ヘッダーイメージ

春の野草探し

5月7日、ゆり組(年長)は、NSP(Nature Science program)の授業の一環として、春の野草探しをしました。
初めに、室内で、その植物の特徴や名前の由来など、レクチャーを受けました。シロツメクサは、どうしてツメという言葉が入っているのか?ヒメジオンとハルジオンの違いは?カラスノエンドウのエンドウって何?スズメノカタビラのカタビラとは?などなど・・・・
そして、いよいよ園庭に出ました。その植物を見つけたら、シールを貼っていきます。今回、カラスノエンドウは花もほぼ咲き終わっていて、数も少なかったので、なかなかの難問でしたが、葉や実の特徴から、頑張って見つけだしていました。真剣に花や葉を一生懸命見ました。発見したときは、大喜びで、思わずそれを引っこ抜いて、先生に見せていました。
最後に、日の当たる乾燥したしたところが好きな植物と、日の当たりにくい、じめじめしたところが好きな植物と、育ちやすい環境に違いがあることも分かりました。

1
2
3