ヘッダーイメージ

鳩の巣とカタツムリ

ゆり組の教室前の大きな木に鳩が巣を作っています。子どもたちの心配事は、カラスに巣が襲われないかということです。鳩は巣作りの枝を集めるため、その木と反対端のジャングルジムあたりから、枝を拾っています。その光景を見た子どもたちは、そんなに長く巣を空けるのは、心配だと、巣のある木の下に、適当な長さにした枝を置いてあげるのでした。これで、遠くまで行かなくていいね。

1
2

さて、最近、カタツムリを見かけることが、ほとんどありません。梅雨と言えば、アジサイとカタツムリが、一つの風物詩だったのですが。
学園の駐車場で、「先生、カタツムリ見つけたよ。」と。アジサイではなく、つたの絡んだ木です。手は届きませんが、上には、もっと大きいのもいるようです。早速、幼稚園の虫かごに入れて、みんなでカタツムリを見ました。
「おお、これが、カタツムリか!」

3