今年度も、フルバージョン!フルパワー!運動会は貴重な成長の機会!

P-Blo.

2024525日(土)、昨年度と同様、今年度も、フルバージョンの運動会を行いました。心地よい気温の中、青空に包まれたすばらしい日となりました。
今年度も、昨年度以上にバージョンアップされた児童会競技や、教員対児童競技、保護者競技を含め、各学年競技、子どもの熱い気持ちいっぱいの表現運動、観衆の心を揺れ動かす感動を与えてくれた各種リレー他、子どもたちの熱い挑戦の一日となった運動会でした。
また、本校の運動会の特徴の一つである、全身全霊の高学年係活動として、56年生は、招集、審判、準備、総務、応援団・・・他、そのマネージメント全てを行います。自分のことだけでなく、全体のマネージメントに尽力することはたいへんですが、この運動会を作り上げることを通して、56年生は、「初等学校・真の高学年」となり、大きく心身ともに成長します。






フルバージョン、フルパワーでのぞむ運動会は、すてきな1年生の「はじめのことば」から、始まりました。







応援団も、熱すぎるくらいのスタートです。







徒競走も、各チームを盛り上げます。







低学年表現運動「荒馬踊り」
かわいい1・2年生が、荒馬になって宙を舞う中、この一瞬が時代をこえていきます。







中学年表現運動「啓明すずめ踊り」
3・4年生は、「ソーレ!」というかけ声とともに、舞います。煌びやかな笑顔のすずめたちが、生き生きと跳ね上がりました。皆が元気をたくさんもらう時間でした。







高学年表現運動「ヌチドウタカラ」
「さすが5・6年生!」と、誰もが思わず口にしてしまうくらいの迫力・パワー全開の中、「OKINAWA」を表現しました。終始、「キレ」であふれたすばらしい表現運動でした。「OKINAWA」の空が、今ここにやってきました。







5・6年生は、運動会全体のマネージメントをしっかり取り組みました。
招集係は、突発的な欠員等にも、落ち着いて、ていねい、かつ正確に対応します。







放送係は、滑舌を意識した、聴きやすさを追究した放送を心がけました。日本語と英語で案内をしました。







準備係も、スピード感を持って、先を見据えた準備作業に徹しました。この地道な努力が運動会を支えているのです。







総務係は、全体の進行を指示しながらも、準備係とともに、準備も全力で行います。







総務係は、全体の進行を指示しながらも、準備係とともに、準備も全力で行います。






生き生きした子どもたちの勇姿がキラキラ青空に映り、眩しいくらいの一日でした。