WRO Japan 2017東京予選会!(プログラミング挑戦)

この夏休み中に、御茶ノ水ワラスコモンを会場にしてWRO Japan 2017 東京予選会が行われました。WROとは、市販のロボットキットを使用し、自らのプログラム開発によって自律型ロボットを動かして競う大会です。勝ち上がると全国大会・世界大会へと続いていきます。初等学校の子どもたちは、5月から準備を始めて、この大会にのぞみました。
啓明学園初等学校は、WROにおいては、今回が初出場です。当日、発表されるルール(サプライズルール)にも対応するプログラミング力が求められるため、どうなることかと、ハラハラしましたが、予選会では東京都3位という好成績を収めることができました。初めての経験に戸惑いながらも、長時間がんばった子どもたちの誇らしげな表情からは、あきらめないことの大切さを教えられた気がしました。

1
色々と工夫してプログラムを構築していく子どもたち

2
長時間試行錯誤してがんばったことが、東京都3位という結果につながりました