英語教育・国際交流

肌で感じた英語は、心にのこる。

創立当初から海外との交流を大切にしてきた啓明学園には、様々な国を体験する機会が豊富です。またネイティブの先生とゲームをしながら英語に触れる授業など、日常と非日常の両方の場面で英語を肌で感じることができます。

海外体験学習プログラム

毎年行っている、姉妹校への文化体験の近年の事例です。

派遣時期 2013年度 2014年度 2015年度 2016年度
8月 モンゴル
体験学習
ソド エルデムスクール
オーストラリア
体験学習
カンターベリー カレッジ
ドイツ
体験学習
グスタフ・ハイネマン
オーバーシューレ
モンゴル
体験学習
ソド エルデムスクール
オーストラリア
体験学習
トリニティ
アングリカン スクール
カンボジア
ワークキャンプ
アメリカ
体験学習
セント メアリーズ
ホール
アイルランド
体験学習
ミドルトンカレッジ

姉妹校・交流校

  • カンターベリー カレッジ(オーストラリア)1995年~

    3年に一度夏季体験学習で訪れている。1年間の交換留学制度あり。

  • ソド エルデムスクール(モンゴル)2004年~

    小学生から高校生まで全校生徒が日本語を学んでいる。

  • トリニティ アングリカン スクール(オーストラリア)2005年~

    1年間の交換留学制度あり。2013年度は文化祭の時期に15人の留学生を受け入れ、交流した。

  • セント メアリーズ ホール(アメリカ)2005年~

    テキサス州サンアントニオにある、創立1879年の歴史の長い私立学校。

  • 文来高校(中国)2010年~

    アメリカ、カナダ、日本への留学を目的として開校された学校。

  • ニュータウン スクール(アイルランド)2013年~

    交換留学制度が2013年度より実施され、現在1名の生徒が留学している。

  • ミドルトンカレッジ(アイルランド)2013年~

    今後交流を深めていく予定の学校。敷地内に寮があり、寮生と通学する生徒がいる。

  • キルケニー カレッジ(アイルランド)2013年~

    「ガリバー旅行記」の著者・ジョナサン スイフトなどアイルランドの著名人を多数輩出。

外部プログラムへの派遣

昭島市海外交流事業でのオーストラリア派遣(中学生対象)、AIU高校生国際交流プログラムでのアメリカ派遣、日韓交流キャンプでの韓国派遣、漢語橋サマーキャンプでの中国派遣など外部プログラムへの参加ができます。それぞれの機関での選考試験はありますが、学外の生徒とも交流できる有意義な機会です。

習熟度別クラス

英語圏からの帰国生、それ以外の国々からの帰国生、外国籍の生徒、日本で育った生徒など、一人ひとりの英語の学習履歴、学習環境が異なる本校では、それぞれの生徒に応じた英語の学習環境を築き、学習していきます。そのため授業は一般クラス(主に日本で育った生徒対象)、国際クラス(主に英語圏からの帰国生対象)に分けて学習します。一般クラスは、学習発展クラス(A)、標準定着クラス(B)、基礎充実クラス(C)と3つの習熟度別クラス編成を行い、それぞれの到達度に応じたクラスで学習できるように心がけています。中学校で初めて英語を学習する人も、中学1年生の「基礎充実クラス」でアルファベットから楽しく学ぶことができるように計画されています。

ホストファミリー

海外姉妹校より留学生が1 年を通じて来校します(1週間の短期から数ヶ月の長期の場合もあり)。海外に出向くのではなく、日本で留学生を受け入れることも貴重なグローバル体験。ホストファミリーになることによって、ご家族で国際交流の経験をすることができます。
※2014年度はオーストラリアとアメリカの姉妹校より交換留学生が来校。

国際学級

海外と日本では、学習内容や進度が異なることが多々あります。また、海外で学んだ語学の力を更に伸ばしていくことも重要です。そこで啓明学園では、帰国生を対象とした「国際学級」を設け、国語(日本語)・数学・理科・社会・英語・中国語・コリア語・ドイツ語・フランス語・スペイン語の個別指導を「取り出し授業」という形で行っています。海外での経験・言語を活かし、帰国生を国内大学・海外大学の両方を受験できるバイリンガルに育てることはもちろん、一般生とのコミュニケーションも円滑になるため、啓明学園にとって欠かせないクラスとなっています。
詳しくは、こちらのページをご覧ください。