ヘッダーイメージ

ハロウイン

10月に入り、英語のレッスンルームは、ハロウインの飾り付けをしています。
日本でもすっかりおなじみになったハロウインです。元々は、古代ケルト人の10月31日は、一年の終わり、つまり大晦日のようなもので、この日、先祖たちの霊が帰ってくると信じられていました。この時、先祖たちの霊に、悪霊や魔女などもくっついて復活するため、怖い仮装などして、身を守ろうとしたようです。その後、アメリカの風習として根付いていったようです。
幼稚園の英語の先生は、アメリカ人なので、アメリカの文化、風習として、ハロウインを盛り上げてくれています。小さい子は、いきなり不気味な飾り付けになった部屋に、戸惑う子もいましたが、外国の文化、風習として楽しんでくれるといいですね。

1
2
3