授業の内容

日本語国語

教科の特徴

日本語国語

古今の多岐にわたる文章に触れることで、複雑な人間心理やさまざまな価値観を学ぶとともに、豊かな感性を涵養します。また、複雑な抽象概念をもとに書かれた文章を、正確に読解する力、論理的に思考する力を身につけていきます。高校2年の授業「エクスプレッションスキルズ」では、ディベートやプレゼンテーションを通して、自ら問題を発見、検証、解決し、それを発信する力の向上を目指します。その他にも、演習や小論文などの授業を設け、多様な進路に対応するカリキュラムを用意しています。

社会

教科の特徴

社会

「自らの社会的思考を鍛え、価値観を形成する力」を養う取り組み

基礎的な知識、基本的な思考の枠組みをベースに、中学での学びをより深く掘り下げ、専門的・体系的な知識や見識を獲得できるように授業を展開していきます。地歴・公民の各科目の学びを通して、世界各地の歴史や、現在起きている民族・地域間の諸問題についての理解を促し、現代社会が形成されてきた背景をより広い視野で捉えることで、自分の在り方や生き方を考える力をつけます。現代の国際社会の成り立ちを多角的に考察する力を育成するとともに、自らの思考を論述することで表現・発信していく力を育てています。

数学

教科の特徴

数学

3年間を見据えたカリキュラムで論理的思考と問題解決能力を養います。習熟度別授業を実施することで、生徒一人ひとりに合わせた教育を行います。

高校1年では習熟度別クラスを設定し、個々の適性や理解度に応じて、さまざまな事象を抽象化して考える力を育てます。高校2・3年では多様な進路に合わせたカリキュラムを用意し、生徒一人ひとりの進路に応じた数学の力を伸ばしていきます。理系選択者には、専門分野で要求される数学の基礎概念の習得を目標とし、さらに演習の授業を通して入試への実践力、表現力、自然科学への応用力などを伸ばします。文系選択者には、教養としての数学的知識の習得を目標とし、基礎的な取り扱いに的を絞りながら、高校数学の本質に触れる内容を学習します。

理科

教科の特徴

理科

「自然現象の理解を通して、科学的な視点から問題発見・問題解決ができる力を育成」

高校1年では、物理基礎・化学基礎・生物基礎の必修科目が週に2時間ずつあり、高校理科の基礎を学びます。高校2年からは、進路に応じた選択履修となり、理系選択者は、各科目の専門性を高めていきます。実験や観察の結果をまとめ、考察する過程を通じて、自然現象・法則の知識・理解を深めるとともに、結果を的確に分析、解釈し、導き出した答えを表現する力を養います。さらに、実験や観察を自ら計画する機会を設け、課題の発見力・解決も深めます。高校3年では問題演習も行い、大学入試に対応する力を養成します。

英語

教科の特徴

英語1

「読む」「書く」「聞く」「話す」の4技能だけでなく、「思考力」を加えた5つの能力をバランスよく育てることで、自分の考えを積極的に発信できる英語力を身につけます。日常生活の中で異文化に触れることができる啓明学園ならではのコミュニケーションを重視した英語教育を行っています。

充実した英語学習

啓明学園の英語教育では、一人ひとりの英語力に合わせて Speaking・Reading・Listening・Writing の4技能を強化し、Thinkingを加え発展させていくことを重視します。また、英語を学ぶことを通して、異文化に対する理解を深め、豊かな人間性を育み、グローバル社会に活躍できる人材を育成しています。

習熟度別クラス

英語2

国際生の受ける国際クラスはHonoursとRegularの2クラス編成、一般クラスは中学が2クラス、高校が3クラス編成を採っています。

一般クラス(中学)

一般のクラスは、英語の授業を週6時間設けています。通常の授業は日本人が担当していますが、週1度ネイティブと日本人のティームティーチングによる英会話の時間を設けて、聞く力と話す力を強化しています。成績上位のクラスでは New Treasure(Stage1~3) と検定教科書を併用し、語彙力・読解力を伸ばせるような授業の展開をしています。また、3学期は Pearson, Oxford, Macmillan などの洋書を扱い、英語独特の言い回しや表現方法を学ぶとともに、物語を読む面白さを味わいます。

国際クラス(中学)

英語圏帰国生中心のクラスでは、ネイティブの教員による欧米のカリキュラムに沿った授業を展開しています。授業では欧米の文学作品に触れ、語彙や文法力の強化を図りつつ、さまざまなテーマに関してのディスカッション・スピーチ・ディベート・プロジェクトワークを行い、自分の意見を明確に述べる力をつける機会を設けています。

一般クラス(高校)

一般のクラスは、どの科目においても4技能をバランスよく伸ばす内容になっています。主にReading・Writingを伸ばすために「英語コミュニケーションI,II,III」「英語演習」と、SpeakingとListeningを伸ばすための「英語表現I」「English InteractionI,II」「英語会話」に分かれます。英語の文章や会話を通して世界のさまざまな出来事について考え、自分の考えを発信できるように、さまざまな形で取り組みます。成績上位のクラスではNew Treasure4〜5と検定教科書を併用し、幅広い分野の内容の英文に触れます。また、3学期はPearson,Oxford,Macmillanなどの洋書を扱い、英語独特の言い回しや表現方法を学ぶとともに、物語を読む面白さを味わいます。

国際クラス(高校)

英語圏帰国生中心のクラスでは、ネイティブの教員による欧米のカリキュラムに沿った授業を展開しています。授業では欧米の文学作品に触れ、語彙や文法力の強化を図りつつ、さまざまなテーマに関してのディスカッション・スピーチ・ディベート・プロジェクトワークを行い、自分の意見を明確に述べる力をつける機会を設けています。高校2・3年での選択科目 Media Studies I,IIでは、メディアリテラシーについて学び、英字新聞を発行しています。

英語行事

英語・外国語スピーチコンテスト

英語スピーチコンテスト

2月に行われる英語・外国語スピーチコンテスト(2017年度よりオリンパスホール八王子において幼初中高合同で開催)では、中学は4部門(暗唱・一般・国際 R・国際 H)、高校は3部門(一般・国際 R・国際 H)に分かれて身近な話題から国際問題に至るまで様々なテーマを扱いスピーチを競い合います。全生徒が取り組み、予選を経て本選に臨みます。年々一般の生徒のレベルが上がってきており、外部の審査員の方から高い評価をいただいています。この経験をもとに、全国レベルのスピーチコンテストに出場し、入賞する生徒もいます。

英語ディベートコンテスト

英語ディベートコンテスト

9月の啓明祭で行われる英語ディベートコンテストでは中学3年〜高校3年までの国際生が、あるテーマについてのディベートを行い、来校者から高い評価をいただいています。

外国語スピーチコンテスト

9月の啓明祭で行われる外国語スピーチコンテストでは、高校2・3年の外国語選択者(コリア語・中国語・フランス語)を中心に、多言語でのスピーチの発表を行っています。これまで、タガログ語・ロシア語・スペイン語・アラビア語・ドイツ語・インドネシア語などさまざまなバックグラウンドを持つ生徒たちが自分達の母語で自分の意見を発表してきました。

グローバルスタディーズ

グローバルスタディーズ

世界の問題について基本的な知識を獲得するために、数多くある資料や情報をどう扱うかを学びます。また、日本の外からの視点を知るために英語の文献などに目を通し、ディスカッションなどを通してその多面性に気づき、問題の解決策を探ります。そして自らの考えを日・英・中のいずれかの言語で文章化し、発表します。内容によっては、課題解決のために実際に自分でできる範囲で行動に移します。
これらを通して問題発見・課題解決力・解決実行力、論理的・批判的思考、多言語での情報発信力、多文化受容力、文章作成力、発信力、行動力などを身につけ、平和を築く「Peacemaker」を育てます。