ヘッダーイメージ

小さな魚、カニ、ジンベエザメ

毎週、木曜日、各学年30分ずつリトミックの授業があります。
17日のたんぽぽ組(年中)のリトミックはこんな感じでした。はじめに一人ずつ、先生とボールを使って、高い声と低い声で返事をします。
次に、ストーリーの世界へ。エアハンドルを握って、海までドライブです。途中、信号で止まったり、道を間違えてバックしたりします。次に海の中に入ると、海の底に「さかなづくり」の家があります。はじめに、小さな魚をイメージして細かく動きます。次にカニを発見し、カニになって、途中隠れたりしながら動きます。最後はジンベエザメで、ゆったり大きく動きます。今度は、楽器を使って、それらの生き物を表現します。小さな魚は、すず、カニはウッドブロック、ジンベエザメはタンバリンです。楽器を鳴らしながら、動きます。
物のイメージ、動きのイメージ、音のイメージと音楽とリズムが融合した授業でした。

1 2