お知らせ

NEWS & TOPICS

ラオスでの障がい者支援を学びました

11月21日の高校3年の選択授業「国際理解」に、ラオスで障がい者支援に特化したSupport for women’s happinessを立ち上げ、活動している石原ゆり奈さんを迎えました。石原さんは、大学在学中に国際支援に携わり、2009年から本格的に途上国の学校建設支援活動を開始しました。2011年NPO法人国際学校建設支援協会設立し、代表理事として大学生ボランティアの教育や組織運営、現地での支援活動を行っています。


生徒の感想を紹介します。


「授業を通して感じたことは、支援するにあたってどのようにすれば自立できるのかということを一番に考えて行うことが重要であるということです。また、石原さんの行っている活動の一つに、手鞠のイヤリングなどの作り方をラオスの女性に教えて作ってもらうというものがありました。この活動を通して日本文化を開発途上国の人々を中心に世界に広めることができると同時に、私達も彼女たちが置かれている環境や現状を知ることができるので、とても良い活動だと思いました。」


1543977416356

1543977411709

1543977406776

1543977420512