彼女は訴えました。

Round Square Global Meeting 10/12 (Wednesday)


 In the morning, the students went out to their service activities, and the faculty participated in the general meeting.
At 8:30 in the morning, the students gathered and were divided into groups, headed for the coast, to the forest, and to a refugee protection facility. Endo participated in the coast garbage collection activity.
The general meeting for the teachers was held in the hall and introduced practical examples on how to practice the ideas of Round Square at our school. A school from Colombia, India, and Australia were used as examples. After lunch, practical cases were introduced from five schools (two in South Africa, one in UK, Canada and Kenya).
After the tea break, there was a regional conference and I participated in the Asia-Oceania region.
In the afternoon, all students and faculty members participated in lectures given by two keynote speakers. The first keynote speaker was Dr. Manfred Spitzer and began at 14:45. The title was "The Journeys That Makes Us." Mr. Manfred is a researcher in psychology and psychiatry and talked about "the importance of using the brain" from the perspective of a doctor. Through this lecture, the doctor emphasized that "The knowledge you have inside you mind will make you the person you are."
Dinner was at 20:00 and after that there was a lecture by the second keynote speaker. A journalist named Souad Mekhennet was a young global leader. She was brought up by a Turkish mother and a Moroccan father and now works as a news reporter for German television stations.
After the incident on 9/11, she began activities to eliminate anti-Muslim global movements, and it was an intense lecture about that experience.
She learned that all 9/11 executing offenders were Muslim people who were studying in Hamburg at the same time as her, and that is when she decided that she would take action to eliminate prejudices against Muslims .
She was caught by Egypt police when she went to Egypt as a journalist. She was conducting interviews for a documentary about "Documents that prove that the Germans involved with the Nazis had escaped to Egypt" and that is why she was arrested. In a prison she was blindfolded and spent the night in fear. The interrogation was nothing but intimidation to stop the interviews. She would return to Germany after being released but said that she did not give up the interviews and returned to Egypt a month later and continued the investigation.
She talked about when she decided to publish a book about ISIS's Jihali John, as a woman of Islam and also as a journalist, although she was conflicted about if she should publish under her real name. In life there are times when you are forced to make big decisions and at that time, she appealed, "Please do not give up on your own beliefs. Do not let go."

1
各国生徒との交流
Interaction with international students

2
各国の生徒たちと
With students from different countries

3
校旗の前で
Next to the school flag

4
講演会前の生徒たち 
Students before the lectures

IMG_6420
Manfred Spitze博士
Dr. Manfred Spitze

IMG_6421
ジャーナリストSouad Mekhennetさん
Journalist Souad Mekhennet




「ラウンドスクエア世界大会だより」10月11日(火)


 午前8時半からラウンドスクエア候補校対象のオリエンテーションがありました。今年から理事に就任したRacheal Westgartさんから、ラウンドスクエアの基本的理念と活動についての説明を受けました。冒頭、「現在、ラウンドスクエアには5大陸から70ヶ国に及ぶ私立学校が加盟しており、今回の大会には500人の教員と生徒が参加しています。二日前には、スイスでやはり500人の教員と生徒が参加して国際大会が開催されています」と、今年の世界大会について紹介がありました。
 午前9時45分からホールで開会式が始まりました。参加校の代表生徒が一人ひとり、それぞれの学校の旗を持って、ステージ上まで行進しました。遠藤さんも本校の新しい旗を掲げ持って、務めをしっかり果たしていました。厳粛なセレモニーとなりました。
 開会式後は、休憩をはさんで、ラウンドスクエアの理念に関わる講演会がありました。

Keynote Speaker Ben Saunders氏 ★ラウンドスクエアの理念の一つ:「冒険」
 北極および南極探検家であるBen Saunders氏が最初の講演者でした。2年前に探検した南極での様子をスライドで示しながら、実際はどのようなものだったかを話して下さいました。
探検にはチームワークが不可欠で、信頼とお互いの性格、能力と体力についての理解がとても重要とのこと。目的地に着くまでは何か特別な刺激があるわけではなく、毎日が厳しい自然と自分との闘いだったそうです。
 特に力を入れて話されたのは、目的地に着くまでの過程で、どう自分自身に向き合い続けられたかが岐路となるとの点でした。目的地に着くと何か特別な賞品が待っている訳ではないのです。お腹が空くことや、厳しい気温や天候も決定的な障害にはならず、一番の敵は、自分自身の中にいたそうです。恐れや自分に対しての不信感が最大の妨げになるそうです。自分で決めたことをやり遂げるという信念と、仲間への信頼こそが「目的地に辿り着く鍵となる」と訴えておいででした。
 人は皆、異なる「冒険」と向き合って生きています。それぞれが自分の掲げた目標を達成するために、Ben Saunders氏の講演から学ぶことが多いと感じました。

 昼食後、教員と生徒は異なるプログラムに参加しました。教員は会議に入り、生徒は外で、お互いを知り合うためのアクティビティをしました。
 夕食後は、皆がホールに集まり、生徒たちが明日行う海岸のごみ拾い(奉仕活動)と、森林保護のためのビデオを視聴しました。
 午後9時過ぎには全てのプログラムが終わり、それぞれのホームステイ先に帰って行きました。長い一日でしたが、とても充実した一日となりました。

Round Square Global Meeting 10/11 (Tuesday)


 There was an orientation for round square chool candidate schools at 8:30 in the morning. . Racheal Westgart, who became the director this year, gave explanations about the basic ideals and activities of round square. “Currently, private schools ranging from 5 continents and over 70 countries are members of round square, and 500 teachers and students are participating and attending this conference. After 2 days in Switzerland, 500 teachers and students participated and held an international convention.”
 The opening ceremony began in the hall from 9:45 am. Representative students of participating schools held flags of their respective schools and marched to the stage. Endo also held up the new flag of our school and played the duty firmly. It became a solemn and beautiful ceremony.
 After the opening ceremony, there was a lecture about the idea of round square with breaks in between.

Keynote Speaker Ben Saunders ★ One of the Philosophies of Round Square: "Adventure"
 “The Arctic and Antarctic explorer, Ben Saunders was the first speaker. He talked about what it was like when he explored Antarctica two years ago.
 Team work is indispensable for exploration. Understanding and trusting each other's character, ability, and physical strength is very important. There is not any special stimulus until we arrive at the destination, but every day seems to be a struggle between ourselves and the harsh nature.
 Especially at crossroads. I continued to face my obstacles and preserve. When arriving at my destination, no special prizes were waiting for me. The hunger, severe temperature and weather are not the only obstacles, my first enemy was myself. It is said that fear and self-doubt are the biggest hinderance. Believing that we will accomplish what we came to do and confidence in our friends is "the key to reaching our destination.”
 Everyone is faced with a different 'adventure'. I felt that I learned a lot from Mr. Ben Saunders' lecture about what is needed in order to achieve your goals.”

 After lunch, teachers and students participated in different programs. The faculty joined in the conference and the students worked outside and got acquainted with each other.
 After dinner, everyone gathered in the hall and students watched coast garbage collection (service activities) and videos about forest preservation.
 All the programs were over after 9pm and we went back to our homestays. It was a long day, but it was a fulfilling day.

4
開会式
Opening Ceremony

5
校旗を掲げてステージへ
Placing the school’s flag on stage

1
勢揃いした校旗
Collection of flags

2
グループ演奏
Group performance

3
Tea break 語らいの時
Tea break: time to chat




「ラウンドスクエア世界大会だより」10月10日(月)


 午前10時過ぎにホテルをチェックアウトして、ラウンドスクエアのスタッフが待機するハンブルク空港に向かいました。空港に着くと、上海とオーストラリアから到着したグループが待っていて、一緒にバスに乗り込みました。早くに着いた学校の教員と生徒が既にバスに乗っていました。私、関根は、ケニアから来た教員の隣に座り、すぐにお互いの国や学校について情報を交換しました。遠藤さんは、オーストラリアの学校の教員の席の隣に座りました。
 ハンブルク空港からLouisenlund校へは約1時間半の移動でした。とても美しいキャンパスを持つ学校で、海の近くにありました。受付で学校名を伝え、国際大会で必要となるプログラム、懐中電灯、お揃いのTシャツなどを受け取りました。その後は、生徒と教員は別行動となります。遠藤さんはインドからの高校生と、私はやはりインドからの教員と昼食を共にすることになりました。私は、食堂でトルコ風カレーとサラダ、果物をいただきした。
 昼食後はLouisenlund校の校長先生に学校内ツアーをしていただきました。Louisenlund校の建物は昔、デンマークの公爵によって夏の避暑地とする目的で建てられたものです。小学校から高校まであり、約550名の生徒が学んでいる男女共学の私立学校です。啓明学園より少し規模の小さな学校です。敷地内には寮もあり、ドイツの様々な地域と海外から来た生徒が一緒に学んでいます。
 午後6時からホールで歓迎夕食会がありました。参加している教員たちとの顔合わせがあり、途中6時半からは、明日行われる開会式のためのリハーサルも並行して行われました。遠藤さんは、ステージ上で啓明学園の旗を持って並ぶ練習をしていました。
 その後、私はホストファミリーの迎えに応じて車で移動しました。お世話になるご家庭は、ご主人がドイツ人で奥さんはイタリア人のご夫妻でした。ホームステイ先では、やはりラウンドスクエア候補校であるアルゼンチンとインドからの教員が同宿でした。
 ラウンドスクエアは、様々な国の人々と交流ができると聞いていましたが、全くその通りです。今日一日だけでも、10か国以上の人々に出会って話しました。ラウンドスクエアを長年運営している方は、国連は現在あまり機能していないが、ラウンドスクエアは世界共通の学びをし、お互いに高め合うことのできるプログラムだと自讃していました。
 明日から始まるプログラムがとても楽しみです。

Round Square Global Meeting 10/10 (Monday)


 We checked out of the hotel after 10 am and headed for Hamburg Airport where the Round Square staff waited. When we arrived at the airport, groups arriving from Shanghai and Australia were waiting for us on the bus. The teachers and students from those schools arrived earlier . Mrs. Sekine sat next to a teacher from Kenya and soon exchanged information about each other's country and school. Endo sat next to a teacher from a school in Australia.
 It took about an hour and a half to travel from Hamburg Airport to Louisenlund. Louisenlund has a very beautiful campus, near the sea. I gave the name of our school to the reception desk and received programs, flashlights, matching T - shirts, etc., all required at the international convention. After that, the students and faculty members congregated. Endo and I had lunch with a student and teacher from India. I had Turkish style curry, salad and fruit from the dining room.
 After lunch, the principal of the Louisenlund school gave us a tour of the interior of the school. Louisenlund school was built by the Duke of Denmark long ago to use as a summer resort. It is a private school for Elementary school and High School, with about 500 students studying there. It’s a little smaller than Keimei. There is a dormitory on campus where many students from Germany are boarding.
 There was a welcoming dinner party in the hall at 6 pm. There was a meeting with the participating teachers, and from 6:30, a rehearsal for the opening ceremony which would be held tomorrow at the time same. Endo was practicing lining up with the flag of Keimei on stage.
 After that, I rode in a car to meet my host family. The husband was German and his wife was Italian. At the homestay location, faculty members from Argentina and India, which are also candidates for Round Square, were still at the university.
 I heard that Round Square interacts with people from various countries. Just today, I met and talked with people from more than 10 different countries. Those who have been participating in Round Square for many years, and have proclaimed that Round Square can enhance the global community.
 I'm looking forward to starting the program tomorrow.

5
ハンブルク空港にてバス乗車
Bus at Hamburg Airport

6
Louisenlund校に到着
Arrival at Louisenlund

2

1
学校内ツアー:他校の教員たちと
Tour of the school: Other faculty members

3
Louisenlund校の校長先生が自ら案内
Principal of Louisenlund School

4
開会式のリハーサル風景:登壇する旗手の順番確認
Rehearsal of the Opening Ceremony: Confirming where the flags will be displayed




「ラウンドスクエア世界大会だより」10月9日(日)


Round Squareについて
 ラウンドスクエアは、国際規模で教育活動を行う私立学校連盟です。IDEALS(Internationalism・Democracy・Environment・Adventure・Leadership・Service)という、教育の6つの柱に基づいて活動を展開しています。年に1回、世界各国から約300名の高校生が参加する国際大会が開催されます。今年の国際大会の会場は、ドイツのハンブルクにあるLouisenlund校です。国際社会を舞台として活躍できる能力の獲得を目標に、ディスカッション・研究発表・奉仕活動・学習活動などを通じて世界各国の高校生同士が学び合います。
 本校は今年、ラウンドスクエア候補校として認められ、世界大会(10月10日18:00~15日23:00)に招かれました。グローバル教育の先駆けとして、「世界を繋ぐ教育」を提唱・実践してきた本校にとって、格好の機会と考えます。初参加の今年は、高校2年生の遠藤さんと関根教諭が赴くこととなり、10月9日(日)に旅立ちました。世界大会は、ラウンドスクエアに加盟する私立学校の代表生徒と教員が世界中から集まります。特に今回は創立50周年ということで、特別な大会となります。
 ドイツからの「ラウンドスクエア世界大会だより」(不定期)をお届けします。


「ラウンドスクエア世界大会だより」10月9日(日)
 成田空港よりオランダ・スキポール空港を経由して、無事にドイツ・ハンブルク空港に着きました。成田空港出発予定は10:30でしたが、雨のため出発が1時間30分遅れとなりました。
 スキポール空港では乗り換えの時間がほとんどなく、お願いして税関を早めに通してもらい、ゲートへも走って移動しました。それでも何とか、現地時間の6時過ぎにはハンブルク空港に降り立ちました。二人とも元気です。


Round Square Global Meeting 10/9 (Monday)


About Round Square
 Round square is a private school federation that conducts educational activities on an international scale. They develop activities based on the six pillars of education called IDEALS (Internationalism • Democracy • Environment • Adventure • Leadership • Service). An international convention is held, once a year, and about 300 High School students from all over the world participate. The venue for this year's international convention is Louisenlund School in Hamburg, Germany. High School students from all over the world will learn from each other through discussions, research announcements, service activities, learning activities, etc., with the aim of acquiring the ability to be active in the international community.
 Keimei was recognized as a candidate school for Round Square this year, and was invited to the world convention (18: 00-15: 23: 00 on 10/10). As a pioneer of global education, I think that this is a good opportunity for our school who has advocated and practiced "connecting the world through education." This was the first year Keimei participated and Endo and Mrs. Sekine of Keimei High-school will depart on October 9th (Sunday). At the global convention, representatives from each private school come together. This is the 50th anniversary of the founding making this gathering a special one.
 We will deliver information about “Round Square Global Meeting” from Germany.

"From Round Square Global Meeting" October 9 (Sun)
 We arrived safely at Hamburg Airport in Germany from Narita Airport via the Schiphol Airport in the Netherlands. The scheduled departure time for Narita Airport was 10:30, but due to rain, departure was delayed by 1 hour 30 minutes.
 At Schiphol airport there was only a short amount of time to transfer flights, so we requested that we get through customs earlier. We had to run to make sure we got our flight. Still, somehow, we landed in Hamburg Airport after 6 o'clock local time. We are both fine.

14IMG_6131
成田空港にて搭乗前に
Before boarding at Narita Airport

13
スキポール空港で乗り換えた飛行機
Transferring flights at Schiphol Airport

11


15
ラウンドスクエア
Round Square

12
ドイツの夜景
Nighttime view of Germany




グローバルスタディズ研究発表のご案内


 本校は平成26年度、文部科学省スーパーグローバルハイスクールアソシエイト校(SGHA)に指定され、本年度は3年目となりました。その取り組み状況を中間報告いたすために、下記の日程で発表会を開催いたします。
 高校1年生グローバル・スタディーズI、高校2年生グローバルスタディーズIIは今年度より必修科目となり、全高校1,2年生が学んでいます。「平和を築くために何ができるか」をテーマとして研究を行っています。高校3年生は選択科目で、平和を築くために実際に活動しているプロジェクトについて発表します。
 尚、当日は学園祭も開催されています。

この折りに、多数の皆さまにご来校いただき、ご指導ご助言を賜りたく、ご案内申し上げます。
 期日    平成28年(2016年)
         9月30日(金)および10月1日(土)
         両日ともに 13:30~15:00
 会場    啓明学園中学校高等学校 J校舎大教室(4階)
 TEL     042-541-1003
 E-mail    sekine-m@keimei.ac.jp
 概要    生徒による研究発表 高校1年生グローバルスタディズⅠ
                 高校2年生グローバルスタディズⅡ
                 高校3年生国際理解

*お問い合わせは国際教育センター関根真理までお願いします。




アイルランド夏季体験学習 一行が無事帰国しました


 8月26日(金)・27日(土)
アイルランド夏季体験学習の13日目は終日、日本への帰国の旅でした。14日目の朝、定刻の8時40分より早く、8時23分に成田空港に帰ってきました。全員、疲労はあるものの元気に笑顔の帰国となりました。お出迎えの家族の皆さんもホッとされたことでしょう。
 間もなく2学期が始まります。時差調整が大変かもしれませんが、啓明祭での体験学習報告が楽しみです。

Irish Summer Experience: Travel back to Japan


 August 26 (Fri) and 27 (Sat)
 On the 13th day of the summer experience, we spent all day traveling back to Japan. On the morning of the 14th, we got back to Narita Airport at 8:23 am, earlier than scheduled, which was 8:40 am. Although everyone was very tired, they all returned with smiles on their faces. Everyone who greeted us was so relieved.
 The second semester will start soon. Readjusting to the time difference may be difficult, but I'm looking forward to the reports about this experience at the school festival.

3
午前3時、キルケニーカレッジまで見送りのホストファミリー
3:00 am, our host family sees us off

2
スキポール空港。お店にはオランダらしく花や球根の土産物
Schiphol Airport. The shop sells Dutch souvenir flowers and bulbs

1
成田に到着のオランダ航空KL861便
Dutch Airlines KL 861 flight arriving at Narita



アイルランド夏季体験学習 第12日速報


 8月25日(木)
 今日は、午前中のESLの時間に、キルケニーにあるドンモア洞窟に行きました。かなり深い所までガイドさんの案内で下りて行き、鍾乳洞を見学することが出来ました。この洞窟は、アイルランドの洞窟では最も質の良い方解石が残っているとのことでした。
 昼食後は、聖マリア聖堂を見学しました。近年修復された美しい聖堂です。ステンドガラスの素晴らしさと、天井装飾の見事さに感動しました。
 夕方からは学校で、ホストファミリーを招いて‘さよならパーティー’をしました。生徒たちはそれぞれ、修了書とキルケニーカレッジのガイドとチョコレートのお土産をいただきました。カレッジの校長先生も参加して下さり、啓明生を通して日本のことがよく理解できて良かったとおっしゃっていました。A HISTORY OF KILKENNY COLLEGEという本が啓明学園に寄贈されました。
 2週間のアイルランドの体験は、一つひとつが新しい発見や感動であり、全ての生徒にとって素晴らしい宝物となりました。

P.S.
 アイルランドでの体験も最終日です。今晩は少し寝てから、午前3時半にはキルケニーカレッジに集合し、バスでダブリン空港に移動します。明朝7時半の飛行機でダブリンを発って、オランダのスキポール空港で乗り換えをします。そこでの待機時間は約4時間です。その後、成田行きの飛行機で約11時間半かけて帰国となります。

Ireland Summer Experience: 12th Day Preliminary Report


 Thursday, August 25
 Today, I went to the Don More cave in Kilkenny this morning. I went down to a very deep place with a guide and I was able to visit the limestone cave. The cave is said to have the best quality calcite remains of any Irish cave.
 After lunch we took a tour of St. Mary's Cathedral. It is a beautiful cathedral that was recently restored. I was moved by the splendor of the stained glass and the splendor of the ceiling decoration.
 That evening at the school, my host family invited me to a “goodbye party”. Each student got a certificate of completion, a guide of Kilkenny College and a souvenir of chocolate. The principal of the college also participated and said that Keiko was very helpful with assisting . A book named “History of Kilkenny College” was donated to Keimei.
Every week of the Irish experience was a new discovery and full of excitement, which made it a wonderful treasured experience for all the students.

P. S.
 This is our last day in Ireland. After sleeping a little tonight, I will gather at Kilkenny College at 3:30 in the morning and then take a bus to Dublin Airport. The flight from Dublin departs at 7:30 am tomorrow and then we transfer to a different plane at Schiphol Airport in the Netherlands. The layover there is about 4 hours. After that, it will take about 11 hours by airplane to return to Narita.

1
ドンモア洞窟
Don More Cave

4
聖マリア聖堂を背景に
In front of St. Mary's Basilica

6
聖マリア聖堂のステンドグラス
St. Mary's Basilica’s stained glass

3
修了書をいただく
Receiving certificate of completion

7
校長先生に墨絵をプレゼント
Presented the principal with an ink painting

2
啓明学園に頂いた本
 Kilkenny Collegeは、Jonathan Swift とGeorge Berkeley の母校です。
Book given to Keimei Gakuen.
Kilkenny College is the alma mater of Jonathan Swift and George Berkeley



アイルランド夏季体験学習 第11日速報


 8月24日(水)
 今日も隣町のカルロウにバスで移動し、午前中はフランス人の中高生と一緒に英語を学びました。今日は3つのグループに分かれて、物語を創って演じるという授業課題に取り組みました。
 啓明生も2人ずつ各グループに入り、割り振られたセリフをそれぞれに演じました。みんなで英語で相談しながら、各自の役目も決めて演じるのは、とても良い勉強になったようです。フランス人生徒たちの積極的な姿勢も学ぶことができました。
 休憩後は、ケルトの飾り文字を色で塗ったり、折り紙をしたり、筆でフランス人生徒の名前を書いてプレゼントしたりしました。
 午後は、ウォーターフォードにバスで移動しました。そこには、とても有名なクリスタルの工場があるので、見学させていただきました。美しいクリスタルが制作されていく工程を実際に見ることができて、感動しました。
 見学後は、ウォーターフォードの美しい街並みを楽しみながら各々の買物をしました。

Irish Summer Learning Experience 11th day Preliminary Report


 Wednesday, August 24
 Today I took a bus to the neighboring town, Carlow and I learned English with French students. Today, we divided into three groups and tackled the task of creating stories and acting them out.
 Two other members of Keimei also entered each group and performed each of the spoken dialogues. It seems that it was a very good learning experience to decide the role of each person while consulting in English with everyone. I also learned the positive attitude of French students.
After the break, I painted Celtic decoration letters in colors, made origami, wrote the name of a French student using a brush and gave it to them. 
 In the afternoon I took a bus to Waterford. We visited a factory of a very famous crystal there. I was able to actually see the process by which the beautiful crystals were being produced, and I was impressed.
 After we watched, we enjoyed shopping with each other while enjoying the beautiful cityscape of Waterford.

1
ケルトの飾り文字を描く
Drawing decorative Celtic characters

3
フランスの生徒と交流
Interaction with French students

4
クリスタルグラスの説明を聞く
Listening to information about crystal glass.

2
ウォーターフォードの町を散策
Exploring the Waterford.



アイルランド夏季体験学習 第10日速報


 8月23日火曜日
 午前9時に学校に集まり、車でカルロウという隣町に行きました。そこには、先週からアイルランドでホームスティをしながら英語を学んでいるフランス人の中高生が16人いました。啓明生は、3つのグループに分かれたフランス人のグループに2人ずつ加わって、自己紹介やお互いの文化などの違いについて話し合いました。どのグループもアニメの話題になると、とても盛り上がっていました。
 その後、ジェラルディン先生の指導でダンスを一緒に習いました。男女に分かれ、長い2列を作り、足でリズムをとりながらアイルランドダンスを楽しみました。
 昼食後は、混合チームを5つ作り、科学、地理、スポーツ、人名地名のジャンルごとのクイズ対抗戦をしました。みんな英語で相談して、英語で答えなければなりません。みんなで知識を寄せ合って答えました。結果は、どのグループもあまり差がありませんでしたが、優勝したのは白砂くんのいたグループでした。フランスの生徒たちが色々な分野についてよく知っていたので、啓明生は驚いていました。
 この日の午後は、各国の料理を通しての交流でした。啓明生は、前日の夜から準備した照り焼きチキン、すいとん、カレーライス、堅焼きそば、フルーツヨーグルトを紹介しました。フランス人の生徒たちは日本の料理をとても気に入ってくれました。

Ireland Summer Experience: 10th Day Preliminary Report


 Tuesday, August 23
 I got to the school at 9 AM and went to a neighboring town called Carlow in a car. There were 16 French juniors who were studying English. They had been doing a homestay in Ireland since the previous week. Mr. Keiko joined two groups of French students and did a self introduction and talked about the differences between each other's culture. Every group talked about animation, it was very exciting.
 After that, with Mr. Geraldine 's guidance I learned a dance. It was divided between men and women, making two long rows. We enjoyed Irish dancing while moving to the rhythm with our feet.
 After lunch, we made five teams for a trivia game. The topics were science, geography, sports, people's name and places. Everyone has to consult in English and answer in English. We gathered our knowledge together and answered. Although the results did not differ much in the other groups, Shirasagi’s group won the championship. Mr. Kei was suprised that the French students knew so much about the different topics.
 This afternoon was an exchange through international food. Mr. Kei introduced Teriyaki chicken, sweet potatoes, curry rice, hard roasted fried noodles, fruit yogurt he prepared the night before. The French students liked Japanese cuisine very much.

1
フランスの中高生と英語で話す
Talking with French teenagers using English.

4
盛り上がるアニメの話題
Discussing interesting animations

5
日本のここから来たのよ
We came from here, Japan

3
アイルランドダンスを習う
Learning Irish dance

6
クイズ対抗戦
Trivia Game

2
お国料理で交流
Cooking international cuisine



アイルランド夏季体験学習 第9日速報


 8月21日日曜日第8日
 生徒それぞれがホストファミリーとの一日を過ごしました。


 8月22日月曜日第9日
  午前中の授業では、いつものようにアイルランドの歌を二曲歌いました。毎日うたっている歌なので、歌詞を見なくても歌えるようになってきています。引き続いて、アイルランドの食事と伝説について教えて頂きました。その後、ジェラルディン先生にアイルランドのダンスを教えていただき、みんなで踊りました。
 今日は、西久保さんの誕生日だったので、お昼休みにサプライズパーティーをしました。キルケニーカレッジのエレンさんがケーキを焼いて持って来てくれました。アイルランドで15歳の誕生日を迎えた玲奈さんはとても嬉しそうで、きっと一生の思い出になると思います。
 午後は、日本から準備してきた文化紹介をしました。キルケニーカレッジの校長先生と生徒、そしてホストファミリーが参加してくださり、あやとり、折り紙、墨書、茶の湯、日本舞踊などを楽しんで頂きました。


Ireland Summer Experience: 9th Day Preliminary Report.


 8th Sunday, August 21
 Each student spent the day with their host family.


 Monday, August 22 The 9th Day
 In the class in the morning, I sang two Irish songs as usual. I sing them everyday, so I can sing them without looking at lyrics. Subsequently, I learned about Irish meals and legends. After that, Geraldine taught us an Irish dance and everyone danced.
 Today was Mr. Nishikubo's birthday, so we had a surprise party during the lunch break. Ellen from Kilkenny College bought a cake she baked. Mr. Reina who also celebrated his 15th birthday in Ireland seemed to be very happy. I think that will be a lifetime memory.
 In the afternoon, I introduced Japanese culture in a presentation that I had prepared. The principal, the teachers, students of Kilkenny College, and my host family participated. They enjoyed Cat’s Cradle, origami, calligraphy, tea ceremony, Japanese dance and so on


3
誕生日のお祝い、びっくり! 感激!
Surprise Birthday celebration! Aww!

1
ナマエを墨で半紙に
Writing names using caligraphy

2
あやとり
Cat’s Cradle

7
折り紙
Origami

6
茶の湯、お手前
Tea Ceremony demonstration

5
日舞
Nichibu dance

4
和服の生徒たち
Students wearing kimonos


アイルランド夏季体験学習 第7日速報


 8月20日土曜日
 9時に学校に集合して、首都のダブリンへの一日見学にバスで行きました。残念なことに朝から雨の移動となりました。滞在しているキルケニーの静けさと違い、ダブリンには大都市としての賑わいがありました。建築物も異なり、興味深い町でした。
 初めに、国立博物館でアイルランドの衣服や家具を展観しました。人々の以前の暮らしが分かりました。次には、リアムと言う都電に乗ってトリニティカレッジに行きました。アイルランドの名門大学です。由緒ある大学の図書館で、ケルト語で書かれた新訳聖書の写本を観ました。幾星霜を生き抜いてきた書物の風格を感じます。生徒たちは、図書館の大きさと荘厳さにも圧倒されていました。歴史の重みと学ぶことの大切さを、ここでも感じ取っていました。
 町の中に、教えていただいたMolly Maloneの少女の像もありました。先生の誘導で、生徒たちは習いたての歌をみんなで歌いました。

Ireland Summer Experience: 7th Day Preliminary Report.


 Saturday, August 20
 We gathered at school at 9 o'clock and went by bus for a day visit to the capital city of Dublin. Unfortunately the rain from the morning continued. Unlike the tranquility of Kilkenny, Dublin was a crowded big city. The buildings were also different, and so it was an interesting town.
 Initially, I went to the National Museum to see clothing and furniture in Ireland, to understand the people's previous lives. Next, I went to Trinity College on the Tokaida called Liam. It is a prestigious university in Ireland. I saw a manuscript of a newly translated Bible written in Celtic at the university library. The students were overwhelmed by the size and magnificence of the library. I also felt the weight of history and the importance of learning it.
 There was a statue of Molly Malone, the girl who we learned about at Kilkenny. With the guidance of the teacher, the students sang every song they learned.

1
Molly Malone の少女像を囲んで
Surrounding the statue of Molly Malone

3
ダブリンの街
The city of Dublin

2
Trinity College の図書館内
Trinity College’s library



アイルランド夏季体験学習 第6日速報


 8月19日金曜日の様子をお知らせします。

 午前中の授業は、TipperaryとMolly Maloneの歌の復習から始まりました。歌詞に出てくる単語の意味と発音の練習もしました。特に日本語にないRの発音の特訓がありました。1人ずつ綺麗に発音出来るまで何回もリピートしなければいけませんでした。
 その後は、明日の一日観光で行くダブリンの名所に関わる、地理的なことと歴史についての説明をしていただきました。
 午後は、キルケニーカレッジの生徒と一緒にボーリングに行きました。2つのチームに分かれて対抗戦をしました。白砂くんはとてもボーリングが上手で、みんなにコツを教えていました。いつもは教えてもらうことが多いようですが、自信があるのでしょう、この時は彼が誇らしげに教えていました。自信を持つまで究めることって素敵ですね。


Ireland Summer Experience: Day 6 Preliminary Report


 Let me tell you about Friday, August 19.
 The morning lesson began with a review of songs by Tipperary and Molly Malone. I also practiced the meaning and pronunciation of words that appear in the lyrics. There was a special lesson on the pronunciation of R, especially how it is pronounced in Japanese. I had to repeat it many times until I could pronounce the words beautifully one by one.
 After that, I gave an explanation about geography and history concerning the sights of Dublin we were going to visit while sightseeing tomorrow.
 In the afternoon I went bowling with students from Kilkenny College. We divided into two teams and faced each other. Shiramasa was very good at bowling and gave tips to everyone. It seemed like there were a lot of things to teach us, but I guess he was confident, and he proudly taught us. It is wonderful to explore your confidence.

2
授業風景。R の特訓?
Lesson scenery. R training special?

1

3
ボーリング場入り口にて
Bowling alley entrance



アイルランド夏季体験学習 第5日速報


 8月18日の様子をお知らせします。
 午前中は、教室でMolly Malineという新しい歌を習いました。ダブリンで貝を売る少女の物語を主題にした歌です。土曜日はダブリンへの一日観光ですが、そこにこの少女の像があるそうです。
 次に、アイルランドの豆知識について学びました。アイルランドのシンボルはハープとシャムロックというクローバーであること、アイルランドはヨーロッパで3番目に大きい島であること、また20番目に大きな国であることなどを知りました。
 昼食後すぐに、キルケニーカレッジの生徒とグループ対抗写真コンテストをしました。
自然、人々、エネルギーなどをテーマに、写真を撮りました。
 午後のアクティビティーでは、アイルランドのスポーツを教わり、実際に試合も体験しました。みんな元気に、多くの経験を積み、楽しんでいます。


Ireland Summer Experience: Day 5 Preliminary Report


 Let me tell you about August 18.
 In the morning, I learned a new song called Molly Maline. The song is about a girl selling shellfish in Dublin. Saturday is our day trip to Dublin, and there seems to be a statue of this girl there.
 Next, I learned about Irish travel. I learned that the symbol of Ireland is the harp covered in clovers and a shamrock and that Ireland is the third largest island in Europe and the 20th largest country.
 Immediately after lunch, I did a group contest with students of Kilkenny College.
 I took pictures with themes of nature, people, energy and so on.
 In the afternoon I learned about Irish sports and actually played some. Everyone is doing well, having many experiences and enjoying it.


1
教室での授業の一コマ
Lesson in the Classroom

2
アイルランドのスポーツを学ぶ
Learning Irish Sports

3
試合も体験
Playing Games



アイルランド夏季体験学習 第4日速報


 8月17日です。
 今日はアイルランドでの4日目です。
 午前中の授業でキルケニー城の歴史を学んだあと、午後は実際にキルケニー城を訪れました。キルケニーは、以前はアイルランドの首都だったこともあり、歴史的に重要な建造物がたくさんあります。キルケニー城もその1つで、13世紀に建てられてから数多くの増築や修復が加えられています。アイルランドの歴史を学びながら、大きく豪華なお城を実際に見られることはとても素晴らしい体験です。


Ireland Summer Experience: Day 4 Preliminary Report


 Today is our fourth day in Ireland.
 After learning about the history of Kilkenny Castle during my morning class, I actually visited Kilkenny Castle in the afternoon. Since Kilkenny was formerly the capital of Ireland, there are many historically important buildings there. Kilkenny Castle is one of them, and since it was built in the 13th century many extensions and restoration are added. While learning the history of Ireland, being able to actually see a big and gorgeous castle is a wonderful experience.


1
Kilkenn Castle の城門にて
At Kilkenny Castle Gate

2
Kilkenn Castle 全景
Full view of Kilkenny Castle

34
城内のホール
Hall inside the Castle

5
庭園

Garden



アイルランド夏季体験学習 第3日速報


 8月16日の様子をお知らせします。
 体験学習の午前中は毎日、キルケニーカレッジで英語の授業を受けます。
 今日は、Tipperaryというアイルランドの歌と道を案内する時に必要なフレーズを教えていただきました。その後、グループごとに分かれて、お互いの文化の違いなどについて話し合いました。啓明生は、はじめはカタコトだった英語ですが、少しずつ頑張って話そうと努力していました。
 午後、Canice教会に歩いて行きました。この教会は6世紀から9世紀に建てられたものです。教会の中はステンドグラスがとても綺麗でした。教会の横には、高い塔が設置されています。みんなで登り、上からキルケニーの町の全体を見る事が出来ました。この塔は、もともとは見張り塔だったそうです。少しずつキルケニーの歴史を学んでいます。


Ireland Summer Experience: 3rd Day Preliminary Report


 Let me tell you about 8/16.
 Every morning I take English classes at Kilkenny.
Today I was taught the phrase “Tipperary” which is necessary when guiding through Irish songs and paths. After that, we broke into groups and talked about the differences in each other’s cultures. Keiko Ren said at first that my English wasn’t great, but I tried hard to speak English better.
After that, I went to the Canice Church. This church was built during the 6th and 9th century. The stained glass was beautiful. A high tower is set next to the church. We were able to climb it and see the whole of Kilkenny town from the top. It seems that the tower was originally a watchtower. I learned about the history of Kilkenny.


1
グループディスカッション
Group Discussion

2
St. Canice's Cathedral のステンドグラス
St. Canice’s Cathedral stained glass.

3
青空に聳える教会の塔
The church tower in the blue sky

4
塔の上で笑顔
Smiling on the tower



アイルランド夏季体験学習 第2日速報


 昨日のダブリン国際空港到着は現地時間の午後6時前でした。空港からバスで姉妹校に移動し、そこでホストファミリーと対面しました。
 今日は、キルケニーカレッジでの初めての体験でしたが、とても充実した1日となりました。昨日の疲れもありましたが、みんな元気です。
 午前中、キルケニーカレッジで英語のレベルテスト、学校ツアーがありました。キルケニーカレッジは、1538年に創立された歴史のある学校です。ガリバー旅行記の著者であるジョナサン・スイフトもキルケニーカレッジで学びました。
 私たちの世話をして下さるのはノエルさんとジェラルディンさんです。
 午後は、ジェラルディンさんの案内で、歩いてキルケニー市街を探索しました。自然豊かな学校と美しいキルケニー市街に魅了されました。


Ireland Summer Experience: 2nd Day Preliminary Report


 Yesterday we arrived at Dublin International Airport at approximately 6pm local time. We traveled from the airport to our sister school by bus where we met our host family.
 Today, I visited Kilkenny College for the first time and it was a fulfilling experience. We were tired from our trip the day before, but everyone was fine.
 In the morning there were English language tests and tours of Kilkenny College. Kilkenny was founded in 1538. Jonathan Swift, author of Gulliver's Travel, also studied at Kilkenny College.
Noel and Geraldine took great care of us.
In the afternoon, Geraldine guided us as we explored the city.
I was fascinated with the natural beauty and splendour of the city of Kilkenny.

4
キルケニーカレッジでのオリエンテーション
Orientation at Kilkenny College

5
キルケニーカレッジの看板を背に
Kilkenny College Sign

3

2

1
キルケニー市街にて
Kilkenny City




アイルランド夏季体験学習 第1日速報


 今年の夏季体験学習の参加者は中学3年3名、高校1年2名の計5名です。8月14日(日)10:20、KL862便にて旅立ちました。引率の関根教諭からのコメントと写真が届きました。
 「約11時間飛行機に乗り、無事にオランダのスキポール空港に着きました。現地時間は午後4時で、7時間の時差があります。これから1時間後にアイルランドに移動します。長旅の疲れが出てますが、みんな元気です。」
 *学校のネットワーク工事の関係でHPへのアップが遅れましたが、体験旅行は順調に進行しています。ご安心下さい。


Ireland Summer Experience: 1st Day Preliminary Report


 This year 5 students(3 Junior High School students and 2 Senior High School students) participated in the summer learning experience. On 8/14 (Sunday) our flight, KL863, departed from Narita at 10:20 am. Below are photos of our departure.
 “I rode an airplane for 11 hours and arrived safely at Schiphol airport in the Netherlands. The local time was 4 p.m. and there was an 11 hour time difference. In 1 hour we would head towards Ireland. The journey was long and tiring, but everyone was fine.”
 The upgrade to HP was delayed due to the school’s network maintenance, but rest assured as everything is going smoothly.

2
成田空港にて出国を前に、見送りの皆さんと
People sending us off as we departed from Narita Airport

3
出国審査を終え、搭乗口へ移動
Heading toward the boarding gate after completing departure inspection

1
KLMオランダ航空(KL)862便の機影
KLM Dutch Airlines (KL) 862 Aerial view



カンボジア ワークキャンプ 五日目の速報


 カンボジア ワークキャンプも最終日を迎えました。
五日目の活動は、アンコールワット見学とアンコールトム見学でした。アンコールワットでは集合写真を撮りました。生徒たちの元気な顔をご覧下さい。
 アンコールトムではスコールに遭い、予定より早めにホテルに引き上げました。
 これでカンボジアでの全てのスケジュールは終了し、予定どおりのフライトで8月6日(土)の早朝、成田に帰ります。家に帰るまでがワークキャンプです。


Cambodia Work Camp 5th Day Report


Our fifth and final day in Cambodia finally arrived!
We celebrated by taking a tour of Angkor Wat and Angkor Thom. We took a group photo at Angkor Way, which you can see below. As we took the photo, we all reflected on what we had accomplished and learned during our time in Cambodia.
After that, we arrived at the Angkor Thom Bailout Squall earlier than we had expected, so we scheduled an early flight to Narita Airport on August 6th (Saturday), and began our return trip from the work camp.

DSC_0832e




カンボジア ワークキャンプ 四日目の速報


 8月4日(木)の活動報告です。
 ワークショップ四日目はASAP支援ツアーのメインイベントがありました。
「ワットルン小学校落成式」です。
カンボジアの内務大臣も出席するほどの盛大な催しとなりました。
 倒壊の危機にあったワットルン小学校の建て直しは、「アジアの子どもたちの就学を支援する会(ASAP)」が、「シロアリ被害で傷ついた校舎を修復しよう」と呼びかけて成立したプロジェクトです。支援総額2,063,000円を充てて進められた工事でした。落成式には、NPO法人ASAP の長谷川代表夫妻と大沼副代表も招かれました。
 参列した啓明生たちも、式典で紹介されました。
 日程的にはその後、トロク小学校に移動し、タットム小学校との交流ドッジボール大会に参加。午後はタットムで、Mother to MotherのStitches for Riches活動を参観しました。
 ツアーも終わりに近づいています。生徒13名は疲れてはいるものの、大きく体調を崩す者もおらず、支援活動に誠実かつ積極的に取り組んでいます。
 届いた写真をご覧ください。


Cambodia Work Camp 4th Day Report


Today, our group continued on with the ASAP support tour and we attended the "Wat Arun” Elementary School inauguration ceremony.
The Prime Minister of Cambodia was also in attendance, so it became a big event.
Previously, Wat Arun Elementary School was in danger of collapsing, so the “Association to Support the School Attendance of Children in Asia” (ASAP) project was established calling for the repair of the school building which had been damaged by termites. 2,063,000 yen was donated and used to aid in its reconstruction. A representative from Hasegawa, his wife, and an Onuma deputy representative of the NPO ASAP were also invited for the inauguration ceremony.
The Keimei students who were in attendance were introduced during the ceremony.
After the inauguration ceremony was over, we traveled to Touliu Elementary School in order to participate in a cultural exchange dodgeball tournament with Tattomu Elementary School students.
Then, during the afternoon in Tattomu, we visited the Stitches for Riches activities of the Mother to Mother program.
Finally, we approached the end of our tour. Although our 13 students were tired, no one was terribly exhausted; we were working for a good cause and were motivated to keep on with our planned activities. Please look at our photos.


DSC_0473d
ワットルン小学校の落成式は内務大臣列席のため、啓明生もカンボジア警察のパトカーの先導で会場に向かいます
A picture of the Prime Minister and Keimei students, traveling to the Wat Arun Elementary School Inauguration, led by Cambodian police patrol cars.

DSC_0490d
落成式の参列者です。写真中央の男性がカンボジア政府の内務大臣。その左がNPO法人ASAPの長谷川代表夫妻です。
Photo of the Minister of Cambodia (center). On the left is the Hasegawa representative and his wife.

DSC_0690d
式典で紹介を受ける啓明生たちです。
The Keimei students who were introduced during the ceremony.

DSC_0802d
交流ドッジボール大会の最初は、日本のラジオ体操です。カンボジアの児童には初めての体操です。啓明生の動きを見よう見まねでも、楽しそうでした。
The cultural exchange dodgeball tournament began with Japanese radio calisthenics. This was the first time the children of Cambodia had done these exercises. They imitated the Keimei students’ motions; it was a fun event.

DSC_0967d
ドッジボール大会は、トロク小学校とタットム小学校の交流試合です。各学年の交流戦を行いました。啓明生は審判や球拾いなど、大会運営で活躍しました。
A scene from Touliu Elementary and Tattomu Elementary School’s Interleague Dodgeball Tournament. The students from the different schools were divided up into groups based on grade and paired off against each other. Keimei students coached and refereed throughout the tournament.

DSC_0890d
児童たちが試合の行方を真剣な表情で追っています。
Children watch on intently as the game comes to a conclusion.

DSC_0954d
つぶらな瞳で交流戦を見つめます。
One student has her eyes fixed on the game.

DSC_0935d
試合待ち時間をもてあます児童たちの様子を見て、自発的に交流する啓明生の姿。
自分たちで出来ることを探して実行する。この旅の目的を学び取った一幕でした。
The children found it difficult to deal with waiting through the game’s standby time, so Keimei students volunteered to interact with them. Together, they looked forward to running. A goal for this trip was learning about one another through engaging in a shared sport or activity.

DSC_0101d
Mother to Motherの活動を見学した後、集合写真を撮りました。カンボジアのお母さん方がここで縫い上げた袋物などは、今年も啓明祭で販売されます。収益はお母さん方に還元され、子どもたちの就学に寄与します。
After the Mother to Mother activity, we took a group photo. The handbags and purses sewn by the Cambodian mothers will be sold at Keimei’s school festival this year. The proceeds are going to go to the mothers in order to aid in the attendance of children in school.

DSC_0167d
タットム小学校の児童たちと仲良く縄跳び。生徒たちは、カンボジアの子どもらとの関わりにも慣れて、お別れ前の交流を楽しんでいました。
Tattomu Elementary School students and their friends jumping rope. Keimei students also participated in this exchange before bidding their new friends farewell.



カンボジア ワークキャンプ 三日目の速報


 ワークキャンプ三日目の様子をお伝えします。
 昨日に続いて、午前中はコールタメイ小学校で児童や母親たちとの交流を行いました。午後の日程は、キリングフィールド見学とオールドマーケット見学です。
 13名の生徒全員が、揃って元気に行動しています。飲み水に気をつけ、早めの就寝を心がけています。
 ツアー三日目の様子を写真でお知らせします。


Cambodia Work Camp 3nd Day Report


Let me tell you about our work camp’s third day.
Like our second day, we had more opportunities to engage in cultural exchange with the children and mothers at Korutamei Elementary School. Then, afterwards, in the afternoon, we attended a tour of the Killing Fields and the Old Market.
All-in-all, the 13 Keimei students conducted themselves with vigor.
They also showed responsibility by drinking plenty of water and made it a point to go to bed early.
Check out the photos of our third day to see how our tour went.


DSC_0366c
段ボールと色紙をベースに、ビーズやシールで装飾を施してプレゼントする活動です。
Made with cardboard and colored paper, these gifts are decorated with beads and glue.


DSC_0398c
啓明生がコールタメイの児童と一緒に制作をしている様子です。
Keimei students working together with the Korutamei students.


DSC_0435c
交流活動を終えて、児童たちとのお別れシーンです。
児童一人ひとりに飴を手渡しています。
After the exchange activities, we bid farewell to the students.
We handed candy to each and every child.



カンボジア ワークキャンプ 二日目の速報


 ASAP支援ツアーの二日目の様子をお知らせします。起床して最初にすることは検温です。メンバー全員が元気な朝を迎えました。
 8月2日(火)は先ず、コールタメイ小学校を訪問し、交流セレモニーを行いました。生徒たちはお揃いでASAPのTシャツを着ています。
 日程は、コールタメイ小学校の子供たちとの交流、Mother to Mother 活動でのカンボジアのお母さん方との交流、お母さん方の村の訪問、ベンメリア遺跡見学と続きます。
 コールタメイ小学校での活動の様子を写真でお知らせします。


Cambodia Work Camp 2nd Day Report


ASAP announced the start of a two-day support tour. We were woken up by the hot temperature more than anything else. Still, we celebrated the morning cheerfully.
On August 2nd (Tuesday), we first visited the Korutamei Elementary School for an exchange ceremony. Every student was asked to wear matching ASAP T-shirts.
On our schedule was an interaction with the Korutamei Elementary students, and talking with the Cambodian mothers about the Mother to Mother activities, as well as visiting the village of the mothers, followed by a tour of the Beng Mealea ruins.
Check out our photos to see how our tour went.


DSC_0043b
ASAPが支援しているコールタメイ小学校では児童全員が出迎えてくれました。
ASAP with all the Korutamei Elementary school children who kindly welcomed our students.

DSC_0084b
交流セレモニーでの冒頭、啓明生からの挨拶の一コマです。
The beginning of the cultural exchange ceremony started with a greeting piece performed by the Keimei students.

DSC_0075b
交流セレモニーで啓明生の挨拶を真剣に聞くコールタメイ小学校の児童
Korutamei Elementary School students listened intently to the Keimei students’ cultural exchange greeting.

DSC_0100b
交流セレモニーで生徒たちから歌のプレゼントをしました。
カンボジアの小さな子供たちに人気がある「アラピア」という歌を唱いました。
During the ceremony, our students performed the song “Arabia,” which is a popular song to sing to the small children of Cambodia.

DSC_0171b
児童との交流を図るため、じゃんけん列車をして遊びました。
先頭が啓明学園の高校1年生です。
To promote cultural exchange with the children, we played the rock-paper-scissors train game.
The first person to participate was a first year Keimei High School student.

DSC_0192b
コールタメイの児童一人ひとりに、日本から持参の筆記用具をプレゼントしました。
ポケットがないので、髪に挿してその後の交流を楽しんでいました。
Each and every Korutamei child received a pencil brought from Japan.
Since they wore no pockets, we enjoyed placing the pencils in their hair.




カンボジア ワークキャンプ 初日の速報


 8月1日(月)10:00、啓明学園高等学校の生徒13名は成田からカンボジアに向けて旅立ちました。NPO法人ASAPの皆さんの活動Mother to Motherを支援する4泊5日の体験旅行です。
 カンボジアのシェムリアップ空港着は日本時間19:00過ぎでした。ホテル到着も夕食後だったため多くのご報告はできませんが、引率の渡邉先生・佐藤先生から送られてきた写真を紹介します。


Cambodia Work Camp 1st Day Report


August 1st (Monday) 10:00 am: 13 of us Keimei students journeyed from Narita airport to Cambodia. The purpose of our trip was to participate in the NPO ASAP Mother to Mother program, and we would live abroad for 4 nights and 5 days.
We arrived at the Siem Reap Airport in Cambodia at 19:00, Japan Time. Not much happened on the night we arrived, but we did have an incredible dinner. Our chaperones Mr. Sato and Mr. Watanabe took several photos of us throughout the day, so please enjoy.

1
ベトナムのハノイにて、トランジェットでシェムリアップ行き飛行機を待つ間に、受験勉強している高校3年生です。
At Hanoi airport in Vietnam, while waiting for the connecting plane to Seim Reap, Trang Jet, a third year high school student, studies for his exams.

1
カンボジアに入国の際、飛行機から降りたところで撮ったASAP支援ツアー参加者の記念写真です。
This photo commemorates the ASAP support tour participants, who had just come off the plane and arrived in Cambodia.

1
夕食の際に自己紹介をしている啓明学園生徒の様子です。
Keimei students give an introduction at their reception dinner.





高3国際理解 『良いリーダーの資質』


 6月22日(水)の「国際理解」では、今年度もアメリカ人大学生と一緒に「良いリーダーの資質」について一緒に考えスキット(寸劇)で表す授業をしました。アメリカでも大統領選、東京でも参議院選と都知事選を控えている中、リーダーを選ぶ時に必要な要素を一緒に考えるのはとても有意義でした。

 画像はスキットの発表の場面です。


High School Seniors Learn Leadership Skills


During the S3 "International Understanding" class on Wednesday, June 22, Keimei was visited by a group of American college students from Mississippi. Together with the visitors, our S3 students learned about good and bad leadership skills through a series of skits. With the current ongoing elections in both America and Japan, these kinds of exercises are especially significant for young people who will soon be adults in society.


1

2



グローバル講演会を行ないました(高校)


 6月13日(月)、高校のロングホームルームの時間に実施されたグローバル講演会にて、カンボジアワークキャンプおよび裁縫プロジェクトで一緒に活動させていただいている「NPO法人アジアの子ども達の就学を支援する会」の副理事長である大沼陽子氏をお招きしました。講演では、なぜカンボジアを支援するのかを歴史や現在の状態を通して教えていただきました。教育を受けていない大人がたくさんいること、教師の給料の低さ、様々な要因からなる「負の連鎖」について学びを深めることが出来ました。大沼氏からは、「知った以上は何かをする責任がある」との力強いメッセージをいただきました。
 講演の後は、カンボジア裁縫プロジェクトについてマイプロジェクトの全国大会に出場した5名の生徒が「Stitches for Riches」の活動について全校生に発表する機会がありました。これを通して、協力したい生徒の輪が広がることを願っています。
 講演後に提出された振り返りシートを紹介します。


 実際にカンボジアに行って現状を知り、現地の人々と直接ふれあうことが一番理想的なことだと思うが、今すぐに私たち全員がそれをできるとは言えない。だから、まず今できることは「知る」こと、そして関心を深めることなのだと感じた。そして今日特に心に響いたのは、当たり前のことや、周りにあるものにありがたみを感じることが大事だということだった。毎日を恵まれていることに感謝しながら生きることなら誰もができることだと思う。
 Stitches for Richesに関しては、一方通行的な支援ではなく、Win-Winや「カンボジアと日本がお互いに豊かになれるように」という理念がとても良いなと思った。私自身も実際このプロジェクトに参加して装飾など商品作りをしたことがあるが、本当に一つ一つにカンボジアのお母さんたちの真心がこもっていることを感じられた。こうして、家で眠っている布が生まれ変わってカンボジアと日本をつなげることができるのは素晴らしいことだなと思った。支援は、一方通行であってはならないのと同時に、長続きしないものであってもならないと思う。だから、私達は決して意識や関心を失わず、継続した支援をしていかなければならないのだと分かった。カンボジアの悲惨な歴史は変えることが出来ないが、その歴史が残した現状を変えていくことはできると思うから、私たちが新しい歴史に少しでも関われたらいいと思う。そしてその過程で決して他者を見下さず、同じ人間、仲間としてやっていかなければならない。 (高3)


Global Lecture (Senior High School)


On Monday, June 13th, senior high students participated in global studies lecture during their long homeroom period. The focus of the lecture was on the upcoming Cambodian work center activity, and was conducted by the assistant board chairman of the NPO “Association to Support the Education of Asian Children” Yoko Onuma. During the lecture, students were instructed about the history and current state of Cambodia. One of the most important things students learned about was Cambodia’s “negative cycle,” which has many factors but ultimately contributes to a low level of education among adults and poor salaries for teachers. Ms. Onuma had a strong message: we have a responsibility to do more.
After the lecture, five students participating in the “Stitches for Riches” campaign were able to talk to the rest of the class about their project and its goals and upcoming events. Through this, we hope to spread the word and get other students involved. A student submitted the following reflection worksheet after the lecture. “Actually knowing the current situation and coming in contact with and helping the Cambodian locals is of course the ideal situation, but I don’t feel that we are able to do that right now. So right now, the only part we can do is the “knowing,” and gaining interest from that. And understanding the cycles and reasons for the situation is extremely important. I think that everyone can live like their life is blessed. As for “Stiches to Riches,” I think it’s a win-win idea, since it improves Cambodian and Japanese feelings towards each other. I myself have participated in making the items, but the best feeling was the sincere gratitude of the Cambodian mothers. In this way, these clothes connects Cambodia and Japan. On the other hand, I don’t think support should be a one-way street, even as it continues for a long time. We should continue our support but always be aware and interested in what’s going on. We can’t change the tragic history of Cambodia, but by getting involved maybe we can alter its course. And we must never look down on the Cambodians but rather view them as our equals.” (12th grade)


1
2




グローバル講演会を行ないました(中学)


 6月13日(月)の中学のロングホームルームで「グローバル講演会」を行ないました。今回は、公益財団法人プラン・ジャパンの馬野裕朗氏を講師としてお招きし、「教育の大切さ」を軸に、「持続可能な開発目標(SDGs)と世界の貧困」、「開発途上国の女性の状況とエンパワーメント」、「プラン・ジャパンが行っているパキスタンの女子教育のプロジェクト」について非常に分かりやすくお話しいただきました。生徒はそれぞれ真剣に馬野さんの言葉に耳を傾け、各々に受け止め、世界のために出来ることを1つでも2つでもしていこう、という気持ちを持ったようです。普段の学校生活、またこのような特別な機会を通して、生徒一人ひとりに「ピースメーカー(平和をつくる人)」としての成長を導こうと思います。
 講演会後、各クラスで書いた感想文の中から、いくつか掲載します。


①私は今まで今回のように世界の問題についてしっかりと考えた事はありませんでした。ニュースや新聞で見てみる事はあっても、やっぱりどこか “自分とは関係ない”と思っていました。しかし、今日馬野さんの話を聞き、世界の問題がとても身近に感じました。また、世界の問題の深刻さについても感じる事ができました。世界の問題に対し、私にできる事は少ないです。ですが、私は馬野さんのいうようにニュースを見たり本を見たりして、自分の考えを持つことが私にできる事だと思うので、少しずつ自分にできる事をしていきたいです。馬野さん、分かりやすく教えて下さりありがとうございました。 (中1女子)


②私は世界にこういう女の子達がいる現状を知っていながらも自分なりに行動することができていませんでした。また、今回の講演で教育の必要性について更に知識を深めることができました。人には各一人一人できることが違っていて、教育をうけられない人のため手のさしのべ方もさまざまです。この講演会を経て、中学生になって一年あまりたった今、“中学生”としてできることが小学生の時より一段と増えてきたなと感じました。私は将来、自分がしたいと思う仕事につき、その仕事に関わる方法で貧困から救いたいと思っています。そして今は馬野さんがおっしゃっていたことを参考に、 “今”できることを一つ一つしていきたいと思います。  (中2女子)


③今日の講演を聞き、私たちは幸せだと本当に思いました。世の中のある女子は学校に行けず、貧困で、差別されています。ですが、この団体は世界から貧困や格差をなくすため教育を受けさせています。ここで学んだのは、世界を変えるのは、有名な人でも、権力がある人、政治家でもなく、一人一人の力だということです。これが世界を変える力です。 (中3男子)


 次回のグローバル講演会は7月9日(土)です。次は紛争や平和という課題に真剣に向き合っている学生NGO「日本学生平和学プラットフォーム」より、啓明学園卒業生の菅生零王氏とメンバーの方々をお招きし、「平和」についてのワークショップをして頂きます。グループディスカッションで意見を互いに交わしながら、学年隔てなく皆で1つのことについて考える時間を持つ予定です。


Global Lecture (Junior High School)


On Monday, June 13th, the junior high school students participated in a global lecture that was conducted in the long homeroom. Mr. Hiroaki Umano, a representative of the Plan Japan foundation was invited to come and speak about world issues, such as the importance of education, the sustainable development goals (SDGs), world poverty, and the status and empowerment of women in developing countries. In addition, he also talked about a project that Plan Japan is working on concerning education for girls in Pakistan. In listening to Mr. Umano’s words, the students were able to think deeply on these issues and how they can help to improve the state of the world by taking small steps. Through their daily school life and special opportunities, students will be able to better themselves so as to become peacemakers and global citizens.


The following are statements and impressions that were written by some students about the lecture they attended.


1) I had never really thought about world issues until now. Even though I would look at the news, I never felt that it had anything to do with me. However, after listening to Mr. Umano today, I felt that these issues did concern and affect me. I was able to truly understand the seriousness of these problems, and I realized that there is little I can do to help. But as Mr. Umano said, if I continue to watch the news and think about these issues for myself and what I can personally do to help, then little by little, I will hopefully be able to make a difference someday. - jr hs 1st year


2) While I am aware of the current situation girls face around the world, I am unable to act by myself. Through this lecture, we were able to deepen our understanding of the need for education. For each person, what they can do to help is different, and how they are able to lend a hand to those who cannot receive an education is different. Though it seems we have only recently become junior high school students, through this lecture, we felt that our capability to make a difference has increased since we were in elementary school. In the future, I hope that I can have a job that will help improve the poverty situations around the world. To refer to what Mr. Umano said, little by little, I would like to able to make a difference. - jr hs 2nd year


3) I was very happy to be able to listen to the lecture today. I learned that in parts of the world, some women are unable to go to school, and experience discrimination. But, the organization Plan Japan is helping to eliminate poverty and inequalities around the world. In order to change the word, it is important for people who are famous, politicians, and people with no power to help. The power to change the world comes from everyone working together. - jr hs 3rd year


The next global lecture will be held on Saturday, July 9th. The discussion theme will be about students who are facing challenges and conflicts concerning peace. Members of the NGO, Japan Student Peace Studies Platform, including a Keimei graduate, Mr. Reio Sugo will lead the lecture. Keimei students will have the opportunity to not only talk with their peers about the topic, but will also have ample time to think about the issues for themselves.


3




カンボジアワークキャンプの準備をしました


 6月8日の放課後、カンボジアワークキャンプに参加する生徒と奉仕委員が、被服室に集まり、NPO法人「アジアの子ども達の就学を支える会ASAP」より届いたスモッグにゴムを通しました。これは、カンボジアのお母さん達が縫ってくれた製品を日本で販売できるようにする最後の作業です。沢山のスモッグが届けられていましたが、みんなで作業して何とか当日のうちに終えることが出来ました。参加した生徒には手先の器用な男子生徒がいて、素早く作業をしていました。


Students prepare for the Cambodian work center


After school on June 8th, students and service members participated in the Cambodia work center activity. After gathering in the sewing room, students worked to finish up the children’s smocks by sewing the elastic into the sleeves, in order to help the NPO “Association to Support the Education of Asian Children ASAP.”


1 2
3 4
5




ようこそ先輩


 5月11日(金)、高3選択国際理解の授業に講師として6名の大学生が来校しました。NGO「日本学生平和学プラットフォーム(JSAPCS)のメンバーたちです。本校の卒業生が設立した「平和学」にフォーカスした学生NGOとしては日本初とのことです。この団体は、紛争や平和に関連するトピックを学ぶ場を提供していて、勉強会やシンポジウム、交流会や座談会を主催しています。これまでにNHKや朝日新聞などにも取り上げられました。授業は、「平和とは何か」をワークショップ形式で学びあうものでした。内容は、世界の紛争について理解を深め、平和学の基本的な考え?について学び、最後にグループごとに課題を設定し、解決策を考え、個人レベルと国レベルで提案することでした。生徒たちは、4グループに分かれ、平和について学びを共有したあと、現在日本が抱えている問題をそれぞれグループごとに話し合いました。最後は、人権問題、外国人の偏見や差別、保育園の必要性、産休の確保などについて個人レベルと国レベルで何ができるかを提案することが出来ました。


◆Welcome, Senpai!◆


 On Friday, May 11th, six college students visited the S3 Global Studies class. These students are all members of the Japan Student Association on Peace and Conflict Studies. This NGO, established by a graduate of Keimei, is the first of its kind in Japan to focus on peace studies. The organization provides opportunities for students to learn about global conflicts and the road to peace in exchange meetings and roundtable discussions. It has been featured on the NHK and in Asahi Shimbun.
 Friday’s topic was “What is peace?” In the lesson, our students deepened their understanding of what peace really means, and how global conflicts come into being. The class was divided into groups, and students discussed possible solutions at national and individual levels with a focus on Japan. Finally, human rights issues were discussed within the groups, covering foreign prejudices and discrimination, the need for early childhood education, and maternity leave.


13139188_1062110863859330_4781994994515507918_n (2)
13173661_1062110887192661_2727269773005200874_n (1)
13221736_1062110867192663_1432228220427622246_n (1)




カンボジア裁縫プロジェクトStitches for Riches


 5月11日(金)の放課後は、この8月にカンボジアワークキャンプに参加する生徒を中心に、中高奉仕委員と有志の生徒が集まって作業をしました。今年度は、お弁当を入れる巾着、リバーシブルの手提げの他に新商品のペットボトルカバーのための布地の裁断、アイロンかけ、バッグにつけるベルトあわせなどをしました。ペットボトルカバーは、現地で直接縫い方を説明することになるので、まずは自分たちで作ってみました。  今日の作業の様子は、5月13日金曜日、J:COMのデイリーニュース地デジ11チャンネルで放送される予定です。八王子と日野では18時から、立川、国立、昭島、武蔵村山、東大和では17時から放送される予定です。


◆“Stitches for Riches” Cambodia Sewing Project◆


 After school on Friday, May 11th, junior and senior high school students participating in August’s “Stitches for Riches” gathered to get to work on this important volunteer project. This year, students have been working on cutting the fabric for bento bags, bottle covers, reversible handbags, and other useful little items. For the bottle covers, students tried to sew the fabric together themselves.


13151742_535996599913247_3081355905189034322_n (2)
13177282_535996589913248_809667629789463182_n (1)




読売新聞に本校の活動が掲載されました


 4月9日(土)発行の読売新聞にて、本校の奉仕活動である「カンボジア裁縫プロジェクト“Stitches for Riches”」の取り組みついて記事が掲載されました。カンボジア支援はホームページでも頻繁にご紹介している活動です。読売新聞をご購読の方は是非実際の記事をご確認下さい。


◆School activities make it into the national Yomiuri Newspaper◆


 In the April 9 issue of Yomiuri Shimbun, a report on Keimei’s “Stiches for Riches” service project was published. The project, which helps mothers in Cambodia send their children to school, has been featured frequently on Keimei’s homepage. If you subscribe to Yomiuri Shimbun, please check out their article!


4月9日讀賣




My Project Award 2015の全国大会に出場します


 「全国高校生My Project Award 2015 全国大会」に、本校でカンボジア支援裁縫プロジェクト"Stitches for Riches"に携わる高校生4人が出場することになりました。
 4人の内3人は、去年の夏に行なったカンボジアワークキャンプに参加し、実際に現地を見て来た生徒です。1人は、奉仕委員会のメンバ-として裁縫プロジェクトに参加しています。メンバーは、「なぜ私たちにとて身近に感じる幸せがカンボジアでは簡単に得られないのか」、「貧困の連鎖を打ち切るには何が必要か」、「教育を受けると何が変わるのか」、「遠い日本にいる高校生でもカンボジアの人達と一緒に出来る活動があるとしたら何なのか」ということを熱く語る予定です。
 この大会には、今まで様々な活動を行ってきた高校生が全国から集まってきて自らのプロジェクトをプレゼンします。全国大会は、3月26日に港区にある東北芸術工科大学外苑キャンパスで行われます。


 「全国高校生My Project Award 2015 全国大会」のHPはこちら


◆My Project Award 2015 at the National Convention◆


 At the national high school service award convention, My Project Award 2015, four of the Keimei high school students involved in the sewing project “Stitches for Riches” were honored. Three of these students went to Cambodia to visit and help out at the community and work centers for these Cambodian families, and one of them, a member of the Service Committee, participated in the sewing project. These Keimei students presented their project at the convention, speaking about the disparity between the standard of living in Japan and Cambodia, possible ways to help with poverty and education there, and building friendships across borders and oceans.
  The national convention at the Tohoku University of Art and Design in Minato-ku will be held on March 26, and the high school students involved in the project will come together to present their ideas.
  The link to the My Project Award 2015 homepage is here.


310JS
310JS1
310JS2




国際理解の日を行ないました(アメリカ)


 中学校は三学期になると「国際理解の日」の準備で大忙し。冬休みに各学年、その年のテーマとする国について導入のために調べ学習をしてきます。今年のテーマはアメリカ合衆国です。冬休みが明け、新年の挨拶もそこそこに、生徒達は調べてきた事柄について情報交換をし、同じテーマを持った生徒でグループを作り、さらにパワーポイントでまとめて学年全体の前で発表します。その中から題材を絞り、代表者を選出して、二月の「国際理解の日」本番に出場することになるのです。
 毎年中一は主にその国に関するデータ(言語、衣食住、歴史、芸能など)についてをまとめます。今年のテーマは「ディズニー」で、沢山の例を挙げわかりやすく説明していました。
 中二はその国が抱える問題についてまとめます。今年はスキットを中心に「教育格差が生み出す差別問題」について話し合いました。問題が起こる背景やアメリカの歴史を踏まえて説明することができ、最後には「平和」とは何かについてそれぞれの考えを述べました。
 中三は「銃規制」「黒人差別」「ホームレス」について発表しました。学年内発表によって選ばれたメンバーが、アメリカが平和になるために解決すべき課題はこの三つだと考えた結果でした。パワーポイントを使った発表は、まず「問い―研究動機―結論」、次に「用語の定義」「基礎知識・内容」「根拠」と続き、最後に「結論」と「参考文献」を載せるという研究発表の形式を統一して採りました。来年度新高一になり「グローバルスタディーズ」の授業などで課題発表を行なう際の素地になるようにという思いがあります。
 「国際理解の日」は世界を知ると共に、情報の調べ方や発表の方法などを三年間通して学ぶことができるのです。
 最後にゲストとして横田基地よりアメリカ空軍バンドをお招きし、名曲の演奏をしていただきました。バンドのボーカルに促され生徒達はみな立ち上がり、舞台際まで近寄って盛り上がりました。


◆Day of International Understanding: the United States of America◆


 For much of this third term, the junior high students were busy preparing for the Day of International Understanding, which is held each year here at Keimei. Before winter break, students were introduced to the chosen country and theme, which was the United States this year. Students are grouped together and create Powerpoint presentations detailing many important aspects of American culture. The young J1 students focused on American pop culture, like movies and music, while the older students focused on some of the problems America faces, like gun violence, racial discrimination, and the education gap. In the end, students tied their presentations back to the main theme, which was, of course, peace.
 Through this year’s Day of International Understanding, the Keimei junior high school students were able to gain important research and presentation skills, as well as a newfound appreciation for the problems even wealthy countries can face and the ways in which these problems can be solved.
  As a special treat to end the day, the US Air Force band was invited from the nearby Yokota Air Base to perform for the students. Everyone, even teachers, had a great time dancing, jumping, and singing along.

JS国際理解の日
▲中一の発表はディズニーについて。パワーポイントの作り方から、ダンスや映像、音楽まで様々な工夫がありました。男の子二人が前に出て、可愛いダンスを披露してくれました。
▲During the J1 presentation on Disney, two boys came out on stage to show off a funny dance.
JS国際理解の日1
JS国際理解の日2
▲アメリカ合衆国の空軍バンド「The United States Air Force Band of the Pacific-Asia Pacific showcase Combo」の皆さん。素敵な歌と演奏に、生徒達も大盛り上がり。
▲The United States Air Force Band of the Pacific-Asia Pacific Showcase Combo. Students loved the music and showmanship and particularly enjoyed the big finale.The United States Air Force Band of the Pacific-Asia Pacific Showcase Combo. Students loved the music and showmanship and particularly enjoyed the big finale.




The 49th Annual English Speech Contest And English Presentations


 2月18日に英語スピーチコンテストを行ないました。本校の英語は習熟度別のクラスで学習しています。各クラス内で全員がスピーチを行ない、その中から選抜された生徒が全校の前に立つことになります。
 毎年中学校と高等学校に分かれて行なっていたスピーチコンテストですが、今年は初等学校の5・6年生も含めた全校合同、さらには初の八王子オリンパスホールという大会場でのスピーチコンテストとなりました。
 最初は初等学校5・6年生の可愛らしい発表でした。まだ英語に不慣れな中学1・2年生の生徒も、初等学校の生徒の英語は聞き取りやすいようで、「内容がよく分かった」「面白かった」と楽しく聞けたようでした。
 中学生の部では、1・2年生は詩の暗唱の部門もあります。韻を踏む詩では、似た単語が多く出てきますが、緊張しながらも落ち着いて発表することができました。スピーチ部門で優勝した3年生の福岡さんは「I Am a Radish(私は赤カブ)」という題で、自分が他人からどのように見られているか、そしてそれについて自分がどのように考えるかという話をしました。
 高校生の部はスピーチのみですが、中学の国際クラスと比較しても、内容が非常に高度でした。優勝した2年生のウエダくんは、「”Homo Sapiens” Latin:”Wise Man”(『ホモ・サピエンス』 ラテン語「賢い人」)という題で、人間の愚かで狂気と好奇心に満ちた本質のすばらしさ、そしてチャレンジし続けることの大切さについて話をしました。
 高校生の話はどれも中学生には難しいものでしたが、それでも真剣に聞き取ろうとしていました。その中で大きな学びとなったのは「話者の姿勢」でした。聞き手の心を掴むような仕草や話し方、先輩達の堂々とした姿に、未来の自分の姿を重ねた生徒も多くいました。
 今回のスピーチコンテストは、学校関係者以外の方でも無料で公開いたしました。本校の英語科の指導の成果や、生徒達の学習の成果をご覧いただけたと思います。


◆The 49th Annual English Speech Contest and Presentations◆


 Once again, on February 18th, our annual English speech contest was held. Students in every English class, from Domestic to International Honors, wrote a personal speech, which they performed in front of their class. After this, a special group of students were selected to deliver their speeches in front of the whole school.
 Usually, the speech contest is held at school and is divided between primary, junior high, and senior high grade levels. However, this year, the contest was held at a new venue, Olympus Hall in Hachioji.
 First up were the elementary school 5th and 6th graders, who presented short, researched presentations on a topic of their choice. Older students, even those who still beginners in English, found these speeches to be easy to understand and interesting.
  Next was junior high school. First, the Domestic J1 and J2 students recited English poems they had committed to memory, which they did very well, despite tongue- twisters and difficult vocabulary. After these recitations, the international junior high classes delivered their personal speeches. The winner, J3’s Fukuoka, gave a speech titled “I am a Radish,” which poignantly discussed the way we see ourselves and the way we see and treat the people around us.
  Last were the high school speeches, and the incredible abilities of these fine pupils really shone through in their performances. S2H’s Ueda was the ultimate victor of this year’s contest, with his speech “Homo Sapiens.” In it, he discussed the beauty in human curiosity and suggested we should stop shying away from stupidity. Instead, he said boldly, we should err on the side of madness, because that is how humanity has achieved greatness.
 Each student did an excellent job, not only in the contents of their speeches, but in the methods of their delivery. They spoke and gestured naturally and commanded the attention of the listeners. Through this contest, the accomplishments of the students, and their helpful teachers, truly was demonstrated.


JSスピーチコンテスト
▲高校2年生のウエダ・エドワルドくん。




グローバル講演会


 1月8日、出光美術館理事・学芸部長である黒田泰三先生に「日本の絵画」について講演をしていただきました。先生は学芸員のお仕事の傍ら女子美術大学と東京藝術大学でも教鞭をとっていらっしゃいます。
 生徒達は、昨今「クールジャパン」として海外で注目を集める日本の「アニメ」の原型が、実は12世紀の絵巻物にあるということを聞き、「日本絵画」にとても興味を持ったようでした。絵巻物を大スクリーンで見ると、登場人物の一人一人の表情がとても繊細に描かれており細かな技法が分かり、現代の漫画やアニメに通じるものがあることを確認しました。またこの他に、心の目で見えてくる風景を描いた絵画や、風神や雷神に親しみを感じるように漫画調で描いている絵画、普通の生活を誇張し刺激的に描いている絵画なども見せていただきました。講演を通して、日本の絵画に魅力を感じたり、歴史的にも日本人のもっている繊細さや日々の生活を楽しむ人々の暮らしの一部を垣間見たりすることが出来たようです。


◆Global Lectures: Japanese Painting◆


On January 8th, Professor Taizo Kuroda, curator and director of the Idemitsu Museum of Arts, visited Keimei to give a lecture on Japanese painting and art. In addition to his position as curator/director, he teaches at Joshibi University of Art and Design and Tokyo University of the Arts. Students were very interested to hear that the anime that is so popular all over the world today was actually based on 12th Century Japanese picture scrolls. Professor Kuroda projected the old picture scrolls onto a screen to show how each person’s facial expression is delicately drawn with a fine technique, which lead to modern anime and manga styles.
Kuroda showed how these old landscapes and pictures of the Japanese god of thunder, Raijin, and the god of wind, Fujin seem more familiar when they are portrayed in the style of manga, as well as how exaggerating elements of daily life can make them seem more exciting to the viewer. Through the lecture, students were able to gain an appreciation for historical Japanese paintings, and the elegant simplicity of the day-to-day lives of the people depicted in them.


始業式0108-1 始業式0108-2




【動画紹介】高校3年国際理解の授業


高校3年生の選択授業「国際理解(2単位)」の紹介動画が完成いたしました。


本校のグローバル教育の特色の一端がご覧いただけます。
是非ご覧ください。


◆A Video Introduction to the Global Studies Class◆


This video provides an introduction to the high school third-year students’ completion of the two credits they received from participating in the class on the global education of our school.




*OS・ブラウザ等の環境によっては再生できないこともございます。ご了承ください。


(Video)
*Please note that some browsers, or OS devices may not be able to play the video.





東京経済大学で発表して来ました!


12月15日(火)の午後、集中試験終了後に東京経済大学の関昭典ゼミナール主催「特別講演会」に招かれ、啓明学園高等学校のカンボジア支援プロジェクトについて紹介をしてきました。以下は、発表終了後に関昭典先生からいただいたメッセージです。


「啓明学園の皆さん、本日はご来学いただきありがとうございました。皆さんの発表は本当に素晴らしかったです。何より皆さんの充実した表情が印象的でした。聞いていた大学生の皆さん、口をそろえて『2?この子たち本当に高校生?啓明学園ってすごいですね』と言っていました。着実に実践を重ね学んできたからこそどのような場面でも堂々と発表できるのだと思います。つい先ほどJICAから連絡があり、1月9日のイベントをご後援いただけることになりました(外務省は申請中)。練習を重ねてさらに素晴らしい発表になるように頑張りましょう!」


来年1月9日(土)には、再度カンボジア支援プロジェクトについて東京経済大学で発表をする予定です。次回も発表予定の生徒会長は、関先生に次のようなメッセージを伝えました。


「今回の講演会で私達の活動を学校外の方にも知って頂けて嬉しかったです。また今日講演をしてくださった方々のお話を聞いて、同じ気持ちの方が身近にも世界にもたくさんいることを実感し、自分達ももっと積極的に取り組んで頑張っていこうという気持ちになりました。
とても濃く楽しい時間を過ごすことができて、感謝しています。頂いた1月の機会も楽しみにしています。頑張ります。」


On the afternoon of December 15, after exams were finished, the Keimei students who had worked on the Cambodia support project were invited to come to Tokyo Keizai University and present their work at a special seminar held by Professor Akinori Seki. The following is a message we received from Professor Seki after the presentation:


“To all the Keimei students who visited today, thank you for coming to speak to us. Your presentation was absolutely excellent. Above all else, we were impressed with the passion and liveliness with which you spoke. The university students who heard your presentation couldn’t believe you were really high school students and remarked that your school must be truly great to produce such fine pupils. Your presentation skills clearly show your dedication and effort. I’ve just received word from JICA that there’s going to be an event on January 9th (pending Ministry of Foreign Affairs approval). Let’s both do our best to continue to improve our presentation skills!”


On January 9th, there are plans for us to go back to Tokyo Keizai and present the project again. The student council president, who will be among those attending, sent the following message to Professor Seki:


“We were so happy that this lecture gave us the chance to share our project with people outside our school. And getting to hear the other lecturers and what is important to them made us realize that there are people everywhere who feel the same way we do, and it has inspired us to want to work even harder towards our goals. We are very grateful that we were able to have such an enjoyable time learning about these important issues, and we are very much looking forward to the January event!”


2 1




ようこそ先輩


今年の4月より上智大学総合グローバル学部に進学した関 愛生くんを11月26日(木)の高3選択・国際理解の授業に招き、今までの海外体験や大学生活で感じたことなどを話してもらいました。


関くんは中3まで啓明学園で学んでいましたが、高校1年生の時にネパールに移り住みました。家族と離れて異国の家庭でホームステイをしながら現地の高校に通うという貴重な体験をしました。15歳の時に出会った同じ年齢の友達は、もう結婚していて子供もいたそうです。しかし、ある時その友達を訪ねたら、家族を置いてマレーシアに出稼ぎに行ってしまっていたそうです。関くんは、同年齢の友人の日本とはあまりにも異なる境遇に驚きと衝撃を受けました。


高校3年生の時に、日本に帰国し、本校に戻って来ました。関くんは、日本の恵まれた環境に感謝すると同時に、高校生のうちから他国のために自分が出来ることをしたいと考え、夏にはネパールとバングラデッシュに行って、現地の学校で清掃活動プロジェクトを立ち上げました。


また、大学入学直後の4月末にネパールで地震が起きた時、すぐに立ち上げたMERO SATHI プロジェクトについても紹介してくれました。MERO SATHIとは、ネパール語で“私の友達”という意味です。SNSを利用して、MERO SATHIという札を持って写真を撮り、サイトにアップしながら多くの人々にネパールの現状を伝えるという活動です。関くんは、Stand Up, Take Actionという言葉のように、世界のために立ち上がり行動することの大切さを熱く語ってくれました。


この他にも、大学では何をするか多くの選択枝があるけれど、何かを待つのではなく、自分でチャンスをつかみに行く姿勢が大切であると伝えていました。以下の言葉は先輩として生徒たちに残してくれた教訓です。
①  外交的であれ
②  新しいことに挑戦しよう
③  恐れるな “Believe in Yourself”


◆Welcome, Sempai!◆


Last month, we were lucky enough to have a guest speaker from Sophia University, former Keimei student Yoshiki Seki, come to talk to our seniors about his experiences overseas and about college life in general.


Yoshiki was enrolled at Keimei up to his third year in junior high, after which he moved to Nepal as an exchange student. Living with a host family and being separated from his comfortable home life in Japan was an invaluable experience, according to Yoshiki. Many of the friends he made in Nepal, who at 15 were the same age as Yoshiki, were already married with children. However, when he went back to visit his friend later, Yoshiki found that he had been forced to leave his family and immigrate to Malaysia to find work. Yoshiki was shocked at seeing the differences between his and his friend’s lives.


When he was a high school senior, he came back to Japan and returned to school. Because of his experiences abroad, he was able to appreciate his privileged Japanese lifestyle and decided to try to make a difference. Over the summer, he went to Nepal and Bangladesh and launched a clean-up project at local schools. Then, after the earthquake in Nepal, Yoshiki was introduced to the Mero Sathi project and quickly became involved. One of the ways people can use Mero Sathi is to upload photos with the tag ‘Mero Sathi’ (which means “my friend” in Nepalese) using SNS to educate people on what’s going on in Nepal. Yoshiki then concluded his presentation by telling students to always “stand up and take action.”


In addition, Yoshiki left a few words of wisdom for the soon-to-be college students. At university, there are so many options when it comes what to do or study, but the most important thing is to take chances, not wait for things to come your way. He gave the following advice as a sempai and fellow Keimei student:
 Always be open to new ideas—be a diplomat.
 Try new things.
  Believe in yourself, and don’t be afraid of the unknown.


112 111




高校一年グローバル講演会を行いました


第3回目となるグローバル講演会が11月21日(土)に行われ、現在話題となっているTPPについて、貿易ゲームを通して学びました。


生徒たちは、18グループに分かれ、それぞれが「国」となり、与えられている道具を使って自由貿易の疑似体験をします。


始まって数分するとすぐに、「あれ、班によって入っている物が違う。あの班はハサミがある!」と立ち上がって、周りの班の様子を見に歩き出しました。貿易をしている中で格差が生まれると同時に、商品価値の下落や資源の発掘、国際協力など様々なことが起こりました。ゲーム終了後、生徒たちは、「貿易」を軸とする世界経済の基本的な仕組みと問題点について学ぶことが出来たと興奮ぎみでした。


振り返りでは、「TPPのことに興味を持った。」「資源の大切さが分かった。」「国のリーダーシップと外交力が重要だ。」「国際協力も現地のニーズに合わないと良くない。」「マーケットで、開発途上国に対して厳しく、先進国に対して甘いのは、ずるいと思う。」など多くの気づきや学びがありました。


◆High School First-Year Seminar on the Trans-Pacific Partnership◆


The third round of our Global Seminars was held on Saturday, November 21st, in which students learned about the TPP through a trade game. Students were divided into eighteen groups and assigned a country. The students were then given “resources” (in the form of paper, pencils, scissors, compasses, etc) and told to trade with the other countries in order to learn first-hand about the “free trade” of the TPP.
After just a few minutes, students began to realize that resources had not been allocated evenly—only a couple groups had been given the scissors necessary to cut out their resource cards from the paper they’d been given, for instance. Through the simulation, students were able to better understand the idea of scarcity and the problems it can cause, as well as the benefits of international cooperation and economic trade.
When asked what they gained from the experience, students were quick to talk about their new-found appreciation for good leadership and negotiating skills, as well as an interest in international trade in general. In addition, students were surprised at how hard it was for the “developing country” groups to break into the trade game with their unfair start. Overall, students were able to better grasp the ideas behind the benefits—and problems—with international free trade.


IMG_0326 IMG_0328




中学校グローバル講演会を行いました


-Junior High School Students’ Global Seminar


11月21日(土)に、中学校グローバル講演会が行われました。今回は卒業生の保護者でもある、東京経済大学准教授の関昭典先生に講演をお願いしました。


 関先生はネパールでの大震災後、大学生と共にMero Sathi Project(ネパール語で「私の友」という意味)を立ち上げ、募金活動やSNS上での呼びかけを通じて支援を続けています。今回はこの企画に携わった上智大学の8名の学生も一緒に、スライドを交えて震災後の現実をお話いただきました。また、その際、支援する上で実際に起きたトラブルについて説明を聞き、「支援を継続すべきか、中止すべきか」ということについて、現地に行った人たちがとても悩んだと知りました。


 その上で、各学年を混ぜたグループに分かれて、「支援を継続すべきか、中止すべきか」について議論をしました。単純に継続か中止かの二択で決めるのではなく、さらに「継続なら、どのような支援が効果的か。」「中止するなら、今後はどのように改善すれば良いか。」などの建設的な意見を出し合い、各グループでアイデアをまとめる段階にまで進みました。


 再び全体会に戻ると、中三だけではなく、中二や中一の生徒も自分のグループの意見をしっかりと伝えるていました。関先生をはじめ、大学生のみなさんに「ぜひ一緒に現地に行きたかった」と褒めていただきました。


 今回の講演会を通し、ネパールの現状を知り、現在行われていること、そして将来自分たちで出来ることは何かについても考える、良い機会となりました。


On Saturday, November 21st, another Junior High School Global Seminar was held, this time led by Keimei parent and associate professor at Tokyo Keizai University, Akinori Seki.
Professor Seki and his university students are heavily involved in the Nepalese earthquake relief organization Mero Sathi Project (which translates to ‘my friend’ in Nepalese), which fund-raises on behalf of those still affected by the earthquake earlier in 2015. For his lecture, Professor Seki brought along eight of the students who work on the project with him and together they went over a Powerpoint slideshow to introduce the students to the reality of the people who are still living with the effects of the quake. Through his speech, students were really able to understand the struggle of the Nepalese people, and the distress of the locals when it comes to discussion over whether to cut off financial support or not.
After the lecture, the students were divided into groups from all three years of junior high. Within their groups, they discussed whether or not we should continue or stop support, as well as the ramifications of each of those decisions. After the discussion, each group presented their ideas to the room. By the time students were through brainstorming, even the youngest in the groups were excited to share their ideas.
Through this seminar, our younger students were able to think about their place in the global landscape, as well as educate themselves on the current situation in Nepal.


IMG_0392IMG_0426IMG_0440


高三国際理解 マイクロファイナンス(小規模融資)
-High School Seniors Learn About Microfinance and Small Loans


11月12日の高3国際理解の授業ではマイクロファイナス(小規模融資)について学びました。KIVAという小規模融資ができるサイトから実際に起業家に融資する体験です。KIVAを通して授業で融資するのは今年で5年目になります。今までに26か国の47の起業家に融資しました。

授業では、9つのグループに分かれ、グループごとに世界のどの起業家に融資したいかをプレゼンし、優先度の高い起業家に融資する取り組みをしました。ウガンダ、ニカラグア、インドネシア、タジキスタンなどの起業家が候補に挙がりました。
話し合いをした結果、学校の飲料水の浄化システムのために資金を求めているウガンダの先生が一番始めの融資先に決定しました。理由は、融資によって、一人ではなくの生徒多数の健康が守られるからです。
次に優先すべきと考えたは、ビジネスの資金ではなく、命に関わる人々3組です。タジキスタンの起業家は、病気の治療のためにお金を必要としていました。
最後は、インドの女性たちでした。彼女たちは綺麗で安全なトイレが無いために、いつも危険にさらされています。
授業の最後に、実際にコンピューター上で、5つの起業家に融資することが出来ました。生徒たちは、起業家に融資するごとに拍手をして喜びを分かち合いました。


On November 12th, as part of their Global Studies class, our third-year high school students learned about microfinance, which is the process of making small loans to people in developing countries. Specifically, students looked at the website called Kiva, which connects entrepreneurs in those developing countries to people all over the world. During class, students were split into nine groups, and each group researched individually and decided on which countries to invest in— Uganda, Nicaragua, Indonesia, and Tajikistan were given special attention. All in all, students have loaned over a combined $1500 to 47 individuals in 26 countries.
During the discussion, students first decided to loan money to a teacher in Uganda raising money for a water purification system. Their reasoning was that it benefited an entire group of people, not just one person. This became the focus of their efforts—to prioritize life-saving technology rather than individual businessmen who might have a higher rate of return on the investment. After the teacher in Uganda, for example, students focused on entrepreneurs in Tajikistan who use the loans to fight diseases and on women in India who lack access to clean, safe plumbing.
By the end of the first class, students had already loaned money to five entrepreneurs, and through this activity they gained an appreciation for the struggles of people in developing countries as well as the power even one student has to help those people.


DSC09666DSC09663


高三国際理解 Dinesh Ratala Joshiさんによる講義


--Dinesh Ratala Joshi Visits Our Seniors


高3選択国際理解の授業にネパールの教育のために尽力をしているDinesh Ratala Joshiさんを講師として招いて授業を行いました。


Joshiさんはネパールの高校を卒業した後、日本の大学と大学院を卒業しました。卒業後、初めは国連などで勤務することも考えましたが、教育の大切さを知り、母国に恩返しをしたいという思いでYou Me Nepal Trustを幼馴染の友人と立ち上げました。

授業では、ネパールの現状を共有した後、ネパールで最も貧困で苦しんでいる地域の学校の改善のためにどんなことが出来るか、ということを一緒に考えました。また、国際支援のプロジェクトを考える際には、6W1Hについて明確にすることについても教えていただきました。
6W1Hとは、
What  何のために
When  いつ
Where  どこで
Who   誰が
Whom  誰のために
Why   なぜ
How   どのように
について考えることです。


授業を通して、生徒たちはJoshiさんの母国に恩返しをしたいという熱い思いに感動しました。また、開発途上国が同様に抱えている様々な問題について学びました。さらに、プロジェクトを進める際での注意すべきことについても学ぶことが出来ました。


Dinesh Ratala Joshi, a prominent activist committed to Nepalese education, was invited to Keimei as an international guest lecturer.
Though raised in Nepal, Mr. Joshi went on to graduate from a Japanese university for both his bachelors and graduate degrees. Originally, he planned to work for the UN after graduation, but instead decided to dedicate his life to improving the schools in his home country of Nepal. Thus, he and his childhood friend founded YouMe Nepal Trust.
After teaching the students about the most impoverished schools in Nepal and what it is like there, students were asked to brainstorm ideas of how to help the situation by using the “6W1H” technique, which involves asking “what,” “when,” “where,” “who,” “whom,” “why,” and “how” when trying to tackle these kinds of problems.
Throughout the lesson, students were impressed by Mr. Joshi’s passion for helping his country, but also learned about the many stumbling blocks that exist for even the most dedicated of activists.


DSC09352 DSC09374


 中国の中学生から手紙が届きました


--A Letter from a Chinese Junior High School Arrives


2013年より、中国の大連市にある旅順口区に住んでいる中学生と文通をしています。


今年度は、30名の中高生が参加しました。先週、旅順から手紙が届きました。啓明生は日本語または英語でお返事を書く予定です。
日本語で書いた場合は、旅順に住んでいる日本語を学んでいる大学生が中国語に翻訳してくれます。


旅順は戦後、重要な軍港であったため、全面開放されたのは6年前です。ですから、文通をしている中国の生徒にとって啓明生は初めて接する外国人になります。文通を始める前に一つ大切なことを中高生に伝えました。それは、日本との過去の歴史です。旅順も大連も中国の土地ですが、日清・日露戦争、40年にわたる日本の支配がありました。その間、多くの日本人がこの場所に住んでいました。日本の敗戦後はソ連が統治した時代もあります。


「複雑な歴史がありますが、旅順生まれ、旅順育ちの日本人が約25年前に旅順が解放されたら、ぜひ日本と第一番に交流してもらいたい」という、旅順生まれ、旅順育ちの日本人たちの思いです。日中児童の友好交流後援会によって、約25年前からこの文通活動が始まりました。


本校の生徒との交流は、日中児童の友好交流後援会の「フレンドニュース」にて、日本語と中国語で紹介されています。また、年に1回旅順から絵本が送られて来ます。この交流によって、一人ひとりが中国との架け橋になってほしいと願っています。


Since 2013, Keimei students have been exchanging letters back and forth with students at a junior high school in Lüshunkou District in the municipality of Dalian on the eastern coast of China. This year, 30 junior and senior high school students participated, and just last week we received a letter from Lüshunkou. Students have the option of writing in either Japanese or English. If our students write in Japanese, college students in Lüshunkou translate it into Chinese for the junior high students.
Due to its strategic location, Lüshunkou District was an important port before, during, and following World War II, and it has been known by many different names, depending on who controlled it at the time. In the 1880s, Russia seized and controlled it up until the Ruso-Japanese War of the early 1900s, at which point Japan took control until their defeat at the end of World War II. The Soviet Union then maintained control for another decade. It was because of these political and military struggles that China did not allow Lüshunkou to open to foreigners until 2009.
Now, our schools’ friendly exchange has even been featured in Japanese and Chinese in “Friend News,” and once a year our Chinese friends send us a picture book. Through this exchange, we hope to continue to bridge our two communities.


DSC09633 DSC09634 DSC09635


ケニアの少女ルースちゃんから手紙が届きました


--A Letter Arrives from Our Friend Ruth in Kenya


本校では、2011年度よりNPO Tareto Maaを通して、ケニア共和国マサイ族出身の15歳の少女ルースちゃんが教育を受けられるように、学内で募金活動を行って支えています。 
少女の住む地域では、女の子であることで社会の底辺に置かれ、早すぎる結婚や家事労働を強いられ、学校へ行くことが難しかったり、十分な食事を与えられなかったりと、私たちの考える普通の生活を送ることすら困難な状況にいます。
NPO Tareto Maaの本部はドイツにあり、避難して来た少女たちを保護し、教育が受けられるように支援しています。奉仕委員会ではこのNPOを通じて4年前より、ルースちゃんの授業料と、学校の子供たちに文房具を送っています。
ルースちゃんから届いた手紙には、啓明学園の生徒へのお礼と学校で一生懸命勉強していること、学校に新しい水のタンクが出来たこと、啓明生からの手紙を楽しみに待っていることなどが書かれていました。
今週、中高奉仕委員会の生徒たちは、ルースちゃんに励ましの手紙を書いて送りました。ルースちゃんを通して、ケニアの女の子が置かれている現状や女子教育の大切さを学んでいます。


Since 2011, Keimei has been supporting a fifteen-year-old Maasai girl in Kenya named Ruth through the NPO Tareto Maa. Through Tareto Maa, we’ve been able to pay for her education through fundraising activities we’ve held on campus. In her region, young women are often subjected to terrible treatment at the hands of those in charge, whether through forced marriage, forced labor, or genital mutilation, and they are often not allowed to go to school or given enough to eat. But through Tareto Maa, these girls are able to experience a more normal life. The NPO is headquartered in Germany and helps to protect these girls—and evacuate them, if necessary—and provide them with an education.
Four years ago, we began supporting Ruth through Tareto Maa by sending her tuition money and providing stationery and other school materials to the children at her school.
In the letter she sent us, Ruth talks about her gratitude, and how she is studying more eagerly than she ever has before. She also thanks us for our support in building a new water tank at her school, and she says she is looking forward to receiving a new letter from our students.
Through Ruth’s strength and bravery, our students have been learning more about the current situation for girls in Kenya and the importance of education. This week, the students on our service committee wrote a letter filled with love and encouragement and sent it to Ruth. We can’t wait until we get to hear from her again!


DSC09632 DSC09630


 グローバル学習会「将来グローバルに活躍するためには大学で何を学ぶべきか」


--Global Learning Workshop: Becoming an Active Global Citizen at University


10月14日(水)の放課後、上智大学より曄道佳明先生を学園にお招きして、将来グローバルに活躍するためには大学で何を学ぶべきかを話していただきました。


大学での学びでは、物を考えるプロセスや思考のバックグラウンドを得ることが重要とのことです。次のものを生み出す原動力や、グローバル社会に対応する教養を身につけられると良いと聞きました。
その学びによって、世界の様々な問題を解決する時に中期的・長期的なビジョンを得られると知って、大学での学びに興味を持った生徒が多かったようです。
国際的に活躍できる無数の道があり、可能性が無限にあることを聞き目を輝かせた生徒も大勢いました。
大学で学び視野を広げることで、たくさんの国際的に活躍する分野があるということは、生徒達にとても魅力的な世界だったようです。


曄道先生からたくさんの刺激を受け、よりいっそう具体的な進路実現を目指すことでしょう。


After school on Sunday, October 2014, a professor at Sophia University Yoshiaki Terumichi came to Keimei to give a talk about what students should study while at university in order to become better global citizens. While studying at university, it’s important to always be aware of your own thought processes and the history of different schools of thought. In order to help usher in the next generation of new ideas, we have to always be conscious of the current structure of our global society. There are many university students who have both short- and long-term plans on how to solve various problems in the world, and they to continue to study and evolve, because there are infinite paths and endless possibilities when it comes to figuring out global solutions, and it all is made easier when students widen their field of vision and expand their international knowledge.
Thanks to Professor Terumichi’s talk, our students were given new ideas regarding internationalism and their future studies.


a 001


カンボジアワークキャンプより報告がありました!


--A Report from Our Students in Cambodia Arrives


 8月3日から8日まで、カンボジアワークキャンプへ行っています。現地から二日目に行ったプログラムの様子が届きましたのでご覧下さい。現在も、全てのプログラムが問題なく進んでいるということです。
 「2日目はトロク小学校での交流では、生徒たちが事前に準備した内容をもとに子供たちにパフォーマンスを行ったり、一緒に紙相撲、腕相撲、シャボン玉、縄跳び、絵描き歌など様々なアクティビティを小学生とともに行いました。高い気温の中でしたが、生徒たちの熱意と子供たちのエネルギーが相まってとても素晴らしい活動となりました。子供たち一人ひとりが目をキラキラと輝かせて楽しんでいる様子が印象的でした。」


From August 3 through the 8th, our students are visiting rural elementary schools in Cambodia. Everything seems to be going smoothly without a hitch! Below is the report of what’s been going on!
“It’s already the second day of our trip at the center, and Cambodian elementary school kids and Keimei students alike are having a great time! Together, they do a variety of activities like drawing pictures, bubble-blowing, puppet sumo wrestling, arm wrestling, and other fun games. Despite the hot weather, the students’ enthusiasm never wavered. Each and every child enjoyed themselves.”



DSCF2290

DSCF2288 CIMG6498 CIMG6493


CIMG6510


ビジネスアイデアコンテスト 国際大会進出!


--Keimei Students Succeed at the International Business Idea Tournament

 7月20日(月)に行われた「英語でチャレンジ!ビジネスアイデアコンテスト」において、本校の生徒2チームが第三位と優勝を勝ち取り、8月10日からの国際大会に進出することが決定しました。
決勝はシンガポールで行われます。


 ビジネスアイデアコンテストとは、あらかじめ提示された商品に独自の付加価値をつけて、それを海外の特定の国で販売するための市場参入戦略を競うものです。
海外での市場参入戦略を練るため、書類選考で提出するビジネスプランも、国内予選と国際大会でのプレゼンテーションも、質疑応答は全て英語で行います。
ただし英語はあくまで手段であり、最終的には情報収集・活用・分析能力、コミュニケーション能力、プレゼンテーション能力、独創性が問われます。
また、国際大会に進出する生徒は、他国の同年代の生徒と競争・交流することで、国内にとどまらない「アジア太平洋の中での自分」を意識し、より広い視野を身につけていきます。
(コンテストホームページより抜粋・一部改変)


We are extremely pleased to announce that at the “English Business Idea Challenge Contest” held on Monday, July 20th, our school won both first and third place. With this victory, our students will advance to the final round, which is held on August 10th in Singapore.
A modified description from the contest’s webpage: “This contest involves students being presented with a business challenge in advance, and they must come with an idea and present it—completely in English--at the qualifying contest, including their business strategy, how they would enter the market, which countries they would market to overseas, etc. To do this, students must have well-developed information collection skills, analytical skills, communication skills, presentation skills, and also creativity. In addition, students who compete in the contest have the opportunity to exchange ideas with kids from all over the world and expand their worldview.”


DSC_0019-350


高3国際理解 『良いリーダーの資質』


--High School Seniors Learn Leadership Skills


7月2日に、アメリカ人大学生と一緒に「良いリーダーの資質」について一緒に考えスキット(寸劇)で表す授業をしました。


始めに14人が前に出て、名前と大学で何を専攻しているかを含めて自己紹介していただきました。
その後に、良いリーダーと悪いリーダーの例を5パターンスキットで見せてくれました。


On July 2nd, our seniors learned about the qualities that make a good leader from some visiting American college students. First, the visiting students introduced themselves and told the seniors their names and their majors. Then, they performed five skits to demonstrate examples of good leadership and bad leadership.


image001 image003
スキットを参考にして、7グループに分かれ「良いリーダーとはどんな人であるべきか」を話し合いました。


Then, our seniors were broken up into seven groups and, using the skits as a reference, brainstormed the qualities of good leadership.


image005 image007




グループ1


良いリーダーとはみんなをまとめる力が必要。分からない人ややりたくない人がいたら、側に行って説明するようにする。謙虚な姿勢も必要。力を合わせてみんなで一致することの喜びを共に味わえるようにする。


A good leader must have the power to bring everyone together. They must be able to sympathize with or provide an explanation to people who don’t understand, or those who do not wish to comply. Keeping a humble attitude is also necessary. With everyone’s combined efforts, it is possible to maintain a dependable and powerful group mentality.


image009
人文字でLEADを表したシーン


A scene depicting the students spell the word “lead” using themselves as letters.




グループ2


明確な指示を出すリーダー


A leader giving clear instructions.


image013
自分でやって見せることが必要
アメリカ人大学生がリーダーとなって、多目的ホール全体を使ってかけったり、飛行機になってぐるぐる回ったりしてみんなを楽しませてくれました。


Showing individual capability is necessary as a leader, just like some American college students.
It was a lot of fun to see the students get together in the multi-purpose room and pretend to be airplanes.




グループ3


良いさわやかなリーダーAn example of a good and eloquent leader.


image011
失敗した人がいても励まして、みんなでがんばろうと
場を和ませて力づけてくれるリーダー


The leader encouraged everyone to try their best even if they failed.


 


悪いリーダーの例 An example of a bad leader.


image015
命令ばかりして、自分中心
一緒にいるとストレスで疲れてしまう。


中国語で命令するシーン
みんな彼女の言葉がわからなくてより困惑した様子


Everyone became confused when being instructed only in Chinese.


 




グループ4


日本人とアメリカ人の会議 Japanese and American students meet.


image017
リーダーは両方の意見を聞き、一つひとつの問題を解決できるように仲介する力がある。コミュニケーション能力と論理的思考があり、お互いがわかり合えるように支える力がある。


Leaders should have the ability to mediate and solve problems by objectively listening to varying opinions. In addition, they must have superior logical thinking and communication skills.




グループ5


学園リーダー選考会
それぞれのリーダーが発表するシーン


In the school leader selection meeting, each leader was announced.


image019
1人目は大きな声で体力をアピール
2人目はラップで主張 今風をアピール
3人目は自然愛護者、不思議ちゃん
4人目は筋肉質をアピール、スーパーマン的
な力をアピール
5人目は人民の人民による人民のための政治をアピール


The first person appealed to the crowd because of their powerful and loud voice
The second person appealed by rapping.
The third person, Ms. Fushigi, was the environmental welfare representative.
The fourth person had a muscular, superman-like appeal.
The fifth person had a “for the people, by the people” appeal.


image021
本来なら、5人目が選ばれるはずだったが選んだのは一人の生徒が代表して選んだために見た目や有名であることで4人目が選ばれた。
最後に、現実にもこのようなことがあることを説明した。


Originally, five students were chosen, but in order to realistically choose the representative, physical appearance and popularity were considered.




グループ6


リーダ-の中には、みかけだけが良くて中身がない場合がある。世の中のことを知らないで、質問にも答えられない。良いリーダーは知識もあり、人々の質問にもきちんと対応できる人である。


As a leader, there are instances where the best course of action is not always apparent. If a leader does not know about the world, then there will be questions that they are unable to answer. A good leader should be both knowledgeable and capable of responding to questions.


image025 image023




グループ7


悪いリーダーは、力を使って人を動かそうとする。時には暴力さえもふるう。しかし、ある時魔法使いが現れて、リーダーと部下を入れ替えてしまう。すると、自分が部下にしていたことが分かった。


A bad leader tries to manage people with force. Sometimes, even violence is exerted. However, the leaders were then replaced with the subordinates.


image029部下をいじめるリーダー A leader chastising a subordinate.


image027入れ替わるシーン An interchanging scene.


image033反対に怒られるシーン A scene depicting anger.


image031丁寧に教える良いリーダーA scene with students portraying polite leading


グローバル教育講演会がありました


Global Education Seminar


6月末に、今学期2回目となる中学生全体と高校1年生、高2年生でそれぞれグローバルマインドを育てるためのワークショップと講演会が行われました。


At the end of June for the second time, workshops and seminars were held for the junior high school, high school first-year and second-year students about various topics on the theme of forging a global perspective.


中学校Junior High School
中学校は起業者である白砂 晃氏にお越しいただきました。始めに、企業に至るまでの歩みをお話していただいた後、白砂さんから顧客に関する課題が出され、生徒達はグループに分かれて、「ある顧客に需要のある新しいサービスを作るとすればどのようなものが良いか」というテーマで話し合いました。目に見える物を考えるのではなく、多角的な問題に対してサービス、ビジネスを考えたため、話をまとめるのに苦労したグループもあったようです。再び大教室へ戻って全体会を行い、各グループの代表者が自分達の会社の企画を発表しました。生徒達は様々な視点から物事を捉え、解決する難しさを感じながら一生懸命取り組みました。


Mr. Akira Shirasuna came to do a workshop with the Junior High School students. After speaking about his experience and how he became an entrepreneur, he discussed different customer service issues. The students were then divided into groups to talk about the process of creating new customer service as well as ideas as to what makes good customer service. Some groups had difficulties with collecting ideas concerning the multilateral issues of business once you get past the superficial problems. A representative from each group then presented the plans for their created company. Through this workshop, the students were able to learn from each other while working hard to solve difficult problems.


IMG_6953▲講演者の白砂 晃氏。One of the speakers was Mr. Akira Shirasuna.

IMG_7046▲グループワークの結果を全校の前で発表するリーダー。Each group leader presented the results of their group work in front of the whole school.

高1 High School First-Year Students
高校1年生のテーマは「国際問題の発見」であり、世界で起きている様々な問題を探ります。今回は、JICA地球ひろばの中川 誠子氏をお迎えし、開発途上国での問題をワークショップ形式で学びました。


This theme of this seminar was Discovering International Issues, which explored the various problems that have been happening in the world. Mr. Seiko Nakagawa of JICA Global Plaza came to instructed a workshop about problems in developing countries.

IMG_6988▲グループワークの様子。Students working in their groups

高2 High School Second-Year Students
高校2年生は、CSR(企業の社会的責任)を推進している株式会社フェリッシモの葛西龍也氏を招いて講演会を行った。テーマは、「インドで7580軒の農家を抱えるサラリーマンだけど、質問ある?」であった。社会性、事業性、独創的の調和の取れた事業の在り方を質疑応答を交えながら分かりやすく説明していただいた。葛西氏は、基金付き製品を販売し、集まった基金で再びオーガニックコットンを栽培するPeace by Peace Cotton Projectを2013年に立ち上げた。インドで収穫したオーガニックコットンで新たな製品が作られ再び消費者は買い物が出来る。日本人とインド人が手をつなぎ協力し合って、参加する全ての人の笑顔や豊かですこやかな大地へ恩返しできることを目指しているとのことだった。支援活動の一部には、綿農家の子供達が大学へ行く奨学金の援助などもある。そのことに対して後半の質疑応答では、インドの人たちが教育を受けたことにより、農家の仕事を捨てて都会に出るような現象は起こらないのかという鋭い質問があった。また、昨年カンボジアワークキャンプに参加した生徒は、「豊かさとは何か」について現地に行ったからこそ見えてきたものがあると今回の講演を聞いて感想を伝えた生徒もいた。


The high school second-years attended a seminar led by Mr. Tatsuya Kasai who promotes Corporate Social Responsibility (CSR) of Felissimo Co., Ltd. He provided us with an explanation during the question and answer session as to the way business should really be when you balance social and business potential, as well as creativity. With this is mind, the Peace by Peace Cotton Project was developed in 2013, in which consumers are able to purchase a new type of organic cotton from India. The goal of the project is for Japanese and Indian people to collaborate in order to bring happiness to people and give something back to the earth. Financial assistance, such as scholarships, is also given to the children of the cotton farmers to help them go to university. During the second half of the session, Kasai talked about how some of the Indian farmers were also educated by going out into the city. In addition, one of the students who participated in the Cambodia trip last year shared their thoughts and impressions after having visited the people and the actual place where they had been helping. 

IMG_7000▲講演者の葛西 龍也氏。One of the speakers, Mr. Tatsuya Kasai.
IMG_7012▲去年カンボジアワークキャンプに行った生徒。現地の子供は日本に比べたら豊かではないが、幸せそうであり、豊かさだけで幸福感を計ることはできないのではないか、と語った。


A student who went to Cambodia last year said that although the children in Cambodia are not as rich as those from Japan, we cannot measure happiness just based on wealth or appearance.


高三国際理解 『ルワンダで働く夫妻を招く』


High School Senior International Understanding: Seminar led by a Working Married Couple from Rwanda


6月25日の高3選択・国際理解の時間に、アフリカ東部・ルワンダからルダシングワさんご夫妻を招いて授業を行いました。


始めにルワンダの抱える悲しい歴史を話していただいた後、お二人が1996年に創設したプロジェクトの活動内容について紹介していただきました。


ムリンディ/ジャパン・ワンラブ・プロジェクトは、紛争や病気・事故などで障害を負った人々に無償で義手義足を製作し提供する活動です。
奥さんの真美さんは、ルワンダ人のガテラさんと共に20年以上もルワンダで巡回診療による義肢製作をしてきました。
真美さんは、自ら日本の義手義足の技術を学びルワンダに渡りました。お二人は「ルワンダで、特に障害を抱えている人たちが希望を持って生きるようにするにはどうしたら良いか」ということをずっと考えて、力を合わせて活動して来ました。


シドニーオリンピックでは初めてパラリンピックに24歳の青年をルワンダ代表として水泳競技に出場することが出来ました。2020年の東京パラリンピックに向けて車椅子競技にルワンダ代表を出場させたいという希望を持っています。


ガテラさんは、生徒たちに「世界には、同じ時を生きている人でありながら、紛争と貧困や病気などから学校に行けない人たちが大勢いる。だから、今学べる環境を感謝し、しっかりと学んでほしい」と熱く語ってくださいました。


On June twenty-fifth, we invited Mr. and Mrs. Rudashinguwa from Rwanda to give a talk to the third year students in their Global Studies class.
First, they spoke of the difficult history Rwanda has faced over the years. Then, they talked about the details and activities of a project they developed in 1996, called the Murundi / Japan One Love Project, which deals with issues such as conflict and disease.
They help to provide artificial limbs free of charge to those who have suffered from an accident. Mami and her husband, Gatera, have been together for over twenty years running a mobile clinic that manufactures artificial limbs. They came here in order to learn about Japanese prosthetic technology so that they can give hope to those who suffer from disabilities.
In the first Sydney Paralympics, a twenty-four-year-old man from Rwanda was able to compete in the swimming competition. For the Tokyo 2020 Paralympics, it is their hope that a representative from Rwanda will be able to participate in the wheelchair competition.
As a closing remark to the students, Mr. Gatera told them, “While we may be living at the same time as other people, there are still many who cannot receive an education due to conflict, poverty or disease. Because of this, it is important to treasure the learning environment that you have.”


DSC08766


今年度のカンボジア支援プロジェクトについて


Cambodia Support Project


本校が昨年から立ち上げたカンボジア支援プロジェクト”Stiches for Riches"が、今年度も始まっています。


現在、奉仕委員とカンボジアワークキャンプに参加する生徒が中心になって、作業を進めています。このプロジェクトに参加することにより、本校の生徒はカンボジアの実情を知り、日々の活動を通して、現地の子供たちが教育を受けられるように、その助けとなりたいと願っています。


今年度はカンボジアのお母さん方に、本校で集めた布を材料に、ナフキン、巾着、バッグなどを作るように依頼して縫ってもらい、仕上がった製品を文化祭で販売する予定です。


昨年より、グローバルネットの会の保護者の方々にもご協力をいただいています。


カンボジアのお母さん方は、この仕事を受ける条件として子供を小学校に行かせることに同意しています。


布製品を作成することによって賃金を受け取り、そのお金を子供の教育費に充ててもらうことで、カンボジアの教育の現状が良くなることを期待します。


This year we have once again begun our Cambodia support project, called “Stitches for Riches,” which was started up last year.
Together with the service committee in Cambodia, we have gathered some of our students to help and work with Cambodian mothers and children.
By doing this project, our students were able to gain a deeper understanding of the situation in Cambodia through participating in day-to-day activities. We hope to provide the necessary aid to give education to Cambodian children who are unable to attend school.
For this project, we collected fabric, and sent it to the Cambodian mothers. They then used the fabric to make items, such as napkins, purses and bags. After receiving these products, we plan to add finishing touches to them so they can be sold in our school’s cultural festival.
We have also received more cooperation from parents this year than last year in contributing to this project.
The Cambodian mothers have agreed to send their children to school as a result of receiving the profit from the fabric items they made for the festival. We hope that through this project, we will be able to help the financial situation of the Cambodian mothers, thereby providing education to their children.


DSC08684 DSC08686 DSC08689 DSC08700


【Stitches for Richesについて】What is Stiches for Riches?
プロジェクト概要
 このプロジェクトは、カンボジアの貧困家庭地域の家庭に対してフェアトレードを通した教育支援の実践を経験するものです。教育支援は学校建設などのインフラの提供だけでは不十分で、各家庭が子供を学校に送ることができる生活環境を整えることが必要です。それらの諸問題を学んだ生徒が、自分たちに出来ることは何かを考えて行動に移しました。
プロジェクトの始まりは、啓明学園の中高生がASAP(NPO法人アジアの子どもたちの就学を支援する会)の活動に加わり、ボランティア活動を開始したことからです。ASAPは、アジアの困窮する地域の教育支援、地域の発展に寄与することを目的として、設立されました。現在カンボジア・シェムリアップ州の貧困地域に学校を設立し、継続して就学支援を行っています。
このASAPの活動の一つに、“Mother to Mother”という裁縫プロジェクトがあります。この活動は、子供の労働力に頼った農村の未就学児童問題を解消する目的で行われています。活動の内容は、カンボジアの村の最貧困家庭の母親が日本の幼稚園や小学校で使われる布製品を手縫いして、日本で販売します。電気や水道のない村で全て手縫いで行われているため、製品が日本に届いてから日本の母親たちが、洗濯、アイロンがけ、紐通しなどの作業をします。日本の母親と、カンボジアの母親がフェアトレードで助け合う支援活動です。この活動を手伝ったことをきっかけに、啓明学園で立ち上げられたのが、カンボジアの母親と自分たちのニーズを結ぶ“ Stitches for Riches”(共に豊かになる裁縫プロジェクト)です。


Through the efforts of mothers in Cambodia, as well as Japanese mothers and students, we at Keimei Gakuen hope to allow the Cambodian mothers to make money so they can give their children a proper education. By working on this sewing project together, we also hope to create a connection between our two countries.
Our project provides free trade educational support to impoverished areas of Cambodia. Our high school students sought the aid of the NPO called ASAP, which helps to support education to underdeveloped areas in Asia. This organization has already established schools in the Shemurip Province of Cambodia, and continues to support these institutions.
One project that was created by ASAP is the Mother to Mother sewing project and was developed to eliminate child labor in farms in Cambodia. The goal of this project is to give mothers in Cambodia Japanese fabrics that the mothers will then use to sew various goods. These products are then sold at kindergarten and elementary schools across Japan. Because there is limited access to electricity or clean water where the mothers live, once the schools in Japan receive the items, they are then cleaned and ironed by Japanese mothers who volunteer. We at Keimei Gakuen decided to participate in this project three years ago. In order to give the Cambodian mothers more opportunities to make money, we decided to start our own branch of the Mother to Mother project, which we named Stiches for Riches.
Since 2012, Keimei volunteers have worked each year before the school bazaar to finish the bags that we received by putting a string through them so they can be closed. In addition, Keimei students have added decorations, such as lace and buttons to the goods in order to increase sales. Through all of the effort put in by the Cambodian mothers and our volunteers here at Keimei, we are happy to say that all of the items were completely sold out during our bazaar last year.
In August of both 2014 and 2015, Keimei sent some students and faculty to Cambodia, and visited the schools that were founded by ASAP. Our students had the chance to play with the Cambodian students and meet the mothers who made it all possible. Due to various conflicts, these mothers were unable to receive a proper education. Through this project, our students were able to see the true benefits of Stiches for Riches and saw that their efforts were going towards giving those children the opportunity that their mothers never had.


高三国際理解  『オーストラリアとSkype会議』


High School Senior International Understanding: Skype Conference with Australia


5月29日(金)3限に高3国際理解の有志の生徒が、オーストラリアのメルボルンにあるMentone Girl's Grammar Schoolの高校生と女子教育の大切さについてスカイプ会議をしました。


インターネットを利用した共同学習サイト(iEARN Collaboration Center)で、お互いに開発途上国の少女たちの境遇について紹介しているDVDを見て学んだことを投稿しあいました。


その後、実際に学んだことについて会議をすることになりました。


スカイプ会議では、お互いに自己紹介し、女子教育の大切さを開発途上国の人々に根付かすために出来ることについて話し合いをしました。


また、オーストラリアの女子生徒は自分たちが作った「詩」を紹介してくれました。


最後は、お互いの学校がしている海外体験学習やワークキャンプについての紹介しました。


カンボジアワークキャンプに参加した啓明生は、どのようなカンボジア支援を生徒たちがしているかについて説明しました。


On May 29th, students of the International Understanding class volunteered to do a Skype conference to talk about the importance of education for girls with high school students of the Mentone Girl’s Grammar School in Australia.
Together, they used the collaborative learning site, iEarn Collaboration Center, and learned about circumstances girls face in developing countries.
To introduce themselves to each other, they discussed the importance of girls’ education, and what you can do to help the people of developing countries.


In addition, the Australian girls presented some poetry they had written.
Finally, all the students exchanged their experiences learning and working overseas.
The Keimei students who traveled to Cambodia described the support that they were giving to Cambodian mothers and students, and how they are doing as a result.


DSC08706 DSC08715


高校2年生 グローバル講演 「国連という立場から見る」


High School Second-Year Global Seminar on the UN International Perspective


高校2年生では、「国際問題の解決策の模様」を目標に、「国連という立場から見る」というテーマで、国連広報センターの千葉潔さんにお越しいただきました。


生徒は事前にそれぞれが担当した国について、貧困の程度や幼児死亡率、その国が抱える課題などについて調査しました。


講演では、国連は世界政府という性質の組織ではなく、国連加盟国193カ国が併存する緩やかな連邦のような組織であること、常任理事国・非常任理事国、そして総会の関係、などの組織のあり方について学びました。


そして1日1ドル未満の生活を送る絶対貧困や温暖化、男女平等の課題などについて、ミレニアム開発目標と共に認識を深めることができました。


Kiyoshi Chiba of the Public Relations section of the United Nations came to speak about how the UN is trying to solve world issues.
Beforehand, students had been put in charge of different countries in order to research the degree of poverty, infant mortality rate, and any other challenges that their respective country faces.


This seminar focused, not on the nature of the UN as the world government, but rather the liberal governmentsof the 193 countries that coexist as members of the United Nations.
Students learned about the UN and its relationships with the permanent and non-permanent members of the Security Council, as well as the General Assembly.
In addition, students were able to deepen their understanding of the issues discussed in the Millennium Development Goals, which include global warming, gender equality, and the poverty situation of those living on less than one dollar a day.


1432110176782


高校1年生グローバル講演 「平和学」


High School First-Year Global Seminar on Peace Studies


国際問題の発見」というグローバル教育のテーマをもとに、世界で起きている様々な問題を探ることを目標にしています。


今回は、明治学院大学国際学部教授である高原孝生先生にお越しいただき、「平和であるとはどういうことか」「平和ではないとはどういうことか」ということを学ぶために、「平和学」という学問的立場から考えました。


We aim to explore the various problems and issues that are happening all over the world through the theme of “Discovering International Issues,”
Professor Takao from the International Department at Meiji Gakuin University came to speak about various questions we may have when it comes to talking about world peace, such as, “What does it mean to have world peace?” and “What is, and what is not peace?” The students were able to learn and reflect on this topic from a scholarly standpoint.


1432110175423


中学 講演会・ワークショップ


Junior High School Global Seminar and Workshops


卒業生でクリエーターデザイナーの中田岳さんがお越しくださり、初めに、自身の啓明学園での生活や現在の仕事についてお話いただきました。


その後、中1から中3まで縦割り混合のグループに分かれて、中田さんが持つブランドの具体的な商品を考えました。
各グループのリーダーが意見をまとめて全体の前で発表した後、中田さんからの講評を受けて終わりました。


生徒達は視野を広げて相手の意見を受け入れることの大切さや、限られた時間内で議論をまとめることの難しさを学んだようです。


次回の講演会は6月に行われます。今回学んだことを次につなげて欲しいと思います。


One of our graduates, Nakata Takeshi, who works as a creative designer, came to school to give a talk about his own personal experience at Keimei, as well as his current work.
The students were then split into groups to talk about their thoughts on Nakata’s brand and products. After each group leader presented the opinions of their group, Nakata provided comments and feedback.
This workshop helped the students learn the importance of accepting a different point of view in order to expand their own way of thinking, as well as the difficulty in preparing an in-depth discussion within a limited amount of time.
Students will be encouraged to apply what they have learned from this workshop for the next seminar, which will be held in June.


▼ともに卒業生の花澤さん(左)と中田さん(右) お二人ともクリエイティブな仕事をしています。Together, two of our graduates, Hanazawa (Left) and Nakata (Right) working creatively


IMG_6273
▼グループ内での話し合いの様子。中学3年生がリーダーを務め、しっかりとグループをまとめました。One of our third-year junior high school students acted as the leader for a group discussion.


IMG_6262IMG_6263


スーパーグローバルハイスクールアソシエイト校として指定を受けました


Designation from the Super Global High School Association


文部科学省では,高等学校等において,グローバル・リーダー育成に資する教育を通して,生徒の社会課題に対する関心と深い教養,コミュニケーション能力,問題解決力等の国際的素養を身に付け,もって,将来,国際的に活躍できるグローバル・リーダーの育成を図る「スーパーグローバルハイスクール(SGH)」事業を平成26年度から開始いたしました。


啓明学園はこの事業に賛同し、この度スーパーグローバルハイスクールアソシエイト校として指定を受けました。
下の図は、本校が文部科学省に申請した事業案の全体像です。
この全体像に基づき、本年度のスーパーグローバルハイスクールアソシエイト校としての事業を積極的に進めてまいります。


The Ministry of Education, Culture, and Sports of high schools has chosen to award our school based on our educational ideology which contributes to international leadership development, higher communication abilities, problem solving, and an interest in foreign cultures and social issues. We at Keimei will strive to promote the development of our future global leaders as an active participant of the Super Global High School (SGH) Association.
The figure below shows the business model that our school submitted to the Ministry of Education. Based on this overall picture, we will actively proceed with our plans this year.


2015/4 啓明学園中学校高等学校


★2015SGH申請全体図