学びの成果で溢れた「学習発表会」

学校便り

2年に一度の学習発表会が、11月29、30日に行われました。以前は体育館で展示を中心に行っていた学習発表会ですが、2017年度から、会場を初等学校校舎に移し、お客様に直接「伝える」ことに重点を置いたプレゼンテーション型の発表へと変わってきました。今回はさらに、今年度からICTの授業が始まったこともあり、3年生以上の児童が、ムービーやプレゼンテーションを作成するなど、iPadを活用した発表に挑戦しました。
1年生は、今年で42回目の上演となる、聖書の中のたとえ話を元にした、本校オリジナルの「こひつじピコ」を演じました。仲間と協力して、「私たち一人ひとりがかけがえのない存在」というメッセージを伝えることができました。2年生の発表は、総合の学びや日々の生活から生まれた「森の声・土の声が聞こえるよ」の創作劇でした。野菜の栽培やカブトムシの飼育を通して知った腐葉土の力や森の生き物たちのつながりを、堂々と演じました。
3年生以上の児童は、各学年のテーマに沿って、総合の学びの成果を発表しました。各学年のテーマは、次の通りです。3年生は「カイコが生み出すつながり」、4年生は「水がつなぐわたしたちの命」、5年生は「人とつながる」、6年生は「つながりあって生きる未来へ~To Be Peacemakers~」です。どの学年も、4月から学んできたことを改めて振り返り、伝えたいことは何かを考え、自分たちの言葉でまとめ、発表の練習を重ねてきました。一日目の校内発表では、学びの成果を、学年を超えて興味を持って聴き合いました。二日目は、保護者の皆様をはじめとしたお客様が、熱心に耳を傾けてくだり、練習以上に熱のこもった発表となりました。
今回の学習発表会のテーマは、「伝え合おう、わたしたちの学び」でした。どの教室でも、このテーマの通りに、熱い思いで伝え合う姿が見られた、実り多い学習発表会となりました。


1
▲1年生「こひつじピコ」


2
▲2年生「森の声・土の声が聞こえるよ」


3
▲3年生「まわたとランプの物語」


4
▲4年生「水の濾過実験クイズ」


5
▲5年生「東日本の震災を伝える」


6
▲6年生「自分の言葉で語る『6A憲法』」