お知らせ

NEWS & TOPICS

国際理解の日を開催しました

2月27日(水)に中学校の第18回「国際理解の日」を開催しました。関心のある国や地域をテーマに選び、各学年が調べたことを発表して学びを共有します。

今年度のテーマは「インド」です!前半プログラムでは、各学年で発表を行いました。

中1は、「食べ物」「歴史」「スポーツ」「宗教」「自然」をテーマに、冬休みの課題として調べたことをグループでまとめ、発表して学習を深めました。国際理解の日では、調べ学習の成果としてオリジナルクイズ「インド発見クイズ!」を作成して、インドの不思議の世界を案内しました。

中2の発表は、「音楽」「ダンス」「映画」の3班に分かれて発表しました。「音楽」班はインドの楽器を製作して演奏しました。「ダンス」班は在校生保護者のモニカ先生から指導していただき、インドのダンスを披露しました。「映画」班は調べ学習の成果をパワーポイントにまとめて発表しました。また、発表時の背景に学年全員でインドの絵画を描いて展示しました。インドの様々な魅力を学年全員で紹介してくれました。

中3の発表は、インドの抱える課題として「貧困」「衛生」「教育」について調べました。代表の生徒が、課題の現状と原因の分析、考察を通して自分たちで解決策を検討して、パワーポイントにまとめて発表しました。

後半プログラムでは、さらにインドの魅力について共有しました。 
  
インドの学校との交流
中3と中1有志は、インドのラウンドスクエア加盟校であるMaria’s Public Schoolの生徒と手紙の交換をしました。Maria’s Public Schoolは、インドの北東部アッサム州にある私立学校です。インドから送られてきた綺麗な絵と文化の一部紹介しました。

先輩からのビデオレター
昨年の3月まで啓明学園高等学校で学び、4月からインドに家族で住んでいる高校3年生の日比野将煕くんに、インドでの生活についてビデオレターを制作して送ってもらいました。インドでの生活の様子がよく分かりました。

ゲスト
在校生保護者のモニカ ガンディーさんに、主催するモニカ・ボリウッドダンススクールの生徒さんと共にインド舞踊を披露していただきました。

今年度も「国際理解の日」を通して、インドをより身近に感じることができました。


1551854892775

1551854913800

1551854909283

1551854931518