アメリカのコロナ病棟に千羽鶴を贈りました

NEWS & TOPICS

本校の卒業生である関野和寛牧師は、アメリカ・ミネアポリスの病院でチャプレンとして勤務されています。クリスマスに毎日コロナと戦っている医師や看護師にエールを送るために、日本から千羽鶴を贈ってほしいと依頼されました。そこで関野牧師の思いに応えるために、生徒たちが毎日鶴を折り続けて千羽鶴を完成させました。クリスマスには、ミネアポリスの病院のナースステーションに、遠く日本から『命を守る』ミッションを遂行することへのリスペクトとエールを込めた千羽鶴が飾られます。

IMG_0658 IMG_0661