お知らせ

NEWS & TOPICS

「ラウンドスクエア世界大会だより」10月9日(日)

Round Squareについて
 ラウンドスクエアは、国際規模で教育活動を行う私立学校連盟です。IDEALS(Internationalism・Democracy・Environment・Adventure・Leadership・Service)という、教育の6つの柱に基づいて活動を展開しています。年に1回、世界各国から約300名の高校生が参加する国際大会が開催されます。今年の国際大会の会場は、ドイツのハンブルクにあるLouisenlund校です。国際社会を舞台として活躍できる能力の獲得を目標に、ディスカッション・研究発表・奉仕活動・学習活動などを通じて世界各国の高校生同士が学び合います。
 本校は今年、ラウンドスクエア候補校として認められ、世界大会(10月10日18:00~15日23:00)に招かれました。グローバル教育の先駆けとして、「世界を繋ぐ教育」を提唱・実践してきた本校にとって、格好の機会と考えます。初参加の今年は、高校2年生の遠藤さんと関根教諭が赴くこととなり、10月9日(日)に旅立ちました。世界大会は、ラウンドスクエアに加盟する私立学校の代表生徒と教員が世界中から集まります。特に今回は創立50周年ということで、特別な大会となります。
 ドイツからの「ラウンドスクエア世界大会だより」(不定期)をお届けします。


「ラウンドスクエア世界大会だより」10月9日(日)
 成田空港よりオランダ・スキポール空港を経由して、無事にドイツ・ハンブルク空港に着きました。成田空港出発予定は10:30でしたが、雨のため出発が1時間30分遅れとなりました。
 スキポール空港では乗り換えの時間がほとんどなく、お願いして税関を早めに通してもらい、ゲートへも走って移動しました。それでも何とか、現地時間の6時過ぎにはハンブルク空港に降り立ちました。二人とも元気です。

14IMG_6131
成田空港にて搭乗前に

13
スキポール空港で乗り換えた飛行機

11

15
ラウンドスクエア

12
ドイツの夜景