社会「工業製品の分解」 

5年生は工業の学習を進めています。

もう使わなくなった(壊してもよい)工業製品を分解してみました。工具を駆使して苦労してネジを取り、中身を見てみると「わあ!」と発見の連続。「分解って楽しい~。色々やってみたくなっちゃった~。」とはまっている人もたくさん。実際に作業し、触れたり見たりすることはとても大切ですね。

★作業中に気づいたこと感じたこと(子どもの感想より)★
・けっこうがんじょうに組み立てられているが、思ったよりもばらばらにできる。修理しやすいためか。
・再利用できないのかな。もったいない。
・一つ一つのパーツが組み合わさり、連動して本来の役割をはたしている。
・途中に印が書いてあったから、手作業でも作っているのだなあと思った。
・さわるとべたべたして油がぬってあった。
・私が分解したカメラは結構古いのでみんなとちがうかな と思ったけど、意外と中の部品はにていておどろいた。基そ部分は同じなのかなと感じた。
・一つの製品を作るのに多くの関連工場があるのかと感動した。
・多くの人手と時間をかけて作っているのだろうと思った。
等々

0119-2 0119-1