令和5年度 日本私学教育研究所 委託研究員 研究成果報告会 発表資料

NEWS & TOPICS

先日39日に、主婦会館プラザエフにおいて、令和5年度 一般財団法人日本私学教育研究所(日私教研)の研究成果報告会が実施されました。そこにおいて委託研究員として、「探究的な学びによる概念的理解の獲得のための教育実践研究~引揚者の排除と包摂から見る日本近現代史~」をテーマに今年度の研究成果について発表いたしました。

当日の質疑応答の際には、日本私学教育研究所の特別招聘研究員であり東京電機大学の副学長を務められております広石英記先生より、「非常に有意義な研究であり、今後も本質的な問いと、その転移を目指す授業展開を進めてもらいたい」といった趣旨のコメントをいただきました。(広石英記先生には、東京私学教育研究所の令和3・4年度の研究協力学校事業 研究主題「教科横断型授業における授業デザインと評価の在り方の考察~探究学習を教科横断で実施するための方法論の開発~」において、本校の探究学習のデザインについてもご助言をいただいております。)少しでも多くの先生方のご参考になればと思い、当日の発表資料について掲載いたします。

令和5年度 日本私学教育研究所 委託研究員 研究成果報告会 発表資料

令和5年度 日本私学教育研究所 委託研究員
東京私学教育研究所 文系教科研究会(社会・地歴)委員
中学校教頭
佐藤 竜之