お知らせ

NEWS & TOPICS

高校グローバル講演会 Vol.2

11月20日(月)のロングホームルームの時間に行われたグローバル講演会は、グローバルスタディーズIIIの課題研究発表とカンボジアワークキャンプ実践報告でした。課題研究発表のテーマは、「ダルフール紛争」、「チェチェン紛争」、「発展途上国に必要な開発」でした。高校3年生が、それぞれ研究したテーマについて、パワーポイントを用いて課題の内容、原因、解決法を提案しました。カンボジアワークキャンプ実践報告は、8月にカンボジアを訪れた高校1年生と2年生が発表しました。


高校グローバル講演会 Vol.2高校2年生の振り返りシートから感想文を紹介します。


高校グローバル講演会 Vol.2「GSの発表について聞いて考えたことは、紛争状態を解決するのはかなり難しい課題であるということです。紛争について、停戦状態を維持することと言っていたように、どちら側も不満を持っている状態から、両方が納得できるような解決策を導き出すことは大変困難であると思いました。そのため、解決へ持っていくことは難しいですが、停戦状態をより安全な状態で維持することは、発表者も言っていたように可能であると思いました。カンボジアワークキャンプの実践報告については、ピアニカの寄付を行うことは大変良い考えであると思いました。使わなくなったランドセルを寄付する取り組みがあることは知っていたので、それとおなじようにもう使わなくなったけど使える物を寄付することは積極的に行うべきだと思いました。私達が直接関われることは少ないかもしれませんが、自分には何ができるかを見直す良い機会になりました。」


高校グローバル講演会 Vol.2「三年生はグローバルスタディーズが二年生の授業数より格段と少ないのにも関わらず、あんなに簡潔に問題解決について導けるのは、さすがに三年生だなと感じました。あの膨大で複雑な社会問題の情報のまとめ方をよく理解でき、来年の自分たちのグローバルスタディーズに繋げたいと思います。自分たちの課題は、「インドのカースト制度による貧富の差」なので、今日聞いた3つの発表は自分達の課題とは関連するのは難しいですが、成り行きやまとめ方、研究の進め方を学ぶことを収穫できました。
カンボジアワークキャンプ実践報告の発表では、カンボジアの子供たちや大人の現状、貧しさや識字率が低いことが理解できました。その中で、啓明は少しでも貧しい人への支えとなる行動Stitches for Richesや現地の子供たちと遊ぶこと、使わなくなったリコーダーなどを届ける活動をしています。私はその活動に対して、とても感心しました。それに参加した数十人の生徒もカンボジアの人々のために自分の意志で行ったこともとても感心しました。自分にも出来ることは何かを考え、小さいことから参加したいと決心しました。」